「瞑想ってなんですか?」

はじめまして、ニーマル・ラージ・ギャワリです。

私はネパール出身です。9歳でヨガをはじめて、15歳からは指導もしています。ハタヨガや自然療法を体系的に学び、博士号も取りました。2003年に日本にきてからは、主に白金のスタジオでヨガやアーユルヴェーダ、そして瞑想(メディテーション)の振興に努めています。

ここ10年でヨガは一般的になりましたが、最近は瞑想が注目されていますね。

欧米でも、日本でも、多くの方々が瞑想を生活に取り入れていることはみなさんご存知だと思います。

ただ、まだまだ瞑想に対して間違ったイメージを持っている方も多いようです。この連載ではまず「瞑想ってなんですか?」というシンプルな疑問について書きたいと思います。

みなさんは、どうして瞑想を特別なものと考えるんでしょうか?

瞑想という言葉にはたくさんの定義があります。

穏やかさ、マインドの平穏、いま現在に集中すること、自らの意識を高めたり、気づきを得ること――こういった状態やそれを達成するテクニックの総称が“瞑想”です。

ここまでは、たいていの方がなんとなく理解していると思います。

では、瞑想は誰がやるものなのか?と言うと、なぜかヨガの修行をした人や偉いお坊さんがだけが行う、とても難しいもの、自分とは関係ないもの、と考える方が多いようです。

そんなことはありません。瞑想は特別なものではありません。

なぜかと言うと、私たちは誰もが子どもの頃、瞑想をしていたんです。これはアーユルヴェーダの考え方です。

生まれる前、お母さんのお腹の中にいた時、私たちが何をしていたのかというと、瞑想をしていたんです。生まれた後も、人間はだいたい4歳ぐらいまでは瞑想をしている時間が多いんです。

人間は五感を持って生まれてきますが、五感をひらくには時間がかかるんです。例えば、赤ちゃんは最初から大人のように全部が見えているわけではありませんよね。生後何ヶ月かしてからちゃんと見えるようになってきます。耳も同じです。

人間というのはどんどん年をとるうちに、経験を重ねていくことで五感が外に向いてくるんです。遠くのものが見えてきたり、遠くの音が聞こえてきたり。外にひらかれていくんです。それまでは、人間は自分のマインドや意識と呼ばれる、内側にあるものに向いているんです。それは、瞑想です。

だから、瞑想っていうのは、ヨガや宗教のためだけにあるんじゃないんです。私たち誰もがやっていること、やっていたことなんです。特別なことじゃない、当たり前のことなんです。

ニーマル・ラージ・ギャワリ
母国ネパールにて、祖父が創立したアローギャ・アシュラムで9歳よりハタヨガの研鑽を積む。
15歳より王族やエスタブリッシュ階級の人々へヨガの指導を開始。
ハタヨガメディテーション及びアーユルヴェーダを学び、22歳で博士号を取得。
20ケ国でヨガメディテーションを教え、2003年来日。
全米ヨガアライアンス400認定講師として本質的なヨガメディテーションティーチャーを100名以上も輩出している。
2019年よりメディテーションテックベンチャーのスワル株式会社を設立。ビジネスパーソン向けの瞑想講座が早くも人気を博している。
ニーマル先生のメディテーション講座(まとめ)
コワーキングスペースだったりサウナだったり、モビリティの多様化は欧米を中心にとどまることを知りません。ニューヨークシティを走り回っているのは「瞑想スタジオ...
イギリスの「ロングウッド・プライマリー・アカデミー」という小学校は、敷地内に瞑想スペースを設置しました。
先日、香港国際空港にできた「The Sanctuary by Pure Yoga」。キャセイパシフィック・ラウンジのひとつ「ザ・ピア」のビジネスクラスラウ...
世界の有名IT企業などが導入したことで話題となっている「マインドフルネス」。現在、日本で開発が進められている「VR(バーチャルリアリティ)」と「ヨガ」の融...
「Mr. ESP 1」の使い方はカンタン。頭につけてから、瞑想を行えばイイだけ。すると、本体が脳波やその動きを読み取り、より深い状態へと導いてくれるようです。
タマゴ型の「瞑想スペース」。目の前のタスクから解き放たれ(一旦ね)、じっと自分の心と向き合う時間は、リラックスにも繋がり集中力を高めてくれそう。
瞑想を日課として行い、その効果を実感している人のなかには、エグゼクティブと呼ばれる人たちがたくさんいます。
瞑想は人によって目的が違う。ストレスフリーになるため、健康を取り戻すため、自分を見つめるため・・・。イチローや、ジョブズ、ビルゲイツなど、世界中の著名人も...
スマホ全盛の現代。今まで人や世界と「繋がる」ためにあった公衆電話は街から消えた。じゃあ、代わりに必要になったのは?「BuddhaBooth」はあらゆる喧騒...
連休が終わりに近づいていて、憂鬱に感じている人も多いだろう。しかし、こうポジティブに考えてみてはどうだろうか?これまでの生活習慣をリセットすることができる...
「コンシャスネス・ハッキング」とは、意識の活用術に興味がある人たちが集まり、全員で瞑想をしたり、共通のテーマについて考える自由なコミュニティムーブメント。...
人生には、良いときもあれば悪いときもあります。そんなことはわかっていても、悩んでいるのは、悪い状況から抜け出す方法がわからないから。そんなときに大切なのは...
正しい「あぐら」をかくって、結構難しいかも。
「はあ。疲れたなあ。」毎日、何気なく、こんな言葉をつぶやいていませんか?以前と比べると、仕事環境、たとえば、パソコンのスペックや、インターネットの速度が上...
「マインドフルネス」の最前線。川原や海辺、プールサイドやフェス会場などに持ち込むことのできる「テントサウナ」。近年のサウナブームのなかにありながら、独自の...
アメリカの複合施設『Mountain Horse Farm』では、ストレス解消を目的とした新たなアクティビティを提供しています。
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
イギリスでは、ストレス解消を求めて、美術館に足を運ぶ人が増えるかもしれません。思いっきり汗を流せる運動でも、心をからっぽにできる瞑想でもありません。美術館...
Yuribert Capetillo Hardyが捉えたコルカタには、やはりスラムが広がっていました。路上でひとり寝かされた赤ちゃん。手を合わせ祈るように...
メキシコ・オアハカで、12月29日から1月3日にかけて開催される「Restival」の紹介です。