香港発の代替肉「オムニポーク」がスゴい!

世界中で急速に普及している植物由来の代替肉。その多くはアメリカ発。しかし、香港のフードテック企業が新たに開発したプラントベースの豚ひき肉が、いまアジアで熱視線を浴びている。

遅かれ早かれ、きっと日本にも入ってくる「OMNIPORK(オムニポーク)」。それは中華人のみならず、アジアの食文化に転換点をもたらす大きな可能性を秘めた次世代ミートだ。

味も食感も「豚ひき肉」
オムニポークって?

オムニポークのパッケージ
©2020 OmniPork

冷凍で販売されているオムニポーク。230グラム入りで38香港ドル(約540円)。

植物由来の代替肉「オムニポーク」は、パッケージからも見て取れるように、色も質感も豚ひき肉そっくり。原料は主に大豆えんどう豆しいたけ、そして

大きく分類すれば、脱脂した大豆に小麦タンパクなどの植物性タンパクを加えてつくる「大豆ミート」ともいえるが(大豆ミートについて詳しくはこちら)、オムニポークは「より肉に近い食感」を引き出すことに注力。これが、中華文化圏の食生活にヒットした。

オムニポークの原材料
©2020 OmniPork

オムニポークを開発したのは香港のソーシャルベンチャー企業「Green Common」。カナダの食品化学研究機関と共同開発し、キノコやお米を独自配合することで本物の豚肉に近い食感や風味を実現。栄養も本物の豚肉と同等、もしくはそれ以上とも。

同メーカーによれば、豚肉と比較して、カロリー66%減、飽和脂肪酸86%減、鉄分127%増、カルシウム260%増、コレステロール値は0。さらには生肉にはない食物繊維も含まれている

豚肉よりも健康的。そこに飛びついたのが、香港のミレニアルズたち。ヘルシーで環境にもやさしい代替肉は、彼らを中心に拡散していった。ちなみに、2019年10月キャセイパシフィック航空が代替肉を使った機内食を提供したことで話題となったが、あれもオムニポークだ。

アジアの食文化を席巻
オムニポークに注目する理由

アジア圏における豚肉の消費グラフ
©2020 OmniPork

「ビヨンド・ミート」や「インポッシブル・ミート」の登場で、欧米を中心に代替肉のトレンドが急速に拡大していくなか、後発のオムニポークはアジアの食文化に根ざして開発を進めてきた。

同じ「ひき肉」でも、アメリカの代替肉はバーガーのパティにも、ボロネーゼとしても応用が効く牛肉が中心。いっぽうオムニポークが目指したのはアジア各国の料理で広く使われている「豚肉」のリプレイス。

「そこに大きな市場価値がある」と創業者David Yeung氏は、CNNのインタビューに持論を展開している。それというのも、アジアの大半の地域では、牛肉より豚肉が多く消費されている。なかでも中国は、食肉消費の60%以上が豚肉だ。

アジアのマーケットにおける代替肉の需要は、いわずもがな豚肉。Yeung氏が強調する大きな市場価値とはまさにそこ。そう考えると、インパクトはとてつもなく大きい。

台湾で1週間に100万個を売る
オムニミート使用の「ヴィーガン餃子」

「八方雲集」のヴィーガン餃子
©2020 OmniPork

オムニミートを使用した商品で爆発的ヒットを記録した、一例を紹介したい。

台湾全土に900店舗を展開するファストフードチェーン「八方雲集」。ここでいま、売れに売れているのが「ヴィーガン餃子(新菜食鍋貼)」だ。2020年1月の発売以来、1週間に100万個のペースで売れるというから、まさに飛ぶ鳥落とす勢い。

もともと信仰心が強い台湾では、食事に対しても仏教や道教の教えに従い、肉や魚を口にしない人も多く、国民のおよそ13%はベジタリアンといわれている。

けれど、これほどの爆発的人気となった背景には、「まるでお肉!」と食べた人が口を揃える餃子の“あん”に秘密あり。キャベツや香味野菜とともに使われているお肉こそオムニポークだ。

ミシュラン星レストランも導入

決して菜食主義に積極的でなかった香港の飲食店いおいても、オムニポークは広がりを見せている。三つ星レストラン「龍景軒」やヌーベル・シノワの「名潮食館」をはじめ、多くのトップシェフたちが食材として、広くメニューに受け入れているとも聞く。

台湾だけでなくシンガポール、タイ、ベトナムなど、市場も急速に拡大中。現在のところひき肉だけのオムニポークだが、ブロック肉やスライス肉の展開が実現すれば、料理の幅はさらに広がることだろう。そして、生産規模が拡大すれば、いつかは生肉より安価に手に入るようになるに違いない。

豚肉に取って代わるという短絡的な話ではないが、生肉か代替肉か、選択の時代はもうそこまできている。

Top image: © 2020 OmniPork

関連する記事

日進月歩の「代替肉」市場。今年も話題に事欠かない一年でした。
肉まん、あんまんを展開する「井村屋」から、冷凍食品の新商品として大豆ミートを使った「大豆ミートまん」が登場。
台湾に3600店を展開する「ファミリーマート」で、大豆、えんどう豆、しいたけ、米を主原料とする香港発の植物性ミート「OMNIPORK」を使用したインスタン...
フランクフルトで開催される世界最大の「食肉産業機械国際見本市(IFFA)」が、次開催となる2022年より、代替肉に門戸を開くことを発表。
日本初のグランピングリゾート「星のや富士」が、今月4月26日(月)~今夏8月31日(火)までウェルネスプログラム 「樹海リトリート」を提供。
欧米を中心に肉の代用となる「植物性ミート」の需要が急速に高まっています。なかでもヘルシーで栄養満点の「大豆ミート」。その利点と使い方について紹介します。
アジア発フードテックの植物性代替肉「オムニポーク(OmniPork)」が、5月18日より一部小売店での販売をスタート。2020年には都内・大手外資系5つ星...
「3Dプリンター」を使った「代替肉」の開発がスタート!
食のセレクトショップ「久世福商店」から、大豆ミートを使ったお惣菜「日本全国ごはんのおとも旅」が登場。
「Arby's」というファストフード店が、肉でできた野菜「Megetables」を作ることに。
ヨーロッパで広く愛されているトルコ発のレジャーブランド「aniva」から、コンパクトで手軽、かつ本格的なバーベキューが楽しめる「コンパクトバーベキュースタ...
植物由来の代替肉を販売する「The Vegitarian Butcher」(本社・オランダ)の日本支社は、9月2日、ファストフード専門のゴーストレストラン...
バーガーチェーン最大手「マクドナルド」初となる植物ベースの代替肉バーガー。2021年より発売開始。
イスラエルのテルアビブで創設されたスタートアップ企業「Redefine Meat」が2020年の商品化を目指して「代替肉専用3Dプリンター」の開発を進めている。
世界初、焼肉用の代替肉「ネクスト焼肉シリーズ」が登場。一般的な焼肉と比べ、脂質は半分以下、タンパク質は約2倍。見た目、食感、風味も本物の肉と見紛うほどの高...
「ネクストミーツ」と「ユーグレナ」が共同で開発した、ユーグレナ(和名:ミドリムシ)を配合した代替肉「NEXTユーグレナ焼肉EX」が発売。
スウェーデンの人気ハンバーガーチェーン「Max Burgers」は、5月末から一部のバーガーのお肉を“植物肉”に変更可能だとしています。自社開発されたもの...
IKEAが、植物由来のミートボールを販売すると発表しました。どんどんと増えていく人口を養うには今生産しているタンパク質だけでは足りないという研究結果を踏ま...
全国の「IKEA」にて3月29日(日)まで開催中の「ベジ&ミートバーガーフェア」で「プラントベースフード」を使用したハンバーガーが販売されている。
イギリスで毎年開催される「British Kebab Awards」。テイクアウト部門のNo.1に輝いたのは、ヴィーガンケバブ専門店の「植物性ミートを使っ...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。