空港で売ってる「携帯用のカステラ」――空で小腹が空いたら②

©2019 TABI LABO

国内線の短めフライトは基本ドリンクオンリーで何だか物足りない。ちょっと甘いものをつまみたい、しかも確実に美味しくお腹も喜ぶもの。ならば空港でもサクッと手に入るカステラ「フクサヤキューブ」。

1624年創業の福砂屋の職人手作りのカステラが手のひらサイズに。手持ちバッグからそっと出せるサイズで、パッケージの中央をパクッと開けた瞬間、ふわりと甘〜い香り。紙に優しく包まれた2切れのカステラが顔を出します。折りたたみ式の小さな和菓子切が付く心遣いもうれしい。

そっと卵色のカステラを口に運ぶとそのソフトさとしっとりさ……うっとりします。底のザラメのあんばいも本当に絶妙です。

もちろん、機内で食べずともホテルに着いてのほっと一息や旅先の朝食としても底力を発揮。スペイン、ポルトガルから海を渡ってやって来た南蛮菓子カステラはいつだって、旅する人の強い味方なのです。

©2019 TABI LABO
©2019 TABI LABO

季節や地域でパッケージのカラーバリエーションに違いがあるので見つける楽しみもありそうです。
福砂屋「フクサヤキューブ」1個270円(税込)

Top image: © 2019 TABI LABO
旅のフライトが快適になるヒント!

関連する記事

機内食は苦手とか、ドリンクサービスだけの国内線、ってことから単純にお腹が減ったというときまで小腹が助かる空旅に適した携帯フード。ジャンキーなスナックより...
機内食は苦手とか、ドリンクサービスだけの国内線、ってことから単純にお腹が減ったというときまで小腹が助かる空旅に適した携帯フード。有名和菓子ですが、「とらや...
機内食は苦手とか、ドリンクサービスだけの国内線、ってことから単純にお腹が減ったというときまで小腹が助かる空旅に適した携帯フード。自然派食材で作られる「カー...
いったいどこに座るのが正解なのか?座席指定がどんどん有料化されていく昨今。それくらい狙える場所を知っておくだけで、フライトの天国と地獄が分かれます。
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
空の旅も乗り継ぎ時間をどう過ごすかは永遠の課題。そんなとき空港内のグルメな情報があれば、きっとただの待ち時間から、美味しい時間になるはず。
iHerb(アイハーブ)で買える「小腹満たしにちょうどいいスナックバー」を3つご紹介。チョコレートシーソルト味、ブルベリーマフィン味、ハニーアーモンドバタ...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
すでに接種が始まった新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン。しかし、配給されているのは一部の富裕国のみ。こうした状況に、ノルウェーの「ユニ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。