勢いのあるヴィーガン市場にIKEAも「名物」で参入!

植物由来のパティ、ビヨンド・バーガーを生産する企業「ビヨンド・ミート」がナスダック市場に新規上場するなど、とにかく注目を集めているヴィーガン。

その生き方には賛否両論ありますが、マクドナルドやバーガーキングが代替肉を使ったメニューを追加していることを考えると、食品事業に関わる企業が無視できないくらいの存在になっているのは間違いありません。

IKEAもまた、植物由来のミートボールを販売すると発表しました。どんどんと増えていく人口を養うには今生産しているタンパク質だけでは足りないという研究結果を踏まえての決断のようです。

肉からだけではなく野菜からもタンパク質を摂取できることを示す代替食品として、生産を始めると言います。

IKEAの場合は結果的にヴィーガン食品を販売するという見え方になりますが、多くの大企業がヴィーガン市場に参入していく世になるとは誰も考えたことがなかったかもしれませんね。

Top image: © iStock.com/Tatiana Volgutova
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
スウェーデン発祥の家具量販店「IKEA」は、オンラインフードデリバリーサービスの試験運用をフランス・パリで開始することを発表。結果次第で、ヨーロッパ各国に...
いくつもの大型店舗をどかーんと構えるIKEAが、マンハッタンに“らしくない”店舗をオープンしました。
サステイナブル建築でオープンしたイギリス・グリニッジのIKEA。彼らとしては、お客さんにも環境問題を意識してほしいみたいです。ということで、ユニークな看板...
サブスクリプションサービスが当たり前の存在になりつつある中で、IKEAも毎月決まった価格で家具を使えるサービスを展開するようです。
かつて全国に400店舗を展開した「ドムドムハンバーガー」の、知られざるあんなこと、こんなこと。