【イラスト9枚】小山薫堂氏が提唱する、お風呂の作法「湯道」がイイ!

「湯道」とは、放送作家・小山薫堂氏が唱える究極の「湯」の作法、様式、芸道のこと。曰く、「華道や茶道に決められた美しい手順、所作があるように、湯道にも湯、自己、他者と深く向き合うための作法が存在する」のだとか。

では早速、その作法をイラストとともに紹介しましょう!

「湯道」は、ただ風呂に
入るわけではありません。

01.
合掌

1ecf83f342e1892cbf4f16fc098862ac4ce9d0e7

まず湯桶に向かってお湯に感謝。すべてはこの気持ちから始まります。

02.
潤し水

Fde68d54cf3a098806b071640ec24b72da9ac9a9

コップ一杯の水で水分補給。入浴によって水分が失われるため、非常に重要な行為です。

03.
衣隠し

A1d9ab1bd387f184f61d923b6a18a03b46628cb1

衣類を脱いだ後、その衣服を風呂敷で覆う。この行為を「衣隠し」と呼びます。

04.
湯合わせ

4c6a7bece99670617b1eab49d41fc2fef465d102

湯桶で三度、湯をすくって体を清めます。三度目の際は、手拭いを湯桶に浸し、かたく絞って頭の上に乗せましょう。この時、湯加減を確認することが大切。熱すぎたならば、湯もみをして温度を下げます。

05.
湯三昧

5971c1d502ee4a6e70355b217bdf3710fa3ebb6e

心を湯に集中して雑念を去り、没入します。自己と対峙することにより、心の垢が自然とはがれていくでしょう。これを「洗心」とも呼びます。

06.
垢離(こり)

7fccd2b42bf580c2268a3faaeead0c79f99b585a

汗がじんわりと出てきたら、一度湯からあがり水をかぶります。

07.
近慮(きんりょ)

02c85d275d4eb12f90d8492ebed5c1fa8374d426

「垢離」を行った後、水に浸した手拭いをかたく絞り、体を拭きます。左手で湯桶を固定し、右手で内側の汚れを確認しながら湯桶を洗う。最後に、湯桶を逆さまにして響石に一度だけ当て、残っていた水を切ります。

次に入浴する人のために、整えること。これを総称して「近慮」と呼びます。ここでの近くとは、「次に入浴する人」の意。

08.
風酔い

B4ff8aad8d0c524f3f6e743bd06de0a593f0625f

風呂からあがった後、風を感じることで現実にゆっくりと戻ります。先ほどまで感じることのできなかった微風を、ここではさっと感じることができるはず。かき氷などを味わいましょう。

09.
合掌

Fd8fc6afe7f36a90d70854076c6c9a9e5b9edda6

最後はやはり、湯への感謝の気持ちを。

B0f95297f017810ac2ec5aa7fc5799b69a75d4b2

この「湯道」は、2016年3月1日(火)に宮崎県にオープンした、小山薫堂氏プロデュースによる湯室(個室温泉)「おゆのみや」のコンセプトとして提唱されているもの。茶道にその世界を体現した茶室があるように、湯道にも湯の世界を体現する湯室があるというわけ。

湯への感謝に始まり、感謝に終わるーー。この感覚、日本人らしくてイイですよね!

Licensed material used with permission by おゆのみや
東京駅から約80kmのところにある、栃木県小山市。「小山(おやま)ってどこにあるの?」という人のために、渡良瀬遊水地や城山公園などの定番スポットから、ナマ...
沖縄・那覇からクルマで約40分。南城市にある「天然温泉さしきの 猿人の湯」は、源泉かけ流しでみんなに愛されている天然温泉です。ユインチホテル南城の敷地内に...
11月上旬に初雪を観測した秋田県の秘湯、「乳頭温泉温泉郷」を紹介します。行き方は「東京」駅から乳頭温泉郷の最寄り「田沢湖」駅までは2時間50分ほど。最寄り...
今回、栃木県小山市で見つけた行列の先にあったもの、それは、「おとん」のメンチカツ。ちなみにその「おとん」ってのは、お父さんのことではありませんよ。小山のブ...
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
今日は、おうちの中でキッター(カッター)遊び!
200以上の温泉を有する温泉天国、「群馬県」。温泉玄人の県民曰く「温泉は泉質で選ぶ」とのこと。ここでは草津温泉、伊香保温泉、水上温泉、四万温泉など、群馬県...
シュワシュワ〜っ。まるでラムネの中に全身を浸けているような気分の温泉があるらしいのです。その名もずばり「ラムネ温泉館」。さすがに甘くはない(笑)ようですが...
栃木県小山市民を中心に老若男女に愛され、2005年に惜しまれつつ閉園した「小山ゆうえんち」。遊園地が開園中に活躍していた2層式アンティークのメリーゴーラン...
シーガイアが、新しく生まれ変わったそうです。これまでも日本の屈指のリゾート、宮崎を堪能する場所として愛されてきた「フェニックス・シーガイア・リゾート」です...
「#IMWITHKAP」という彼に賛同する意味のあるハッシュタグが刺繍されているデザインです。
レーズンバターサンド“ラ”。素敵でしょ、このギリギリな感じ。北海道じゃなくて、栃木県小山市にある「ドラヤキワダヤ」さんというお店で見つけました。まるであの...
日本三名泉のひとつでもある群馬県の草津温泉。 おやつを食べながら散策したり、伝統の湯もみショーを見学したり、昔ながらの入浴方法を体験したり…。 ちいさな温...
チャンスがないと食べないもの。たぶん「ナマズ」もその類。クセがあるんじゃないかって? みんながモジモジしているうちにお先にいただきましたよ! しかも、栃木...
まるでサバンナのような場所が、炎でどんどん焼かれていくのを見ました。火事の話じゃないですよ。栃木県小山市にある「渡良瀬遊水地」での、ヨシ焼きの時のお話です...
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
どちらも再生回数が伸びた動画なので、すでに見たことがある人も多いかもしれない。「シンフロ」「湯〜園地」ともに、いわゆる地方創生系のPR動画としては、異例の...
下呂温泉といえば、草津温泉、有馬温泉と並び称される日本三名泉の一つ。美容にいいお湯がでることから「美人の湯」と言われています。しかし、実は男性のみなさんに...
ちょっと一服。愛煙家ではありませんが、お茶を飲んでひと休みする時は、昔からこの表現が一番しっくりくる気がします。栃木県小山市の駅前で、この、ちょっと一服を...
栃木県小山市で予約の取れない焼肉店「うしやのせがれ」をご紹介。牛農家の息子が厳選する、おやま和牛を中心としたその日一番いい肉の盛り合わせや、名物の赤身肉3...