ヴィーガン向けの
「マックナゲット」が登場

ベジタリアンやヴィーガンを配慮した、さまざまなメニューを打ち出してきたマクドナルドから、新作の登場です。

それが、ヴィーガン向けの「マックナゲット」。

伝えられているところによると、ヒヨコマメや人参、じゃかいもやカリフラワー、コーンや玉ねぎが使用されています。じゃがいもが入っているあたりでなんとなく味の想像はつきますが、カリフラワーがどう効いているかが気になります……!

マクドナルドはこれまでもファラフェルやベジバーガーなどを提供してきましたが、今回は長年愛され続けてきたメニューのヴィーガンバージョン。

提供されている国はノルウェーのみですが、もしヒットしたら日本に上陸する可能性もあるかもしれませんね。

© Mental Floss/Twitter
Reference: TODAY, VegNews
Top image: © 2019 TABI LABO
他の記事を見る
ロサンゼルスの学校がヴィーガン給食の提供を予定しています。
「airKitchen Plus」は、ヴィーガンやベジタリアンの外国人旅行者が、日本で登録されているホストのお家で日本食の作り方を学び食事ができるというも...
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
毎年アメリカで行われている「Sexiest Vegan Next Door Contest」。エントリーしたヴィーガンの人の中から最もセクシーな人を選出す...
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
コーチェラ・フェスティバル2018で伝説のパフォーマンスを見せたビヨンセ。その裏側では、こんなプロジェクトが進んでいたらしい...。
「Hilton London Bankside」に誕生した、ヴィーガンの人のためのスイートルーム。ヘッドボードやクッション、椅子にはパイナップルの葉の繊維...
お肉だけではなく、卵や乳製品、はちみつなどの動物由来の食べ物を一切控える「Vegan(ヴィーガン)」は、日本で実践しようと思うとなかなか難しそうですが、そ...
ココナッツミルクを使った「ヴィーガンホイップ」が、いま密かにブームになっているんです。
どのような食生活が合うかは人それぞれですが、Vlad Ixelさんにとってのそれは「ヴィーガン」だったそう。過去5年怪我なく走り続けている彼のスタイルを、...
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
ベジタリアン、ヴィーガン、マクロビアンなど、動物を口にしない食生活が、広く受け入れられるようになってきた今の時代。世間の潮流に逆らうようなグラタンを紹介し...
カリフォルニアで2店舗を展開する「Eatsa」は、人の代わりにテクノロジーを導入して、注文と受け取りをすべて自動化したファストフード店です。
正月、お雑煮に飽きたら作ってみたいなと思っているのが「お餅で作るチーズ」。そのまま食べたり、サラダに入れたり、サンドイッチに挟んだり、食べ方も色々とアレン...
The Field Roast Grain Meat社が販売している「CHAO SLICES」は、とろける様子も完全に普通のチーズそのもの。だけどヴィーガ...
世界中の人たちが急にベジタリアンになったら、どのような変化が起こるなどを科学的な考察も含め解説する動画を紹介します。今は、世界中の人口がベジタリアンなった...
菜食主義[さいしょくしゅぎ]とは。ひとことで菜食主義やベジタリアンと言っても幅広く、乳製品や魚介ならOKというタイプから、かつお出汁やハチミツ、革製品を身...
アボカドサラダにトッピングされている様子は、とっても美味しそう!
1月3日、セグウェイは配達ロボット「Loomo Delivery」を発表しました。事故や盗難を恐れてのことでしょうが、まずはオフィス内やショッピングモール...
半世紀以上アムステルダムで愛され続けているファストフードチェーン「FEBO」のコロッケ(クロケット)。自販機がズラリと並ぶ店舗で販売されていて、購入は小銭...