世界初!完全ミートレスな「ベジタリアンKFC」ロッテルダムに期間限定オープン

ロッテルダムで3月9日〜15日まで開催される「National Week Without Meat」は、国を挙げて菜食主義を推奨する一週間。

このイベントに合わせ、ロッテルダム市内の「KFC」が、チキンメニューをすべてベジタリアンオプションにリプレイスすると発表。期間限定ではあるものの、世界唯一の“ベジタリアン仕様”のKFC誕生となる。

センセーショナルな発表の背景には、KFCオリジナルスパイスでチキンと同じように揚げた鶏肉不使用の「ZEROチキンバーガー」や「チキンテンダー」のテスト導入という意味合いも含まれており、今後、オランダ全土でのヴィーガン対応メニュー拡大を目指しているようだ。

昨夏の英国での「ヴィーガンバーガー」導入に続き、KFCの“チキンレスメニュー拡大”の波は欧米を中心に広まりつつあることを実感させられる。かたや、代替肉市場で後手を踏んだ「マクドナルド」だが、この分野での巻き返しは、はたしてあるのか?

Top image: © 2020 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事