もしも、人類が「総ベジタリアン化」したならば…。

様々な仮定を科学的に証明する人気動画シリーズ「AsapSCIENCE」。ここでのテーマは「世界中の人々が、ベジタリアンになったら?」というIFの世界。

人々の健康、地球環境はどう変わっていくのでしょう?

世界の人口と比較した時、ベジタリアン人口は意外にも低いことを知っていますか?たとえばアメリカとカナダでは、全人口の約4〜5%。インドでも約30%がベジタリアン。

これに対し畜産動物は、ニワトリがおよそ200億羽、ウシで15億匹、さらに約10億匹以上のヒツジとブタが地球上には存在しています。もしも、人類総ベジタリアン化した場合、当然ながら、これらの家畜たちはいなくなります。

彼らがいなくなることで、その分土地が広がります。約3300平方キロメートル分の牧草地として利用していた土地が余るように。これはほぼアフリカ大陸と同じ大きさ。

その余剰分の土地は、菜園や農場として利用できますが、これだけ広大な土地をきちんと管理できなければ、大地は干からび、砂漠と化してしまいます。そのため、きちんと肥料をまきながら、手入れしていく必要があるということ。

仮にこれができたとしましょう。そうすると、森林や草原も増えていくことでしょう。二酸化炭素を吸収してくれるので、地球温暖化にも徐々に歯止めが効いてくる可能性も考えられます。

内をはじめとする家畜が発するメタンガスが、しばしば問題になることがあります。なぜかといえば、彼らの発するメタンガスの呼吸は、二酸化炭素より25倍も温暖化を進行させるだけのパワーがあると言われているから。

畜産業そのものが、地球上の15%の温室効果ガスの原因を生み出しているとも。それは飛行機、鉄道、自動車による二酸化炭素排出料を合計しても、まだ大きな数字。このような研究結果により、肉消費を減少させること、すなわちベジタリアンになることで、地球温暖化への問題を大きく転換する可能性を秘めているとの見方もあるのです。

では、ベジタリアンになることでのデメリットはどこにあるのでしょう。

家畜からの副産物でもある、革製品や、動物性油脂を使う洗剤、ロウソクなども製造できなくなります。さらには肉の代替となるタンパク源として、大豆などもこれまで以上に育てなければならないため、地球全体を自然に戻すという作業には、やっぱりならないでしょう。

他にも複雑な問題が挙げられます。

現在、畜産業で生計を立てている人たちは世界におよそ100万人。その数字は途上国ほど多い傾向にあります。養鶏農家や酪農家に転身する人が増えれば、それだけ需要も競合することになり、需要も減っていきます。なぜならベジタリアン化は急変ではなく、徐々に進んでいるから。

でも、現状は逆。インドや中国で富裕層が増えることで、肉の消費率も急激に伸びているため、今のところはプラマイゼロと言えるでしょう。けれど、未来を考えると、徐々にベジタリアン層が増え、地球環境にもいい影響を与えていくことが考えられます。

 

Licensed material used with permission by AsapSCIENCE

関連する記事

「airKitchen Plus」は、ヴィーガンやベジタリアンの外国人旅行者が、日本で登録されているホストのお家で日本食の作り方を学び食事ができるというも...
健康志向の高まりとともに注目を集めている「プラントベース」。ベジタリアンやヴィーガンとの違いやプラントベースのメリットなどについても解説していきます。
「フレキシタリアン」ってご存知ですか?フレキシブル(柔軟性がある)とベジタリアン(菜食主義者)をかけ合わせた造語で、基本はベジタリアンだけど、ときどき肉や...
色も食感も本物そっくりにつくられた、香港発、プラントベースの代替肉「オムニミート」。アジア圏での消費を見越して、牛ではなく豚の代替肉を研究開発することで、...
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
オランダの「National Week Without Meat」に合わせ、「KFC」が期間限定ながら世界唯一の完全ベジタリアン仕様の店舗にすると発表。
2025年度には、世界の昆虫食市場が約1000億円となる見込みとリサーチプラットフォーム「MDB Digital Search」が推計。
フランクフルトで開催される世界最大の「食肉産業機械国際見本市(IFFA)」が、次開催となる2022年より、代替肉に門戸を開くことを発表。
菜食主義[さいしょくしゅぎ]とは。ひとことで菜食主義やベジタリアンと言っても幅広く、乳製品や魚介ならOKというタイプから、かつお出汁やハチミツ、革製品を身...
日進月歩の「代替肉」市場。今年も話題に事欠かない一年でした。
4月10日、フランス政府は、鉄道で2時間半以内に行ける場所への国内線フライトの運航を全面的に廃止する法案を国民議会(下院)で可決した。
2020年に東京オリンピックを控える東京が、世界中の多様な宗教やポリシーへの対応が急務の中で、自由が丘にある菜道が、世界中のヴィーガン、ベジタリアンに最も...
未来のタンパク源「昆虫食」を、アフリカ伝統食をヒントに再構築した「いもむしゴロゴロカレー」の紹介です。
東京、お台場の「日本科学未来館」にて、「昆虫食」を気軽に体験できるフェアが2021年2月末まで開催中。
アジア発フードテックの植物性代替肉「オムニポーク(OmniPork)」が、5月18日より一部小売店での販売をスタート。2020年には都内・大手外資系5つ星...
「3Dプリンター」を使った「代替肉」の開発がスタート!
未来の食事がテーマのレシピ本「Future Food Today」。ここには、昆虫を使った“ハンバーガー”や海藻の“ポテトチップス”、野菜の“ホットドッグ...
昆虫食通販「バグズファーム」を運営する「株式会社アールオーエヌ」が、昆虫食をより身近に感じられる昆虫酒700mlフルボトルサイズの取り扱いを開始。
韓国の国防省が、来月から菜食主義者とイスラム教徒のために肉とハムを除いたヴィーガン食の提供を開始すると発表。2月からは、兵役判定検査の際に菜食主義者である...
イスラエルのテルアビブで創設されたスタートアップ企業「Redefine Meat」が2020年の商品化を目指して「代替肉専用3Dプリンター」の開発を進めている。

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
9.11を機に、国を守ろうと戦地へ向かった若い兵士たち。彼らは現在退役兵として暮らしているが、生きる目的を見出だせずにいた。そんな中、1人の元軍人が、アフ...
みんなに祝福される、結婚式。ウェディングドレスを着るとき、女の子はおとぎ話の「お姫様」になることができるのです。「そして2人はずっと幸せに暮らしました」と...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
地球を周回する軌道上の人工物が、これまで考えられていた以上に夜空を明るくしていることが判明。
古今東西、竹を有効活用した製品は数多くあります。しなやかで丈夫な素材の特性を活かした自転車フレームもそのひとつ。アフリカ各国でつくられ、海外へと輸出される...
東京都が推進するプラスチック削減の取り組みに株式会社三越伊勢丹(以下、三越伊勢丹)が小売業としてリユース容器のトライアルをスタート。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。