命を奪わずお肉をゲット!「クリーンミート」ってどういうこと?

何気なく口にしているお肉を作るのには、実は水やエサなどの莫大な資源、そして土地が必要。さらに、「食べるためだけに育てる」家畜のシステムには倫理的な批判も根強いのが現実。

とはいえ、命をいただくのは自然の摂理だし、他に方法もないし…と人類はここまでやってきたわけだけど、じゃあもしも、「時間も資源もかけずに、殺さずに、本物のお肉が食べられる」としたら?

動物の細胞から
お肉を「培養」

この美味しそうなフライドチキン、実は動物の細胞から人工的に作り出されたお肉を使っている。痛みの少ない方法で動物から摂取された細胞を培養することで「クリーンミート」と呼ばれるお肉を開発しているこの会社の名は「Memphis Meat」。

チキンもダックも本物の味

とても人工培養だなんて思えない完璧な見た目。味も普通のお肉に劣らないどころか、油分が気持ち少なめで食べやすいという意見すらある。

環境にも動物にも優しい人工肉は、これから世界が直面するであろう人口増加とそれにともなう食糧難への解決策にもなるだろう、と製作者は言う。

この「培養肉」、一部のベジタリアンからは「動物に被害を与えないで済む」と高い評価を受けているそうだけど、あなたは賛成?それとも…?

Licensed material used with permission by Memphis Meat
色も食感も本物そっくりにつくられた、香港発、プラントベースの代替肉「オムニミート」。アジア圏での消費を見越して、牛ではなく豚の代替肉を研究開発することで、...
欧米を中心に肉の代用となる「植物性ミート」の需要が急速に高まっています。なかでもヘルシーで栄養満点の「大豆ミート」。その利点と使い方について紹介します。
どんなお肉も高級肉(のように)変身してしまう、料理ハックのご紹介!ポイントは日本酒でお肉を酔っ払わせること。
肉まん、あんまんを展開する「井村屋」から、冷凍食品の新商品として大豆ミートを使った「大豆ミートまん」が登場。
2020年11月28日(土)から来月27日(日)までの期間限定カフェ「FENDI CAFFE by ANNIVERSAIRE」が東京・表参道にオープン。
「Arby's」というファストフード店が、肉でできた野菜「Megetables」を作ることに。
食のセレクトショップ「久世福商店」から、大豆ミートを使ったお惣菜「日本全国ごはんのおとも旅」が登場。
「3Dプリンター」を使った「代替肉」の開発がスタート!
イスラエルのテルアビブで創設されたスタートアップ企業「Redefine Meat」が2020年の商品化を目指して「代替肉専用3Dプリンター」の開発を進めている。
食材を昆布ではさみ冷蔵庫で寝かせる。お刺身をはさんでつくるイメージが強いかもしれませんが、お肉をはさんでもこれが美味!
パティ4枚使用の「バーガーキング」人気シリーズ「超ワンパウンドビーフバーガーシリーズ」に最新作が登場。あれ、、バンズは……?
「代替肉」を取り巻くシーンやビジネスが盛り上がりをみせるなか、動物の細胞から人工培養で食肉を作るアメリカの企業「Mission Barns」が一般人を対象...
毎月29日の「肉の日」に、肉を知り尽くした“肉のプロたち”が厳選したお肉が定期で届くサービス「お肉のサブスク(定期便)」が今月1日からスタート。
ここ長年、道で車にひかれてしまった動物などを食べてきたと言う78歳のArthur Boytさん。たしかにお肉になるために動物が殺されているわけだから、事故...
仕事を頑張る場所として、もしくは子育てを頑張る場所として。「品川区」を生活の拠点にしている人にとっては、自分を元気にしてくれる「きっかけ」がとても大事。そ...
世界初、焼肉用の代替肉「ネクスト焼肉シリーズ」が登場。一般的な焼肉と比べ、脂質は半分以下、タンパク質は約2倍。見た目、食感、風味も本物の肉と見紛うほどの高...
「Graphpaper(グラフペーパー)」の「Solotex Taffeta Down Jacket」の紹介です。
寒い季節は、身体が冷える影響で「生理痛」が重くなってしまう人が増加。そこで「生理痛軽減」に関するアイテムや工夫をいろいろ集めてみました。
5月21日より、日本生まれのバーガーチェーン「モスバーガー」から「MOS PLANT-BASED GREEN BURGER<グリーンバーガー>」が発売とな...
スウェーデンの人気ハンバーガーチェーン「Max Burgers」は、5月末から一部のバーガーのお肉を“植物肉”に変更可能だとしています。自社開発されたもの...
ミシシッピ州では、植物由来の代替肉を「肉」などと表記するのが禁止に。ビヨンド・バーガーの“バーガー”はNG。ヴィーガンホットドックなんていうのもアウトとなる。
2019年4月にスイスの食品会社ネスレが、植物性の人工肉を販売すると発表しました。
植物由来の代替肉を販売する「The Vegitarian Butcher」(本社・オランダ)の日本支社は、9月2日、ファストフード専門のゴーストレストラン...
米企業「インポッシブル・フーズ」が開発・製造する植物由来の人工肉が、米食品医薬品局(FDA)の承認を得て、スーパーマーケットなどで製品を販売できることに。