この「瞑想ブース」の中では、あなたは本当のひとりになれる

スマホ全盛の現代。今まで人や世界と「繋がる」ためにあった公衆電話は街から消えた。じゃあ、代わりに必要になったのは?

「BuddhaBooth」はあらゆる喧騒から「離れる」ために作られた、移動式の瞑想ブース。常に誰かと繋がっているのは、予想以上に疲れること。家に、オフィスに、街中に、こんなモノがある未来もアリ。

日常から抜け出す
私的なエスケープスペース

ブッダの精神から着想を得たというこのブース。画像は蓮の花をモチーフとしたデザインのものだ。

中にはあぐらをかいてゆったりと座ることができるベンチが設置されており、入口のカーテンを閉めればひとりの世界で思う存分、心と体を休めることができる。

人混みの中でも
「ひとり」になれる

興味深いのは、インテリアとしてだけでなく、パブリックな空間にも多く置かれている点。オフィシャルサイトには、Googleのオフィスやプールサイド、都会の街角に設置された写真も。

たしかに、思えば今の時代、返信していないLINEも、手をつけるべきタスクも、全てを忘れて「ひとりぼっち」になれる空間なんてなかなか無い。

いつでもどこでも世界と繋がれる便利さがもてはやされる一方、日常の喧騒から離れたり、オフラインになることができるサービスの需要が高まっているのかもしれない。

ブースの設置などについて、興味のある人はコチラから直接コンタクトをどうぞ。

Licensed material used with permission by BuddhaBooth
タマゴ型の「瞑想スペース」。目の前のタスクから解き放たれ(一旦ね)、じっと自分の心と向き合う時間は、リラックスにも繋がり集中力を高めてくれそう。
「Mr. ESP 1」の使い方はカンタン。頭につけてから、瞑想を行えばイイだけ。すると、本体が脳波やその動きを読み取り、より深い状態へと導いてくれるようです。
瞑想は人によって目的が違う。ストレスフリーになるため、健康を取り戻すため、自分を見つめるため・・・。イチローや、ジョブズ、ビルゲイツなど、世界中の著名人も...
「この前、帰りが遅かったでしょ?」「バスケの試合は残念だったね?」見ず知らずの人にプライベートな質問を浴びせられ、戸惑い怖がる子どもたち。でもこれ、実は……。
「人間を超越した美しさ」と賞賛されるロシア人ドールアーティストによる作品です。
連休が終わりに近づいていて、憂鬱に感じている人も多いだろう。しかし、こうポジティブに考えてみてはどうだろうか?これまでの生活習慣をリセットすることができる...
人生には、良いときもあれば悪いときもあります。そんなことはわかっていても、悩んでいるのは、悪い状況から抜け出す方法がわからないから。そんなときに大切なのは...
「はあ。疲れたなあ。」毎日、何気なく、こんな言葉をつぶやいていませんか?以前と比べると、仕事環境、たとえば、パソコンのスペックや、インターネットの速度が上...
ブリティッシュ・コロンビア大学の研究曰く人間は「モノよりも時間を買ったほうが幸せになれる」。でも、そもそもなぜ現代人はここまで「時間がない」のか。「瞑想ブ...
もしあなたがネガティブだとしても諦めないでください。悲観的な考えをしてしまうからと言って、前向きになれないわけではないのです。ここに今すぐ試せる6つのこと...
ケース内に収納された真空ガラス管に食材を入れて太陽の熱を集め、火が通るのを待つだけ。アウトドアファンが待ち望んだ自然派クッカー「GoSun」に新シリーズ登場。
パーティや飲み会の場で話の中心にいる人を見たとき「自分もあんな風におもしろくなれたらなぁ」と思ったことがあるかもしれません。「The School of ...
ライターのBenjamin P. Hardyは、こんな問いかけをしています。 朝、目が覚めたときどんな気分?スーパーマンみたいになんでもできそう?それとも...
1日の流れ、すべてを決めると言っても過言ではない「朝の過ごし方」。せめて効率的に動けるように、コツを掴んでおきたいところですよね。1日を有効活用するために...
1人の時間を過ごすことは、何もコミュニケーション下手だからという理由に限ったことではない。自分に集中することで得ることはたくさんあり、充実した時間を過ごす...
気づけば8月も終盤。夏ももう終わりと思いがちですが、いいえまだまだ。ライターKayla Cavanagh氏が「YourTango」に、絶対にやっておくべき...
ひとり暮らしでもしていない限り、自分ひとりの時間って取りづらいものですよね。それでも、ときには誰の目も気にせず「ひとりだけ」の時間を楽しみたいもの。そんな...
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、5月病にならない方法。
Yuribert Capetillo Hardyが捉えたコルカタには、やはりスラムが広がっていました。路上でひとり寝かされた赤ちゃん。手を合わせ祈るように...
ネコって可愛くて、ふわふわで、たまにびっくりするような珍行動をしたりして・・・あぁ~!たまらなく癒される!そんなネコファンのみなさんに嬉しいお知らせ。実は...
母親に「いつまでダラダラしてんの」「怠けてばっかりいないで早く宿題やりなさい」と、きつく叱られた記憶があるあなた。でも、ぐうたらするって、そんなに悪いこと...
無意識のうちに他人に期待してしまうことは、誰にだってあること。「I Heart Intelligence」に掲載されたこの記事には、きっとあなたにも心当た...
「このスケボーの人、デリバリー中だったんですよ(笑)」。びっくりを通り越してクスッと笑っちゃうような出来事って、時々ある。