自由が丘「菜道」が「世界No.1評価」のヴィーガンレストランに

ベジレストランの聖地・自由が丘にひっそりとお店を構えるヴィーガンレストラン「菜道」が、世界中のヴィーガン、ベジタリアンにもっとも利用されているレストラン情報サイト「Happycow」にて、11万を超えるレストランのなかから「ベストヴィーガンレストランランキング」で世界1位に選ばれたという。

菜道は、ヴィーガン、ベジタリアン、ハラール、オリエンタルビーガンに対応可能なギルティフリーな食材だけを使いながら、食べ応えにとことんこだわった誰もが満足できる本格和食料理を堪能できるレストランだ。

一般的にベジタリアンやヴィーガンら菜食主義者への飲食店側の対応としては、畜産品や魚を使わないだけでなく、調味料への細かな対応も必要であることから「まず、食べることができる」を基準とした料理が多く存在する。そんななか、菜道では「食べることができる」はもちろんのこと、菜食主義ではない人も一緒に楽しむことができるようなまったく新しい「ジャンクな和食のヴィーガン料理」をコンセプトにメニューを創り上げているという。

また、料理には酒精といったアルコールも使用していないため、店を訪れる多くのイスラム教徒の訪日外国人にも好評だ。

「東京オリンピック」をひかえた東京では、世界中の多様な宗教やポリシーへの対応が急務。日本でも菜食主義の外国人旅行者への対応をめぐり、さまざまな業界で対応が急がれているなか、その先頭を走るヴィーガンレストランの味を、ひと足お先に味わってみてはどうだろうか?

©2019 株式会社和食社中
©2019 株式会社和食社中
©2019 株式会社和食社中
©2019 株式会社和食社中

菜道

【公式サイト】 https://saido.tokyo

Top image: © 2019 株式会社和食社中
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

フランクフルトで開催される世界最大の「食肉産業機械国際見本市(IFFA)」が、次開催となる2022年より、代替肉に門戸を開くことを発表。
韓国の国防省が、来月から菜食主義者とイスラム教徒のために肉とハムを除いたヴィーガン食の提供を開始すると発表。2月からは、兵役判定検査の際に菜食主義者である...
色も食感も本物そっくりにつくられた、香港発、プラントベースの代替肉「オムニミート」。アジア圏での消費を見越して、牛ではなく豚の代替肉を研究開発することで、...
日進月歩の「代替肉」市場。今年も話題に事欠かない一年でした。
「本当に使いやすい保冷バッグとは?」を考えて開発された「U-seful(ユセフル)」。驚きの保冷性能、使い勝手をよくしてくれる工夫などの魅力が満載。現在「...
「3Dプリンター」を使った「代替肉」の開発がスタート!
アジア発フードテックの植物性代替肉「オムニポーク(OmniPork)」が、5月18日より一部小売店での販売をスタート。2020年には都内・大手外資系5つ星...
「Holistic Holiday at Sea」が運営するヴィーガンのためのクルーズ。食事は、絶対菜食主義の人たちの食生活に配慮したものを提供。他にも、...
いま、スペインで飛ぶように売れている、肉なし「ハモン・セラーノ」。スペインのスタートアップ企業「Rollito Vegano」が、ヴィーガン仕様の生ハム「...
世界初、焼肉用の代替肉「ネクスト焼肉シリーズ」が登場。一般的な焼肉と比べ、脂質は半分以下、タンパク質は約2倍。見た目、食感、風味も本物の肉と見紛うほどの高...
ポーランドの木製アクセサリー製品ブランド「Oakywood」より、木製のよさをとことん活かしたスタイリッシュなApple製品充電ガジェット「3 in 1 ...
タピオカでんぷんと海藻グルコースをベースに作られた100%植物性の「ヴィーガン刺身」。ついに世界へ。
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
「Origine Non Animale(仏語:非動物性)」の意味を持つ言葉の頭文字を取って付けられたこのレストランが、ヴィーガンレストランとしてフランス...
気軽にヴィーガンを体験できる「週1ヴィーガンセット」が発売。ビーガンメニュー定番の「ヴィーガン麺」(玄米麺と米麺)と「ベジミートソース」は、30年間にわた...
フランスの会社が開発中の、見た目も完璧に卵を再現しているヴィーガン卵「Les Merveillœufs 」をご紹介。
今、世界中で増加する「ヴィーガン」を取り巻くさまざまな動きについて、知っておくべきことをまとめて紹介。ヴィーガンに向けた刺身、卵、ホテル、レシピ本、ファッ...
バーガーチェーン最大手「マクドナルド」初となる植物ベースの代替肉バーガー。2021年より発売開始。
「Hilton London Bankside」に誕生した、ヴィーガンの人のためのスイートルーム。ヘッドボードやクッション、椅子にはパイナップルの葉の繊維...
イスラエルのテルアビブで創設されたスタートアップ企業「Redefine Meat」が2020年の商品化を目指して「代替肉専用3Dプリンター」の開発を進めている。
「ネクストミーツ」と「ユーグレナ」が共同で開発した、ユーグレナ(和名:ミドリムシ)を配合した代替肉「NEXTユーグレナ焼肉EX」が発売。
ラグビーチームGreen Gazellesは、イギリスで初の「ヴィーガンラグビーチーム」を結成したと発表。今後、国外で行われるトーナメント戦に参加する予定...
IKEAが、植物由来のミートボールを販売すると発表しました。どんどんと増えていく人口を養うには今生産しているタンパク質だけでは足りないという研究結果を踏ま...
「Arby's」というファストフード店が、肉でできた野菜「Megetables」を作ることに。
「airKitchen Plus」は、ヴィーガンやベジタリアンの外国人旅行者が、日本で登録されているホストのお家で日本食の作り方を学び食事ができるというも...
健康志向の高まりとともに注目を集めている「プラントベース」。ベジタリアンやヴィーガンとの違いやプラントベースのメリットなどについても解説していきます。
オランダの「National Week Without Meat」に合わせ、「KFC」が期間限定ながら世界唯一の完全ベジタリアン仕様の店舗にすると発表。
コロナ禍で「運動不足」「野菜不足」からくる健康不安を抱えている人が多い2020年。これまで以上に健康意識が高まるなか、9月、新たなヴィーガン向けの情報サイ...
ミシシッピ州では、植物由来の代替肉を「肉」などと表記するのが禁止に。ビヨンド・バーガーの“バーガー”はNG。ヴィーガンホットドックなんていうのもアウトとなる。
現在、ノルウェーのみで提供されているヴィーガン向けの「マックナゲット」。ヒヨコマメや人参、じゃかいもやカリフラワー、コーンや玉ねぎが使用されているとのこと...