ビーチと花火に元気をもらった、宮崎・青島サマートリップ

旅先で「この街、好きだな〜、ポテンシャル高いな〜」と思うときってだいたい、自分にとっての非日常が、その街の人にとっての日常なときなんです。

最高の景色が見れる、イケてるビーチがある、食材のポテンシャルが高い、とか。

宮崎の「AOSHIMA BEACH PARK」もそのひとつ。10年以上前にカリフォルニアのビーチで感じた衝撃に近いものが、そこにはあるんですよね。

「ちょっと青島、行ってくる」が
うらやましい

©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO

宮崎ブーゲンビリア空港から、車で30分ほど。

宮崎屈指の観光スポット「青島神社」へとつづく弥生橋手前にあるのが「AOSHIMA BEACH PARK」です。

海外のビーチハウスのようにいくつかのSHOPが並んでいて、ピザやポキボウルで食事をしている家族もいれば、かき氷を食べている女の子たちもいる。遠方からの観光客が多いかなと思ったら、「近くに住んでますよ」という人も。

僕にとってはこれ以上ないくらいの非日常だけど、なんだかみんな馴染んでいて、まったりしてる。

©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO

特別なリゾート観光としても思い出になる場所なんだけど、どちらかと言うと青島ビーチパークの日常に、ヒョイっとお邪魔する感じ。

でもそれがとても居心地が良くて、つい波の音に聞き入っちゃうんですよね。

恋の島
「青島神社」へ

©2018 TABI LABO

青島ビーチパークの目と鼻の先にある、弥生橋。最近は台湾を中心に海外からのお客さんも多いそうです。

青島神社には縁結びの神様が祀られていて「恋の島」としても人気。

お客さんを運んでくれるトゥクトゥクも走ってたけど、せっかくなので歩いてレツゴー。

©2018 TABI LABO

まわりには「鬼の洗濯板」と呼ばれる、特殊な波状の岩。

そういえば若い子に話すとき、まず「洗濯板」の説明から始めなきゃいけなかったことがありました。桃太郎くらいにしか出てこないっすもんね……。

©2018 TABI LABO

島全体は、ジャングルみたいに亜熱帯性の木々が覆い茂っていて、真っ赤な社殿とのコントラストがとてもきれい。

島全体が、国の特別天然記念物に指定されているそうです。

夏の思い出に
花火と、チョコレート

©2018 TABI LABO
© 2018 TABI LABO

ここからは、ちょっと非日常。一歩入ると、抜けのいいエントランスと明るい日差しで、一気に気持ちが上がります。

宿泊先に選んだのは、2017年に大規模リニューアルをした「フェニックス・シーガイア・リゾート」のフラッグシップホテル「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」。

時代に合わせて、より “体験価値” が感じられるようになったそうです(詳しくはこちら)。

©2018 TABI LABO

昼に見た青空も良かったけど、日が暮れてからのライトアップも一興です。

写真は、THE LIVING GARDENにある「KUROBAR」から見た「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」。

夏休み期間中は毎日花火が上がるんですけど、この大きいガラス張りの窓から見えるし、ホテルに反射する花火もきれい!

©2018 TABI LABO

ちなみに、「KUROBAR」オリジナルのジン・トニックとブルチーズチョコのおいしさは、一生モノ。

ジン・トニックは好みによって組み合わせを選べるので、ぜひ。

©2018 TABI LABO

結局、BARの外に出ちゃったんですけどね(笑)。

あぁ、宮崎ポテンシャル高いなー!

Top image: © TABI LABO
Special Thanks:yuiko_miyagawa
「The BEACH BURGER HOUSE」があるのは、2017年に大きくリニューアルしたばかりの「フェニックス・シーガイア・リゾート」から、車で5分...
サーフ界のレジェンド、ケリー・スレーターの4年ぶりの来日が決定。1990年のデビュー以来、11度もワールドタイトルを獲得しているパフォーマンスを九州・宮崎...
2020年の夏、宮崎県青島に「AOSHIMA BEACH VILLAGE」がプレオープンします。
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉市大船にある「杉本薬局」の杉本格朗さん取材第二弾。漢方への入り口になればと開発した美味しいチャイや薬膳鍋の素の誕生...