野菜だけで満足させるニュージーランド航空のベジメニュー。地ものオリーブオイルが決め手!

機内食をもっと楽しみたい!

旅先へと向かう高揚感を引き上げるのに、いかに空の上の食事を満喫するかも重要なファクター。では? 有名シェフとのコラボにご当地メニューなど、百花繚乱の機内食ですが、あえて推すのは航空会社ごとに用意された特別機内食。

たとえばニュージーランド航空なら、こんな使い方はいかがでしょう。上質な南半球のワインと合わせる野菜のおかず。

©ニュージーランド航空

モダンで独創的なアレンジを加えた機内食に定評のある同社ですが、ベジタリアン食においてもそのテイストが随所に。

写真は「ベジタリアンメニュー」の一例。オリーブオイル付き。ちょっとしたところですが、こうしたご当地の特産品が機内食に登場するのも嬉しい!

新鮮野菜にかけてもいいし、クロワッサン、全粒粉パン、レーズンパンなど種類豊富でおいしいパンにつけて食べるのもあり。これをニュージーランド産ワインと合わせれば、普段の機内食にはないスペシャルなペアリングの完成です。

新鮮な肉や魚は地上に降り立ってから。人口に占めるベジタリアンが多いことでも知られるこの国の菜食を存分に楽しむのが正解です。

代替肉を使ったベジバーガー!

©ニュージーランド航空

ちなみに、特別食ではないもののニュージーランド航空にはこんなベジバーガーも。

昨年7月、一部路線のビジネス・プレミアで初めて提供された「インポッシブル・バーガー」。航空会社として初めて植物性の原料を用いた代替肉を使用して作られたもので、現在はサンフランシスコ-オークランド間で提供されています(2019年6月まで)。

機内における
最適なワインセレクション

機内食の味を引き立てるお酒といえば、ワインをおいて他にありません。地上に比べ低湿度、高高度における最適なワインのセレクトには、各航空会社ともソムリエやワイン評論家をアドバイザーに迎え選定を行っています。

受賞歴のあるワインを取り揃えるだけでなく、気圧が低い機内でも飲みやすいよう配慮されたスパークリングワインなど、多いところでは80種近くの銘柄を揃えるエアラインも。

ちなみにニュージーランド航空の場合、国際的評価の高いワイン評論家をコンサルタントに迎え、ブラインド・テイスティングによって決定するワイン審査会を独自に設けています。

新世界ワイン産地のひとつとして、近年注目度の高いニュージーランド産ワイン。南島のマールボロー地区で栽培されるソーヴィニヨン・ブランは世界的に評価が高く、数々の賞を受賞。どれにしようか迷ったときはぜひ。

また、ビジネス・プレミアでは、毎年上質のワインを評価し紹介する「ニュージーランド産 優良ワイン(Fine Wines of New Zealand)」に選出されたワインを機内でも提供しています。ワイン有数産地の航空路線を利用する際は、機内食とのペアリングも楽しみのひとつですね。

※特別食はどれも事前申し込みが必須。利用便出発の24時間前までのオーダーを忘れずに。
※写真はイメージです。

Top image: © ニュージーランド航空
他の記事を見る
ANAの特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
登山道がクローズする約1週間後の11月2日に、ウルル周辺でオペラが開催される予定。主催者側によるとチケットは既に完売したとのこと。注目度の高さから、今後こ...
安くて近くて直行便もでている、韓国・大邱(テグ)。街の屋台をめぐると、手軽で美味なるフードが盛りだくさん。
僕が生まれた国のイメージを日本人に聞いてみると「英国紳士」「エリザベス女王」といった回答のほかに、しばしば「ご飯がまずい」と返ってきます。正直、これには毎...
ソウルじゃなくて、釜山でもなくて、第三の都市・大邸(テグ)。ここは甘党向けです。
目度が高まる韓国第三の都市、大邱(テグ)。この街には「麻薬パン」と言う名物があります!
ファーストクラスのアメニティを集めました。第一回はルフトハンザドイツ航空です。
ファラーズのトフィー&ファッジは、1840年に生まれた歴史のある味で、甘みと独特な風味が特徴。エリザベス女王にも長年親しまれていたというお菓子です。
外国に行って複数の都市を豪華客船で巡る「海外クルーズ」をオーストラリアでしてきたんですが、思い出としては「ロイヤルな英国旅!?」をしてきたって感じ。
1854年創業のフランス流紅茶専門店マリアージュ フレールのウェディングコレクションにある、紅茶と、紅茶のジャムがセットになった贈りものです。
ルフトハンザドイツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
エミレーツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
スイスエアの特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
ニュージーランド航空の機内安全ビデオの新作。今回のビデオには地元のミュージシャンが出演し、ラップを披露。アップテンポなノリにつられてついつい最後まで見ちゃ...
「airKitchen Plus」は、ヴィーガンやベジタリアンの外国人旅行者が、日本で登録されているホストのお家で日本食の作り方を学び食事ができるというも...
ユナイテッド航空が、ビジネスクラスで提供する機内食を作り続けたシェフによる、40種類の料理のレシピ本を販売開始。
オリーブオイルソムリエの阪田友也さんをお招きして、オリーブオイルのワークショップを開催します。
空の旅、万一の際に備えてちゃんと見ておきたいところなのが「機内安全ビデオ」。だけど、あまりに単調な内容にほとんどの人が画面から目が離れてしまっているのが現...
オリーブオイルソムリエの阪田友也さんをお招きして、オリーブオイルワークショップを開催しました。今回はトムさんセレクトの3つのタイプの違うオイル(ライト、ミ...
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
La Petite Epicerie(ラ プティット エピスリー)のオリーブオイル缶です。光による酸化を防ぎ、よりおいしさが長持ちに。素材や製法にこだわっ...
飛行機という限られた空間を快適にしてくれる便利グッズは旅のお供にいかがでしょう?ロールヘッドを手首や耳の裏などにひと塗りするだけでリラックスタイムになる「...
普段何も考えずにつくっていたドレッシング。調味料を加える順番があるって知ってました?
4月28日、エティハド航空が機内のモニターの設置を廃止すると発表しました。
どれだけ胸が高鳴る海外旅行とはいえ、エコノミークラスの座席で10時間を超えるフライトは、やっぱりしんどい。でも、ビジネスクラスの金額は出せないけれど、横に...
アンチエイジングや生活習慣病予防など、健康効果も注目され日本に定着したオリーブオイル。ですが、生産量となるとどうでしょう?日本のオリーブオイル消費量は年間...
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
オリーブオイルとハーブさえあれば、どれだけ普通のチーズであっても魅力的なアペタイザーに。秘密は「マリネ」にありました。
日本語の「もったいない」の精神は、今や世界中で意識されるものになりつつあります。農林水産相によれば、世界で毎年13億トンもの食料が廃棄され、これは生産量の...