隣座席に遠慮なく、こっそり「アロマ時間」を楽しむマスク

目的地までの空の上。飛行機という限られた空間を快適にしてくれる、見栄えからスマートな便利グッズは旅のお供にいかがでしょう?

怪しいけどマスクを叩くのは安らぎのため

フライト中の乾燥対策に誰もが持ち込むのがマスク。必需品だからこそ、機能とともに香りをプラスした「ほんのりハーブが香るマスク」でアロマな空旅の始まりです。

使うときはパシッと叩いてマスク内側のマイクロカプセルを弾けさせる。香りが薄くなったらもうひと叩き。香りはローズ、ラベンダー、グレープフルーツの3種類。どんな人が隣に座るのかわからないからこそ、乾燥、ウィルス対策だけでなく匂いについても万全にしておきたいもの。

口元がゆったりしているのも眠るときにありがたい。長時間フライトでの使用でもソフトタイプの紐で耳側の負担も少ないし、メイクが落ちにくいのも女性にオススメの理由。ピンクやパープルなどマスク自体が色づいているのでちょっとの汚れも目立ちません。

機内での「ないっ!(心の叫び)」を防ぐためにも、パスポートなど絶対になくせないアイテムたちとひとまとめにしておくのが忘れないコツ。

©2019 TABI LABO
©2019 TABI LABO

KOWA「ほんのりハーブが香るマスク」、実勢価格326円(税込)〜。グレープフルーツ、ラベンダー、ローズの通常3種以外にも、期間や数量限定の香りなども要チェック。

Top image: © 2019 TABI LABO
旅のフライトが快適になるヒント!