第3弾! 宮崎・日向市の新たなサーファー物語。今度の主役は?

「ヒュー!日向」のキャッチコピーでおなじみの宮崎県日向市のPRムービーが、今年も出た。TABI LABOはこの圧倒的にポジティブなオーラを放つPR動画の大ファン。ずっと追いかけ続けているので2018年も取り上げますよ。

「非モテくん」の大変身、第1弾はコチラ
制作スタッフにサプライズ、第2弾はコチラ

この動画の何が素晴らしいって、3年間ブレないこと。日向の美しい海をステージに、中心にあるのはずっとサーフィンです。

企画者の意図とは裏腹に短期で結果が出なかったからとか、大人の事情によって企画をコロコロ変えられてしまうPRが多い中、とにかくずっとサーフィン。

さらに素晴らしいのは、サーフィンを軸にしつつも毎年全く違う物語を紡ぎ出している、ということ。

第3弾の主役は
「世界で一番リラックスできていない人」

© ヒュー!日向/YouTube

そう、第3弾の主役—— それは日本の中間管理職の「おじさん」。

売り上げやら得意先やら部下の文句やら家族の白い目やら、あらゆるプレッシャーに晒され、眉間にシワを寄せたままがむしゃらに働き続ける、おじさん。

その先に何が待っているのか、そのトンネルに出口はあるのか。もはやその答えすらどうでもよくなるほど目先のタスクをこなし続けることだけにとらわれてしまった、おじさん。

周りとの軋轢はなるべく避ける。平穏に今日が終わってくれればいい。チャレンジという言葉は10年前に置いてきた、おじさん。

©2018 ヒュー!日向

そんなおじさん3人を、日向の海でサーフィンデビューさせる。

このPRムービーの骨子は、言ってみればそれだけです。そこに華はありません。でも、圧倒的なリアルさと共感があります(あ、ちなみに僕はこのムービーに出てくるおじさん達と同世代のサーファーです)。

日向で「ピュアな自分」を
取り戻す

©2018 ヒュー!日向

サーフィンにチャレンジした3人の表情は、徐々に明るくポジティブなものに変わっていきます。でも僕は思いました。

「これ、おじさんが変わっていくんじゃない。剥がれていくんだ。長い時間をかけておじさんの心に付着して固まっていったモノが。日向の波とか、空気とか、食べ物とか、人に磨かれて」

そのきっかけにサーフィンがある、っていうのはサーファー目線で言うと本当にリアルなんです。

©2018 ヒュー!日向

仕事では長いことしてこなかったチャレンジ。日常を忘れて、波に揉まれて、だんだんピュアな自分に戻っていく。ムービーの中で無邪気に笑うおじさん3人、最後は本当に素になってるんですよ。

このムービーにはそんなサーフィンの根源的な魅力が詰まっていました。これって、やっぱり日向市の方も制作チームも、それを心の底から理解しているからこそなんじゃないかな。

宮崎の日向の海、透き通ってて、本当に綺麗なんです。一度しか訪れたことがないのですが、このムービーを見て、また無性に行きたくなりました。

Top image: © ヒュー!日向
宮崎県日向市のPR動画として世間を騒がせた、"非モテ男"の成長記録。ネットサーフィンを趣味とする男の子が、南国宮崎の青い海を舞台に本物のサーファーへと変貌...
1年前に話題となった日向市のPR動画「ネットサーファーがリアルサーファーに」の続編が公開。話題を呼んだ動画から1年を経て、日向市では誰もが予想だにしなかっ...
格安航空会社(LCC)の存在も後押ししてか、ひと昔前に比べると日本はギュッと小さくなりました。それに伴い、ここ数年で日本人の新しい暮らし方のひとつとして定...
宮崎県小林市の移住促進PRムービー『ンダモシタン小林』(N'da-mo-shita'n KOBAYASHI)。あるフランス人男性の視点を通して、素晴らしく...
スパイシーなコロッケ×8種の野菜×ピタパン中目黒にオープンした、ファラフェルサンド専門店Ballon〒153-0061 東京都目黒区中目黒3丁目2-19 ...
イケメンと動物の最高ショットはもちろんのこと、今年も売り上げは野生動物保護のために寄付される予定!
宮崎市から220号線を南下。日南海岸線をドライブしていると見えてくるのが「旧 潮小学校」。2011年に廃校になり、120年の歴史に幕を閉じたそうです。宮崎...
「鵜戸さん」という愛称で呼ばれることも多い鵜戸神宮は、日向灘に面した鵜戸崎岬の先端にあります。きれいな太平洋の海を眺めながら、洞窟の中にある朱色の御本殿を...
ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さら...
宮崎県の日南にある「炭火焼 山空(さんくう)」。超がつくほど新鮮な地頭鶏(じとっこ)を使っていて、それを自家製の竹炭で一気に焼き上げます。地鶏の炭火焼と聞...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
一本釣りカツオ日本一の街でもある宮崎県日南市には、“おいしい魚” を食べさせるお店がたくさんあります。居酒屋もあれば、コース料理で楽しませてくれるところも...
かつては、新婚旅行の人気エリアだった「宮崎」。1960年代から数十年間に渡り、多くのカップルたちが訪れていました。中でも新婚旅行ブームの人気を支えたのが、...
日本一若いいちご農家こと、たいぴー夫妻。宮崎県の日南市へ移住して「くらうんふぁーむ」という農園を経営しているんですが、約2年前から、農家1年目にも関わらず...
旅先で「この街、好きだな〜、ポテンシャル高いな〜」と思うときってだいたい、自分にとっての非日常が、その街の人にとっての日常なときなんです。最高の景色が見れ...
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
日南市・油津商店街にある「fan! -ABURATSU- Sports Bar & HOSTEL」は、空き店舗再生プロジェクトの一環としてリノベされた、宿...
油津商店街の復活。飫肥城下町の再生。IT企業誘致や海外クルーズの積極的な誘致など、様々な方法でまちづくりや地方創生に取り組む、宮崎県日南市。人口は約5万人...
宮崎県・日南市。「一本釣りカツオ」で有名なこの街で食べた「漁師メシ」が絶品だったので紹介したいと思います。やってきたのは鈴之家旅館。旅館という肩書きがつい...
「The BEACH BURGER HOUSE」があるのは、2017年に大きくリニューアルしたばかりの「フェニックス・シーガイア・リゾート」から、車で5分...
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
冷や汁は地域によって読み方も様々で、宮崎のものは主に「ひやしる」と発音するそうです。宮崎の山師の間では「汁かけめしゃ食うとけがするげなど(ご飯に汁をかけて...
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...