塩水に浮かんで瞑想。住所非公開の「UNBORN」に潜入取材!

都内某所。

大通りに面したビルに入り、地下へと続く階段を降りていく。途中からは明かりがなく、暗闇のなか、水滴がしたたる音が聞こえてくる。

階段を降り切ったところに、真っ黒な扉。その向こうに待っているのが、新時代のリトリートラウンジ「UNBORN(アンボーン)」だ。

完全会員制、住所非公開。

© The Human Miracle 株式会社

都内のど真ん中でありながら、外界と隔離されたこの空間では、まったく新しいアプローチで心をリセットすることができる。

UNBORNを構成するのは3つのエリア

塩水に浮かぶ「アイソレーションタンク」、カラーサウンドを浴びる「メディテーションルーム」、そして現代アートのエネルギーを感じる「クリエイティブラウンジ」。

2021年1月のオープンを前に、一足早く「アイソレーションタンク」と「クリエイティブラウンジ」を体験させてもらった。

© The Human Miracle 株式会社

受付を済ませ、アイソレーションタンクが設置されている部屋へと向かう。真っ暗な通路には、ヴァーチャルモデルimmaに手で刺繍を施した、アーティスト・清川あさみの作品が。

新感覚の「フローエクスペリエンス」

© The Human Miracle 株式会社

部屋のなかには、巨大なタンクが鎮座。

このアイソレーションタンクとは、塩水に浮遊することで深い瞑想状態に入ることができる装置のこと。照明は落とされ、内部は真っ暗。耳栓を装着し、視覚と聴覚を遮断(アイソレーション)する。

塩水はあの死海の約1.5〜2倍の超高濃度。温度は体温とほぼ同等の35℃台に設定されている。これによって塩水と皮膚との境が曖昧になり、無重力に近い状態で浮遊できるというわけ。

ちなみに、使用されているエプソムソルトは水を滅菌するため、一般細菌は生存できないとされている。利用前にはフィルターシステムを作動させ、人間の髪より100倍も細かな微生物まで濾過。常に清潔な状態を保っているので安心だ。

さて、この状態で60分——。

© The Human Miracle 株式会社

まるで羊水。生まれる前の胎児になり、母親のお腹のなかにいるかのような気分で安心感がある。肉体感覚が徐々になくなっていき、意識だけの世界へ——。

不思議な感覚だ。体は完全にリラックスしているのに、頭は冴えている。「リトリート」というワードの響きから(こちらの勝手な想像で)脳も休息モードに入るものだと思っていたが、体感としては対極。“ゾーンに入っている”に近いかもしれない。

肉体は休まり、脳はフル回転するとあらば、日常での気づきに敏感になる。新たなアイデアの発見やクリエイションのきっかけをもたらしてくれそうだ。

実際に、ある経営者は「利用後の打ち合わせで次々とアイデアが浮かんだ」ことから、アイソレーションタンクの虜に。また、試合前の緻密なイメージトレーニングにアイソレーションタンクを活用しているトップアスリートもいるのだという。

つまりは、最高のパフォーマンスを発揮するためのツール。納得だ。

©The Human Miracle 株式会社

アイソレーションタンクを通じてUNBORN(胎児)の状態に戻ったあとは、クリエイティブラウンジへ。生まれたばかりのまっさらな心で、椅子に座りながらアート作品のエネルギーを体感する。

サウナにおいて休憩が肝であるのと同様に、この時間もまた必要不可欠なもの。ただし、基本的には目を閉じて何も考えないようにするサウナの休憩とは異なり、ここでも脳はフル回転。なにしろ、これを観るだけでも十分に価値のある新進気鋭の現代アーティストたちの作品が並んでいるのだ。

五感をフルに活用して、これまでにないアートエクスペリエンスを堪能すべし。

©The Human Miracle 株式会社

サウナとは違う新たな“ととのい体験”を経て、令和は日々過剰な情報に囲まれ、囚われてしまった自身の心と体を本来の姿に解放する「セルフコンディショニング」の時代であると再認識。今後も新たなサービスが登場するかもしれない。

なお、UNBORNは現在プレオープン期間で、近日中に会員の一般募集を開始する予定。会員枠は限りがあるため、体験したい人はコチラからLINEのウェイティングアカウントを登録し、情報を待とう。

© The Human Miracle 株式会社

なお、今回は体験できなかったメディテーションルームはこのような雰囲気。

音と光を全身に浴びながらおこなう「世界初のカラーサウンドメディテーション」では、立体音響のパイオニア・伊藤カズユキ氏による「KISSonix Immersive 4D Sound」が全身を包み込み、深い瞑想状態へ誘うという。

こちらもまた、新たなリフレッシュ体験となることは間違いない。

Top image: © The Human Miracle 株式会社
コワーキングスペースだったりサウナだったり、モビリティの多様化は欧米を中心にとどまることを知りません。ニューヨークシティを走り回っているのは「瞑想スタジオ...
イギリスの「ロングウッド・プライマリー・アカデミー」という小学校は、敷地内に瞑想スペースを設置しました。
ここ10年でヨガは一般的になりましたが、最近は瞑想が注目されていますね。欧米でも、日本でも、多くの方々が瞑想を生活に取り入れていることはみなさんご存知だと...
日本から飛行機で11時間程のニュージーランド。「異次元なほど贅沢な時間がある」と、自然派作家・四角大輔さんが教えてくれたのは、「世界一美しい遊歩道」ミルフ...
家飲みで「炭火を楽しむ」調理道具家飲みの「チビチビ」を演出する調理道具
ショッキングなこの動画は、アメリカの動物愛護NPO団体が、ある豚肉処理工場に潜入取材し撮影したものです。欧米で物議を醸している理由は、米の法律で禁止されて...
実際にホテルで使用されているモノを中心に揃えたオンラインセレクトショップ 「Retreat Selection by okcs」が今月からスタート。旅行し...
世界190ヵ国に約6000万人のユーザーを有する人気の瞑想アプリ「Headspace」がNetflixにてオリジナルドラマ作品を配信すると発表。『ヘッドス...
先日、香港国際空港にできた「The Sanctuary by Pure Yoga」。キャセイパシフィック・ラウンジのひとつ「ザ・ピア」のビジネスクラスラウ...
シークレットサウナラウンジ「RoofTop37」が都内某所のルーフトップにオープン。
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
運河が暮らしの一部になっているアムステルダムで、水に浮かぶ街が建設されています。
「MUJI USA」のInstagramアカウントで公開された「瞑想ワークショップ」の動画が話題となっている。この動画は「SKY TING」とのコラボで実...
米俳優ジャレッド・レトがInstagramにひとつのメッセージ画像を投稿した。同氏は携帯を置いた状態で12日間の“サイレント瞑想”を荒野にある施設で決行。...
世界の有名IT企業などが導入したことで話題となっている「マインドフルネス」。現在、日本で開発が進められている「VR(バーチャルリアリティ)」と「ヨガ」の融...
「Mr. ESP 1」の使い方はカンタン。頭につけてから、瞑想を行えばイイだけ。すると、本体が脳波やその動きを読み取り、より深い状態へと導いてくれるようです。
自分の歳の数だけ豆を挽いて、恵方を向いて飲む節分専用のコーヒー豆「節分珈琲」が発売中。今週1月27日(水)までの限定販売。
来月の旧正月に向けて、「リーボック」が今月23日(土)から、映画『カンフー・パンダ』とコラボレしたコレクションを発売。
ナイジェリアにある「水に浮かぶ学校」の紹介です。
全国に430店舗以上を展開するホットヨガスタジオ「LAVA」の公式オリジナル瞑想アプリ「MEISOON」が5月31日まで、コンテンツの一部を無料で公開中。
地図や鉄道関連の本に多く携わってきたフリーライターの今尾恵介さん著書『番地の謎』(光文社)では、日本の住所表記について掘り下げ、歴史や傾向について詳しく紹...
クラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」にて、塩水で発電する次世代の携帯電源「HydraCell Power Cube」が販売中。
1月の気温がマイナス20度くらいになるフィンランド・ロヴァニエミで体験できる「オーロラ鑑賞アクティビティ」です。
タマゴ型の「瞑想スペース」。目の前のタスクから解き放たれ(一旦ね)、じっと自分の心と向き合う時間は、リラックスにも繋がり集中力を高めてくれそう。