あ〜、そうそう、女湯ってほんとこんな感じ(笑)

「え、なんでこんな場面切り取ったんだろう?」って、思うような、女性たちの本当にリアルな銭湯でのできごと。

台湾のイラストレーターMICHさんのフィルターを通して改めて見ると、これ、ある〜〜(笑)って、声に出したくなってしまう。

女しかいないこの無法地帯、いいよね。

はぁ、銭湯であったまりたいっ!

「小さいタオルで前を隠す派」がいない脱衣所って、堂々と全開できる。

 

 

浸かりたい場所に誰もいないと、嬉しくてちょっと早歩きで向かうやつ。至福って、ほんとこういうとき。

 

シャンプー・リンス、あるよねって面倒くさがって持ってこなかった結果、リンスがまったく馴染まなくて髪がキシキシになる。2回繰り返しても、まだ満足いかない。

リンスインシャンプー?勘弁してよ。あと、化粧落としを忘れて来たときは、絶望する。

 

「プッハーー」って、下着姿で言うのが一番スカッとするの。

 

そうそう、これね、よく見る光景。

 

セミロング or ロングのドライヤーにかける時間は、うんざりするほど長い。生活のなかで、最も面倒くさい。

 

はぁ〜〜、お風呂、さいっこう!

 

化粧なんて、まったくする気にならない。さ、帰ってゴロゴロしよ〜〜。

Licensed material used with permission by @mich_un