【閲覧注意】 隠し撮りで明らかになった、豚肉処理現場のリアル

ショッキングなこの動画は、アメリカの動物愛護NPO団体が、ある豚肉処理工場に潜入取材し撮影したものです。欧米で物議を醸している理由は、米の法律で禁止されているはずの行為が映し出されていたから。

※以下の記事内には目を覆いたくなるシーンが登場します。ご注意ください。

豚肉殺処分現場の実態に
カメラが潜入

スクリーンショット 2015-11-23 11.44.55

現在、アメリカ全土では1時間におよそ1,300匹の豚が食肉へと処理されています。米国農務省(USDA)が定めた法律では、“痛みを感じない”よう、殺処分される家畜の処理は、完全に失神した状態で行うことが義務付けられているんだそう。
ところが、人為的ミスとは到底思えない、意図的な作業も中にはある。と動画投稿に踏み切った愛護団体「Compassion Over Killing」は主張します。彼らのこの言葉を裏付ける、現場の様子が収められたこの動画。作業員からは、こんなコメントが。

スクリーンショット 2015-11-23 10.03.58

「今のは間違いなく生きていたと思うよ」

スクリーンショット 2015-11-23 10.46.14

ワイヤーで宙づりに吊るされて移動するこの豚は、頭を前後に動かしていることが、素人目にも確認できます。

高速処理化の“功罪”
米政府も本格調査へ

スクリーンショット 2015-11-23 11.43.33

スクリーンショット 2015-11-23 10.05.28

「これがUSDAにバレたら、すぐに工場は閉鎖だろうね」。作業員の一人は、潜入取材した愛護団体スタッフにこう話しています。

実はここは、USDA管轄下にある5つの処理場のうちの1施設。政府がモデルケースとして「柔軟でより効率的な完全にオペレーティブな処理」を実現するため、専任の監視員が品質管理と安全面を監視しているはず。
ところが、それが機能していないばかりか、逆に政府の監視の目が緩み、高速処理を優先するあまり理想とはかけ離れた作業が横行してしまっているのではないかと、愛護団体は指摘します。

「ビデオの残忍な行為は看過できず、絶対に許されるものではありません。映像の信憑性を実証した上で、徹底的に調査し適切な処置を行う必要があります」

と、USDAスポークスマンのAdamTarr氏は、「Washington Post」にコメントを寄せました。全米でも有数な大型処理施設の実態を受け、重大な懸念を表明した米政府。動画(未編集版は97分)の事実を受け、本格的な調査開始に動き出しているようです。

 Reference:Washington Post , Daily Mail
Licensed material used with permission by Compassion Over Killing

環境省によると、全国の犬・猫の殺処分数は毎年減少中。ただし、ここ30年でもっとも少ないとされる2013年でさえ、12万以上もの尊い命が失われています。今回...
2014年8月に広島県で発生した土砂災害。その救助現場で活躍した夢之丞という名前の災害救助犬をあなたは知っているでしょうか?「助かった命」が、今度は「命を...
2015年11月24日に動物愛護団体「PETA Foundation」によって公開されたこの動画は、ウール製品を利用する人々へ向けた啓発を目的としたもの。...
バルセロナにあるデザインスタジオBel&Belがつくった、電動立ち乗り二輪車「Z-Scooter」の紹介です。
ある意味、好きな人にだけとどけばいい。
Shannon Johnstoneは、犬たちのポートレイトを撮影して里親を探す。これまでに、殺処分されてゴミ埋立地に埋葬される予定だった158匹の尊い命が...
近所に捨てネコがいる。「キキ」と勝手に名付けてかわいがった。子ネコだったキキも2年たった頃にうれしい出来事があった。赤ちゃんを産んだのだ。毎日のように子ネ...
いま、全国で10万匹近くの“飼い主のいないネコ”たちが、毎年殺処分されています(2013年環境省調べ)。ネコ好きならずとも、殺処分ゼロを願う人々の声もある...
虫嫌いなら拒絶すること間違いなしですが、専門家が「養蜂」を真剣に考えた結果生まれたものなんです。
犬や猫を、殺処分から保護することを目的としたNPO団体「Angels Among Us Pet Rescue」。彼らがFacebookに投稿したある一枚の...
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
あるゲームクリエイターが作ったのは「踏み込んだ」オトナのゲーム。矢印キーのみで操作できて、夜の過ごし方を学べるようにと作られたそうです。スマホからは楽しめ...
一匹の野良犬が施設に拾われました。名前は、Krusty Kristyちゃん。毛が抜け落ちるほどひどい皮膚炎に苦しんでいた彼女は、里親が見つからず殺処分され...
ここ長年、道で車にひかれてしまった動物などを食べてきたと言う78歳のArthur Boytさん。たしかにお肉になるために動物が殺されているわけだから、事故...
時折、卓越した動物たちのパフォーマンスに一喜一憂することがある。しかし、ここで紹介する動画を見ると、それが厳しいトレーニングによってもたらされた結果だとい...
全国の保健所には、たくさんの「行き場のない犬=保護犬」が収容されているという。凶暴な犬や野犬など、問題行動アリと判断された犬は譲渡対象にならず殺処分になる...
サンディエゴの水族館で撮影された映像に注目が集まっている。シャチが餌用の魚を使って、鳥をハンティングした瞬間をとらえたものだ。釣りをしているかのように、鳥...
しょっぱい出来事、甘い生活、酸っぱい青春、苦い思い出、渋い体験、辛い失敗……。人生は「旨い」ことばかりではありません。
ここで紹介するのは、公益財団法人動物環境・福祉協会Evaのプロジェクト「動物たちにやさしい世界を」の一環で制作された映像。命ある動物が“モノ”として扱われ...
カロリーを消費したいなら、ウォーキング?ジム通い?いやいや、ホラーでしょ!と言わんばかりの新たな取り組みをご紹介。ドコモ・ヘルスケア株式会社は、歩数、移動...
街中の工事現場などで見かける、通行人や一般車両の侵入を防ぐガード。数年前から、ゾウやサルなど、動物型のものを見かけることが増えていませんか?工事現場と「カ...
ここに紹介するかわいいワンちゃんたち。花のオーナメントを頭に乗せて、どの子も愛嬌たっぷり。でも彼ら、ピットブル(Pit Bull)と呼ばれるアメリカで闘犬...
カンタンに「Adoptify」を説明するならば、共通の音楽の好みを持っている犬と里親をつなげるサービスだ。
牛肉、豚肉、鶏肉、羊肉…お肉料理は数あれど、複数のお肉を使ったメニューは、意外と少ないものです。まあ合挽き肉でつくるものは別として。でも、このシチューは牛...