オフィスにこんなのあったら、なんか頑張れそう

と思ったタマゴ型の「瞑想スペース」。

目の前のタスクから解き放たれ(一旦ね)、じっと自分の心と向き合う時間は、リラックスにも繋がり集中力を高めてくれそう。

これ以上ない「福利厚生」

ただ「プライベートを確保できる」、なんてもんじゃない。

かなり本格的で、瞑想に特化した空間であることが一目でわかります。

内部はLEDライトが照らす静かな空間で、明るさは調節可能。

静寂の中でじっと過ごすもよし、このために作られたメーカーオリジナルの瞑想音楽を流すもよし。

暗くて狭いところが怖いというユーザーでも、「まるでお母さんのお腹の中にいるような安心感がありました」と感想を述べています。

日常的に利用している人からは、「今までよりも仕事の生産性が高まった」という声も届いているそう。

一般販売はまだのようですが、この「Open Vessel」は近いうちにオフィスや家庭の必需品になるかもしれません。

Licensed material used with permission by Open Vessel
コワーキングスペースだったりサウナだったり、モビリティの多様化は欧米を中心にとどまることを知りません。ニューヨークシティを走り回っているのは「瞑想スタジオ...
ここ10年でヨガは一般的になりましたが、最近は瞑想が注目されていますね。欧米でも、日本でも、多くの方々が瞑想を生活に取り入れていることはみなさんご存知だと...
オラファー・エリアソンが手がけた、デンマークの投資信託会社Kirk Kapitalのオフィスです。
イギリスの「ロングウッド・プライマリー・アカデミー」という小学校は、敷地内に瞑想スペースを設置しました。
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。