オフィスにこんなのあったら、なんか頑張れそう

と思ったタマゴ型の「瞑想スペース」。

目の前のタスクから解き放たれ(一旦ね)、じっと自分の心と向き合う時間は、リラックスにも繋がり集中力を高めてくれそう。

これ以上ない「福利厚生」

ただ「プライベートを確保できる」、なんてもんじゃない。

かなり本格的で、瞑想に特化した空間であることが一目でわかります。

内部はLEDライトが照らす静かな空間で、明るさは調節可能。

静寂の中でじっと過ごすもよし、このために作られたメーカーオリジナルの瞑想音楽を流すもよし。

暗くて狭いところが怖いというユーザーでも、「まるでお母さんのお腹の中にいるような安心感がありました」と感想を述べています。

日常的に利用している人からは、「今までよりも仕事の生産性が高まった」という声も届いているそう。

一般販売はまだのようですが、この「Open Vessel」は近いうちにオフィスや家庭の必需品になるかもしれません。

Licensed material used with permission by Open Vessel
他の記事を見る
コワーキングスペースだったりサウナだったり、モビリティの多様化は欧米を中心にとどまることを知りません。ニューヨークシティを走り回っているのは「瞑想スタジオ...
イギリスの「ロングウッド・プライマリー・アカデミー」という小学校は、敷地内に瞑想スペースを設置しました。
オラファー・エリアソンが手がけた、デンマークの投資信託会社Kirk Kapitalのオフィスです。
スマホ全盛の現代。今まで人や世界と「繋がる」ためにあった公衆電話は街から消えた。じゃあ、代わりに必要になったのは?「BuddhaBooth」はあらゆる喧騒...
とあるロンドンのオフィスに設置されたこの『Regeneration Pods(再生ポッド)』は、バイオフィリアと呼ばれる概念をもとに設計されたオフィスにあ...
heyのオフィスは広い! もったいないぐらい(笑)。
オフィスに本格的な卓球台が設置されて、あらためてわかりました。卓球ってめちゃくちゃ手軽なスポーツだな、と。
先日、香港国際空港にできた「The Sanctuary by Pure Yoga」。キャセイパシフィック・ラウンジのひとつ「ザ・ピア」のビジネスクラスラウ...
職業にもよりますが、パソコンさえあれば自宅でも滞りなく仕事ができる時代。意外とオフィスよりも、家の方が仕事がはかどったりするんですよね。集中力が切れてしま...
ポートランドに本社を構えるNIKEが、ニューヨークに新オフィスを開設しました。「ナイキ・ワールド・キャンパス」と呼ばれる本社には、クライミングウォールやバ...
瞑想は人によって目的が違う。ストレスフリーになるため、健康を取り戻すため、自分を見つめるため・・・。イチローや、ジョブズ、ビルゲイツなど、世界中の著名人も...
「Mr. ESP 1」の使い方はカンタン。頭につけてから、瞑想を行えばイイだけ。すると、本体が脳波やその動きを読み取り、より深い状態へと導いてくれるようです。
『やらなくてはいけないことリスト』を作っている人は多いでしょう。でも実は『やりたくないこと』が大切。何がやりたくないのか自分自身が知らないから。あなたの夢...
アメリカの複合施設『Mountain Horse Farm』では、ストレス解消を目的とした新たなアクティビティを提供しています。
「職場ではビジネスシューズからリラックスシューズに履き替えて、足の疲れを癒しつつ、仕事のパフォーマンスをアップさせたい!」という方に、足元のリカバリー(回...
「The Spheres」と呼ばれるアマゾンのシアトルの新オフィスには、50カ国から集められた40,000以上の植物が生息しています。その中には、“滝”ま...
「Muista Active Chair」は長時間体を動かさずにいる現代人が、オフィスで体をほぐせる用に考案されたエクササイズチェアー。血行促進やストレス...
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
連休が終わりに近づいていて、憂鬱に感じている人も多いだろう。しかし、こうポジティブに考えてみてはどうだろうか?これまでの生活習慣をリセットすることができる...
たとえば、ハードな出張の合間に空港のラウンジで手足を伸ばしてのんびりしたい。こんな場面でゼッタイ役立ちそうなウォーターベッドが登場しました。それも、ただご...