宮崎「シーガイアの少し変わった100の事」が少しどころじゃなかった。

シーガイアが、新しく生まれ変わったそうです。

これまでも日本の屈指のリゾート、宮崎を堪能する場所として愛されてきた「フェニックス・シーガイア・リゾート」ですが、今年の10月に、オープン以来の大規模リニューアルが完成。今までより、“過ごし方”がパワーアップした、というその一部を見てみます。

ちなみに、リニューアルにあわせて「シーガイアの少し変わった100の事」という特設サイトがアップされたんですが、少しと言いながらもワクワクが止まらないので、いくつかピックアップしてみました。

…と、その前に。

「少し変わった」どころではなく、「大きく変わった」リニューアルを紹介しましょう。

たとえば、「THE LIVING GARDEN 〜水のエリア〜」。“大人を愉しむ水辺のリビング”をコンセプトとするだけあって、プールの周りにソファやロッキングチェアが配置されていて、太陽の日差しを浴びる昼間も最高に気持ち良さそうですが、夜までゆったりできそうなのがいい。

貸切りタイプの「ガゼボ」なら、プライベート感がもっと増すので、時間を忘れてしまいそう。しかも冬バージョンは掘りごたつが用意され、鍋も食べられるのだとか。

さらに「パインテラス」に新しく登場したテラスデッキでは、宮崎牛を使ったコース仕立てのバーベキューも楽しめます。

こちらは、10月にオープンした「THE LIVING GARDEN 〜森のエリア〜」。黒松林に囲まれて、大人な味わいです。

焚き火を囲むゆったりとしたソファ席の「焚き火のリビング」で語らいながら、無料サービスのコーヒーをいただきつつ、焚き火でマシュマロをくるくる——。想像しただけでも楽しいですね。

隣接するバーKUROBARは、天井の高いガラス張りの空間から眺めるガーデンの夜景がきれいです。ジンとフルーツを自由に組み合わせるオリジナルのジン・トニックやミクソロジーカクテルと共に夜を満喫できそうです。

テイクアウトもOKなので、焚き火や水辺にカクテルやワインを持っていき、最高のリゾート時間を味わいたいものです。

100個もどこが
変わったの?

さて、「神は細部に宿る」なんて言葉もありますが、リニューアルは上で紹介したものだけではありません。

なんと言っても、シーガイアの中心「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」は、約96%の客室を改装したそうですから…。

「少し変わった100の事」、たとえばこんな感じです。

#008 月の光に恋する瞬間。

海が近いホテルだからこそ見える、月の道。「月の道チーム」という情報発信チームがあり、全スタッフが案内できるようになっているそうです。

#016 お出迎えを、華やかに。

宮崎らしい「南国」が体験できるように、と一新されたゲートとエントランス。昼と夜ではまったく表情が変わるので、そのあたりも楽しめるポイント。

#027 旅やすめ、羽やすめ。

昨年の初期リニューアルで誕生した「風待ちテラス」。

Book、Coffee、Cafe、Bar、Letter、Activity、Pillow、Stayなどをテーマに、宮崎の滞在をより豊かにするためのテラスラウンジです。

#069 心まで暖かくなる、湯の真髄。

茶道における茶室のように、小山薫堂さんが提唱する「湯道」を体験できる湯室、おゆのみや。日本庭園を思わせる空間で、心ゆくまで。

#022 ホテルの中の、特別なホテル。

スタッフの間でも「美しい朝日が見える特別なスポット」と呼ばれる、36階のクラブフロア。そこに新設されたのが、専用ラウンジの『シェラトンクラブ』です。

「できる限り県産にこだわった」という朝食では、新鮮な野菜やフルーツから、絶品のソーセージやハム、幅広い食材で宮崎らしさを味わえるはず。焼きたてのベーグル・デニッシュ・クロワッサンを、コンフィチュールと一緒に——。

また、部屋にある回転式のソファでくつろぎながら、朝・昼・夜と時間帯によって美しさが変わるオーシャンビューに癒されてみては?

#003 木々の息吹が、光と変わる。

ホテルから鑑賞できるナイトイルミネーションは、とても幻想的! 1670万色も表現できるLED証明が季節にあわせて彩ります。

↑これでも、まだ6個です。

残り、94個も「少し変わった事」があるなんて、ワクワクしませんか? いや、本当に多すぎて伝えきれないんです。だって、ホテルの外にも魅力はたくさんあって、サンビーチ一ツ葉の「The BEACH BURGER HOUSE」も絶対に行きたいし…とか。

2017年の年末には、LCC(ジェットスター)の成田〜宮崎路線も就航予定。 さらに便利になる宮崎で、あなたに刺さる「新しいシーガイア」を、見つけてみてください。

そんな、新しいシーガイアのリゾートステイを余すことなく楽しめる「All Inclusiveプラン」も新たに誕生。詳しくはこちらから。

Licensed material used with permission by フェニックス・シーガイア・リゾート
旅先で「この街、好きだな〜、ポテンシャル高いな〜」と思うときってだいたい、自分にとっての非日常が、その街の人にとっての日常なときなんです。最高の景色が見れ...
「The BEACH BURGER HOUSE」があるのは、2017年に大きくリニューアルしたばかりの「フェニックス・シーガイア・リゾート」から、車で5分...
ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さら...
宮崎市から220号線を南下。日南海岸線をドライブしていると見えてくるのが「旧 潮小学校」。2011年に廃校になり、120年の歴史に幕を閉じたそうです。宮崎...
編集部の女性にも人気が高かった「SKANDINAVISK(スカンジナビスク)」のハンドクリームの紹介です。
あなたの感情を読み取りブランデーの中にハートマークを投影するグラス。アプリと連動する必要あり。デートで使ったら、クールに振る舞っていても心の中を見透かされ...
宮崎県小林市の移住促進PRムービー『ンダモシタン小林』(N'da-mo-shita'n KOBAYASHI)。あるフランス人男性の視点を通して、素晴らしく...
宮崎県日向市のPR動画として世間を騒がせた、"非モテ男"の成長記録。ネットサーフィンを趣味とする男の子が、南国宮崎の青い海を舞台に本物のサーファーへと変貌...
「ヒュー!日向」のキャッチコピーでおなじみの宮崎県日向市のPRムービーが、2018年も出た。TABI LABOはこの圧倒的にポジティブなオーラを放つPR動...
かつては、新婚旅行の人気エリアだった「宮崎」。1960年代から数十年間に渡り、多くのカップルたちが訪れていました。中でも新婚旅行ブームの人気を支えたのが、...
『ナチョサウルス』と名付けられた、ナチョス専用の入れ物。背中部分にある隙間にスナックを入れると、写真のとおり恐竜の完成!ディップやケチャップ、マヨネーズな...
冷や汁は地域によって読み方も様々で、宮崎のものは主に「ひやしる」と発音するそうです。宮崎の山師の間では「汁かけめしゃ食うとけがするげなど(ご飯に汁をかけて...
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
『The BEACH BURGER HOUSE』で食べたハンバーガーは、これまで自分が食べた中で一番美味しいと思った。ビールを飲みながら3つも食べた。世界...
宮崎県の日南にある「炭火焼 山空(さんくう)」。超がつくほど新鮮な地頭鶏(じとっこ)を使っていて、それを自家製の竹炭で一気に焼き上げます。地鶏の炭火焼と聞...
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
格安航空会社(LCC)の存在も後押ししてか、ひと昔前に比べると日本はギュッと小さくなりました。それに伴い、ここ数年で日本人の新しい暮らし方のひとつとして定...
一本釣りカツオ日本一の街でもある宮崎県日南市には、“おいしい魚” を食べさせるお店がたくさんあります。居酒屋もあれば、コース料理で楽しませてくれるところも...
日南市・油津商店街にある「fan! -ABURATSU- Sports Bar & HOSTEL」は、空き店舗再生プロジェクトの一環としてリノベされた、宿...
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
「鵜戸さん」という愛称で呼ばれることも多い鵜戸神宮は、日向灘に面した鵜戸崎岬の先端にあります。きれいな太平洋の海を眺めながら、洞窟の中にある朱色の御本殿を...
宮崎県・日南市。「一本釣りカツオ」で有名なこの街で食べた「漁師メシ」が絶品だったので紹介したいと思います。やってきたのは鈴之家旅館。旅館という肩書きがつい...
遠い、だから美味い。芋焼酎の銘柄で知られている「霧島」の地に、宮崎を訪れた友人を必ず連れて行く手打ちそばのお店がある。宮崎と鹿児島の県境、霧島で営業するそ...
日本一若いいちご農家こと、たいぴー夫妻。宮崎県の日南市へ移住して「くらうんふぁーむ」という農園を経営しているんですが、約2年前から、農家1年目にも関わらず...