ついに日本上陸!植物由来100%の豚肉「オムニポーク」

満を持しての日本上陸

アジア発フードテックの植物性代替肉「オムニポーク(OmniPork)」が、5月18日より一部小売店での販売をスタートした。

“カラダも地球もよろこぶ、休肉日を。”をコンセプトに、栄養価が高く環境に優しい植物由来100%の豚肉(代替肉)として誕生したオムニポークは、アジアを中心に世界7ヵ国、およそ30000の販売店舗で採用され、絶大な支持を得ている。

そのクオリティの高さは、ベジタリアンやヴィーガンのみならず、日頃からお肉を口にする人たちからも「おいしい!」「言われなければわからない」といった声が上がるほど。大豆ミートと比較して、気になる匂いが少ないことが特徴だが、その独自製法は下記の公式サイトをご一読あれ。

©Green Monday

さて、今回の日本展開でいち早く導入に動いたのが目黒区・自由が丘のヴィーガンレストラン「菜道」というから、これまた楽しみ。2019年の「ベストヴィーガンレストランランキング」で世界1位に選ばれた同店とオムニポークのコラボは、どんな化学反応を起こすのだろう。また、2020年夏には都内・大手外資系5つ星ホテルでも導入予定だ。

来年に開催がずれ込んだ東京オリンピック・パラリンピック、さらに2025年の大阪・関西万博が控えるなか、多様な宗教や食のポリシーへの対応は待ったなし。

サステイナブルな食の選択肢としてもオムニポークに期待するところは大きい。

©Green Monday

『オムニポーク(OmniPork)』

【公式サイト】https://omnipork.co/jp/home/

Top image: © Green Monday
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

色も食感も本物そっくりにつくられた、香港発、プラントベースの代替肉「オムニミート」。アジア圏での消費を見越して、牛ではなく豚の代替肉を研究開発することで、...
いま、スペインで飛ぶように売れている、肉なし「ハモン・セラーノ」。スペインのスタートアップ企業「Rollito Vegano」が、ヴィーガン仕様の生ハム「...
肉まん、あんまんを展開する「井村屋」から、冷凍食品の新商品として大豆ミートを使った「大豆ミートまん」が登場。
日進月歩の「代替肉」市場。今年も話題に事欠かない一年でした。
トヨタ自動車のラグジュアリーブランド「LEXUS」が北米市場向けたゲーマー向け車両「Gamers' IS」を発表した。ゲーム配信プラットフォーム「Twit...
「airKitchen Plus」は、ヴィーガンやベジタリアンの外国人旅行者が、日本で登録されているホストのお家で日本食の作り方を学び食事ができるというも...
台湾に3600店を展開する「ファミリーマート」で、大豆、えんどう豆、しいたけ、米を主原料とする香港発の植物性ミート「OMNIPORK」を使用したインスタン...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
2月に発売された「MOFT多機能キャリーケース」は、「PCスタンド+保護ケース+小物入れ」をひとつにまとめた優れ物。しかも、保護ケースからスタンドへの変身...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
12月10日、アメリカのアイスクリームブランド「ベン&ジェリーズ」が、人種差別撲滅運動を牽引する人物のひとり、コリン・キャパニックとのコラボレーションを発...