もしも、人類が「総ベジタリアン化」したならば…。

様々な仮定を科学的に証明する人気動画シリーズ「AsapSCIENCE」。ここでのテーマは「世界中の人々が、ベジタリアンになったら?」というIFの世界。

人々の健康、地球環境はどう変わっていくのでしょう?

世界の人口と比較した時、ベジタリアン人口は意外にも低いことを知っていますか?たとえばアメリカとカナダでは、全人口の約4〜5%。インドでも約30%がベジタリアン。

これに対し畜産動物は、ニワトリがおよそ200億羽、ウシで15億匹、さらに約10億匹以上のヒツジとブタが地球上には存在しています。もしも、人類総ベジタリアン化した場合、当然ながら、これらの家畜たちはいなくなります。

彼らがいなくなることで、その分土地が広がります。約3300平方キロメートル分の牧草地として利用していた土地が余るように。これはほぼアフリカ大陸と同じ大きさ。

その余剰分の土地は、菜園や農場として利用できますが、これだけ広大な土地をきちんと管理できなければ、大地は干からび、砂漠と化してしまいます。そのため、きちんと肥料をまきながら、手入れしていく必要があるということ。

仮にこれができたとしましょう。そうすると、森林や草原も増えていくことでしょう。二酸化炭素を吸収してくれるので、地球温暖化にも徐々に歯止めが効いてくる可能性も考えられます。

内をはじめとする家畜が発するメタンガスが、しばしば問題になることがあります。なぜかといえば、彼らの発するメタンガスの呼吸は、二酸化炭素より25倍も温暖化を進行させるだけのパワーがあると言われているから。

畜産業そのものが、地球上の15%の温室効果ガスの原因を生み出しているとも。それは飛行機、鉄道、自動車による二酸化炭素排出料を合計しても、まだ大きな数字。このような研究結果により、肉消費を減少させること、すなわちベジタリアンになることで、地球温暖化への問題を大きく転換する可能性を秘めているとの見方もあるのです。

では、ベジタリアンになることでのデメリットはどこにあるのでしょう。

家畜からの副産物でもある、革製品や、動物性油脂を使う洗剤、ロウソクなども製造できなくなります。さらには肉の代替となるタンパク源として、大豆などもこれまで以上に育てなければならないため、地球全体を自然に戻すという作業には、やっぱりならないでしょう。

他にも複雑な問題が挙げられます。

現在、畜産業で生計を立てている人たちは世界におよそ100万人。その数字は途上国ほど多い傾向にあります。養鶏農家や酪農家に転身する人が増えれば、それだけ需要も競合することになり、需要も減っていきます。なぜならベジタリアン化は急変ではなく、徐々に進んでいるから。

でも、現状は逆。インドや中国で富裕層が増えることで、肉の消費率も急激に伸びているため、今のところはプラマイゼロと言えるでしょう。けれど、未来を考えると、徐々にベジタリアン層が増え、地球環境にもいい影響を与えていくことが考えられます。

 

Licensed material used with permission by AsapSCIENCE
「airKitchen Plus」は、ヴィーガンやベジタリアンの外国人旅行者が、日本で登録されているホストのお家で日本食の作り方を学び食事ができるというも...
「フレキシタリアン」ってご存知ですか?フレキシブル(柔軟性がある)とベジタリアン(菜食主義者)をかけ合わせた造語で、基本はベジタリアンだけど、ときどき肉や...
色も食感も本物そっくりにつくられた、香港発、プラントベースの代替肉「オムニミート」。アジア圏での消費を見越して、牛ではなく豚の代替肉を研究開発することで、...
菜食主義[さいしょくしゅぎ]とは。ひとことで菜食主義やベジタリアンと言っても幅広く、乳製品や魚介ならOKというタイプから、かつお出汁やハチミツ、革製品を身...
長時間の有酸素運動でなくたってOK。自宅で1日3分で出来る「脂肪燃焼トレーニング」をご紹介。先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYou...
2020年に東京オリンピックを控える東京が、世界中の多様な宗教やポリシーへの対応が急務の中で、自由が丘にある菜道が、世界中のヴィーガン、ベジタリアンに最も...
未来のタンパク源「昆虫食」を、アフリカ伝統食をヒントに再構築した「いもむしゴロゴロカレー」の紹介です。
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
動物の細胞から人工的に作り出されたお肉を提供する「Memphis Meat」。痛みの少ない方法で動物から摂取された細胞を培養することで「クリーンミート」と...
未来の食事がテーマのレシピ本「Future Food Today」。ここには、昆虫を使った“ハンバーガー”や海藻の“ポテトチップス”、野菜の“ホットドッグ...
世界初(製造元いわく)の「Building Brick Waffle Maker」は「レゴ」のようなカタチをした、ブロック状のワッフルを作ることができるワ...
イスラエルのテルアビブで創設されたスタートアップ企業「Redefine Meat」が2020年の商品化を目指して「代替肉専用3Dプリンター」の開発を進めている。
オランダの「National Week Without Meat」に合わせ、「KFC」が期間限定ながら世界唯一の完全ベジタリアン仕様の店舗にすると発表。
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
国連食糧農業機関(FAO)が、増え続ける人口による食糧危機を乗り越えるために注目している「昆虫食」。それが楽しめる自動販売機が熊本に設置されました。
スウェーデンの人気ハンバーガーチェーン「Max Burgers」は、5月末から一部のバーガーのお肉を“植物肉”に変更可能だとしています。自社開発されたもの...
ヒジャブとは、イスラム教徒(ムスリム)女性が「髪の毛を覆い隠す」ためのスカーフ。なぜ着ける必要があるのか? どのような想いで着けているのか? ムスリムのラ...
アウトドアブランド「パタゴニア」の食品事業を担う「パタゴニア プロビジョンズ」から3月26日にスペインの伝統的な漁法で捕獲されたサバを使用した缶詰「サント...
南アフリカ、ケープタウンにオープンした「昆虫食専門レストラン」。ゲテモノではなく、おいしい料理として食べる。そこが新しい。
「Arby's」というファストフード店が、肉でできた野菜「Megetables」を作ることに。
ベジタリアン、ヴィーガン、マクロビアンなど、動物を口にしない食生活が、広く受け入れられるようになってきた今の時代。世間の潮流に逆らうようなグラタンを紹介し...
ニュージーランド航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
欧米を中心に肉の代用となる「植物性ミート」の需要が急速に高まっています。なかでもヘルシーで栄養満点の「大豆ミート」。その利点と使い方について紹介します。
2020年春にオープン予定の昆虫食レストラン「ANTCICADA」。コオロギラーメンのほか、コースで味わう昆虫料理も提供する。