ビーチと花火に元気をもらった、宮崎・青島サマートリップ

旅先で「この街、好きだな〜、ポテンシャル高いな〜」と思うときってだいたい、自分にとっての非日常が、その街の人にとっての日常なときなんです。

最高の景色が見れる、イケてるビーチがある、食材のポテンシャルが高い、とか。

宮崎の「AOSHIMA BEACH PARK」もそのひとつ。10年以上前にカリフォルニアのビーチで感じた衝撃に近いものが、そこにはあるんですよね。

「ちょっと青島、行ってくる」が
うらやましい

©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO

宮崎ブーゲンビリア空港から、車で30分ほど。

宮崎屈指の観光スポット「青島神社」へとつづく弥生橋手前にあるのが「AOSHIMA BEACH PARK」です。

海外のビーチハウスのようにいくつかのSHOPが並んでいて、ピザやポキボウルで食事をしている家族もいれば、かき氷を食べている女の子たちもいる。遠方からの観光客が多いかなと思ったら、「近くに住んでますよ」という人も。

僕にとってはこれ以上ないくらいの非日常だけど、なんだかみんな馴染んでいて、まったりしてる。

©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO

特別なリゾート観光としても思い出になる場所なんだけど、どちらかと言うと青島ビーチパークの日常に、ヒョイっとお邪魔する感じ。

でもそれがとても居心地が良くて、つい波の音に聞き入っちゃうんですよね。

恋の島
「青島神社」へ

©2018 TABI LABO

青島ビーチパークの目と鼻の先にある、弥生橋。最近は台湾を中心に海外からのお客さんも多いそうです。

青島神社には縁結びの神様が祀られていて「恋の島」としても人気。

お客さんを運んでくれるトゥクトゥクも走ってたけど、せっかくなので歩いてレツゴー。

©2018 TABI LABO

まわりには「鬼の洗濯板」と呼ばれる、特殊な波状の岩。

そういえば若い子に話すとき、まず「洗濯板」の説明から始めなきゃいけなかったことがありました。桃太郎くらいにしか出てこないっすもんね……。

©2018 TABI LABO

島全体は、ジャングルみたいに亜熱帯性の木々が覆い茂っていて、真っ赤な社殿とのコントラストがとてもきれい。

島全体が、国の特別天然記念物に指定されているそうです。

夏の思い出に
花火と、チョコレート

©2018 TABI LABO
© 2018 TABI LABO

ここからは、ちょっと非日常。一歩入ると、抜けのいいエントランスと明るい日差しで、一気に気持ちが上がります。

宿泊先に選んだのは、2017年に大規模リニューアルをした「フェニックス・シーガイア・リゾート」のフラッグシップホテル「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」。

時代に合わせて、より “体験価値” が感じられるようになったそうです(詳しくはこちら)。

©2018 TABI LABO

昼に見た青空も良かったけど、日が暮れてからのライトアップも一興です。

写真は、THE LIVING GARDENにある「KUROBAR」から見た「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」。

夏休み期間中は毎日花火が上がるんですけど、この大きいガラス張りの窓から見えるし、ホテルに反射する花火もきれい!

©2018 TABI LABO

ちなみに、「KUROBAR」オリジナルのジン・トニックとブルチーズチョコのおいしさは、一生モノ。

ジン・トニックは好みによって組み合わせを選べるので、ぜひ。

©2018 TABI LABO

結局、BARの外に出ちゃったんですけどね(笑)。

あぁ、宮崎ポテンシャル高いなー!

Top image: © TABI LABO
Special Thanks:yuiko_miyagawa

関連する記事

「The BEACH BURGER HOUSE」があるのは、2017年に大きくリニューアルしたばかりの「フェニックス・シーガイア・リゾート」から、車で5分...
サーフ界のレジェンド、ケリー・スレーターの4年ぶりの来日が決定。1990年のデビュー以来、11度もワールドタイトルを獲得しているパフォーマンスを九州・宮崎...
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
2020年の夏、宮崎県青島に「AOSHIMA BEACH VILLAGE」がプレオープンします。
アメリカを拠点とする「Allergy Amulet Inc.」は、創業者兼CEOの「Abigail Barnes」氏の幼少期の体験をもとに、食品に含まれる...
冷や汁は地域によって読み方も様々で、宮崎のものは主に「ひやしる」と発音するそうです。宮崎の山師の間では「汁かけめしゃ食うとけがするげなど(ご飯に汁をかけて...
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
日南市・油津商店街にある「fan! -ABURATSU- Sports Bar & HOSTEL」は、空き店舗再生プロジェクトの一環としてリノベされた、宿...
宮崎市から220号線を南下。日南海岸線をドライブしていると見えてくるのが「旧 潮小学校」。2011年に廃校になり、120年の歴史に幕を閉じたそうです。宮崎...
ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さら...
イタリア・ミラノ出身でスペインを拠点に活躍するデザイナー兼建築士のFederica Sala氏による「The Bruno's Swing」は、母をモチーフ...
格安航空会社(LCC)の存在も後押ししてか、ひと昔前に比べると日本はギュッと小さくなりました。それに伴い、ここ数年で日本人の新しい暮らし方のひとつとして定...
世界中が注目する次世代型移動サービス「MaaS(Mobility as a Service)」。この社会実装の第一歩として、今月1日より、移動型のシェアリ...
宮崎県日向市のPR動画として世間を騒がせた、"非モテ男"の成長記録。ネットサーフィンを趣味とする男の子が、南国宮崎の青い海を舞台に本物のサーファーへと変貌...
一本釣りカツオ日本一の街でもある宮崎県日南市には、“おいしい魚” を食べさせるお店がたくさんあります。居酒屋もあれば、コース料理で楽しませてくれるところも...
「ヒュー!日向」のキャッチコピーでおなじみの宮崎県日向市のPRムービーが、2018年も出た。TABI LABOはこの圧倒的にポジティブなオーラを放つPR動...
宮崎県の日南にある「炭火焼 山空(さんくう)」。超がつくほど新鮮な地頭鶏(じとっこ)を使っていて、それを自家製の竹炭で一気に焼き上げます。地鶏の炭火焼と聞...
宮崎県小林市の移住促進PRムービー『ンダモシタン小林』(N'da-mo-shita'n KOBAYASHI)。あるフランス人男性の視点を通して、素晴らしく...
『The BEACH BURGER HOUSE』で食べたハンバーガーは、これまで自分が食べた中で一番美味しいと思った。ビールを飲みながら3つも食べた。世界...
「Short pants every day」の水陸両用ショーツ「INDIGO RIP」です。
宮崎県・日南市。「一本釣りカツオ」で有名なこの街で食べた「漁師メシ」が絶品だったので紹介したいと思います。やってきたのは鈴之家旅館。旅館という肩書きがつい...
遠い、だから美味い。芋焼酎の銘柄で知られている「霧島」の地に、宮崎を訪れた友人を必ず連れて行く手打ちそばのお店がある。宮崎と鹿児島の県境、霧島で営業するそ...
「Short pants every day」の水陸両用ショーツ「TENT」です。
まだまだ知らない日本の歴史や文化ってたくさんありますよね。本や映像で学ぶこともできますが、機会を見つけて現地まで足を運んでみませんか? 日本の歴史がたくさ...
宮崎の日南市にある「猪八重渓谷(いのはえけいこく)」は、森林セラピーの基地としても有名。森林セラピーは、森の中を歩いたり、レクリエーションしたり、ヨガや呼...
日本一若いいちご農家こと、たいぴー夫妻。宮崎県の日南市へ移住して「くらうんふぁーむ」という農園を経営しているんですが、約2年前から、農家1年目にも関わらず...
だいぶ涼しくなってきたとは言え、まだまだ気温差も激しく、疲れが残りやすい人も多いのではないでしょうか。南国・宮崎の我が家には、そんな「バテ気味な人」にぴっ...
シーガイアが、新しく生まれ変わったそうです。これまでも日本の屈指のリゾート、宮崎を堪能する場所として愛されてきた「フェニックス・シーガイア・リゾート」です...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...