未来の空の旅は、「個々のフライトをパーソナライズ」する?

機内誌を眺めるか、小さなモニターに集中して最新の映画をみるか、もしくはただじっと目を閉じて目的地に到着するのを待つ、とかく空の上は暇を持て余す。そこにここ数年でWi-Fi利用サービスが広がり、アクティビティに少しは幅が広がった印象もある。

だが、このアイデアは、ぼくたちの空の旅のあり方そのものを変えようとしている。

シートだけでなく、
キャビンを自在にレイアウト

未来のフライトは、本当にこんなことになるんだろうか?現実に動き出している“新しい世界観”を共有できるのがこちらの動画。プロジェクト「Fly Transpose」は、旅客機のインテリアを従来のものとはガラリと変えてしまう発想だ。

各航空会社ごとにオリジナリティを打ち出す座席のレイアウトが、クラスごとに発表されてはきたものの、根本の部分はシートの変更でしかない。それは旅客機自体の構造に合わせてシートを配置していたからではないだろうか。

ところが、ここで紹介する次世代型の空の旅は、いちど旅客機という概念を取っ払って考えたほうがはるかに理解しやすい。

貨物機にはめ込む
モジュラータイプの客室

そう、言うなればこれは航空貨物を運ぶ貨物機で乗客を運ぶイメージ。

上の画像は、旅客機の胴体(客室部)をタテに輪切りした状態。これが客室を構成するひとつのモジュールだ。ここに座席やベッド、カウンターなど、目的用途に合わせて好きなように配置し、客室をレイアウトしていくという考え方らしい。

たとえば、こんな感じに。

快眠重視タイプ

プライベートスペース重視タイプ

ラウンジで交流重視タイプ

あとは、ユニットごと貨物機に設置

移動中はできるだけ体を休めたいという利用客ニーズにはベッドルームを、逆に乗客同士で交流できるラウンジやバーカウンターを設置したり、子どもたちが遊べるキッズルームなどを設けることも可能。ユニットごとにレイアウトを変え、利用客のニーズに合わせる一機が完成する。

あとは、各ユニットを空の貨物機内部にはめ込んでいけば、多目的な次世代型の旅客機のできあがり。

個々のフライトを
よりパーソナライズされた体験に

離発着時のシートベルト着用を考えると、まあ当然ながら1旅客機あたりの座席数が圧倒的に減るため、航空会社にしても旅行客にしても、快適性と航空運賃のバランスは悩ましいものになるだろうけれど。

それでも、電車はバスではすでに座席数を減らし、ラグジュアリー感と快適性を高めた移動手段がすでに登場していることを考えても、空の旅の再定義は必然といえば必然なのかもしれない。

Licensed material used with permission by Fly Transpose
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
未来では、性別で人を区別することなく、すべての人をありのまま受け入れる世界が広がっている。そう強く訴えるのは「Wildfang」が制作した動画。今、未来、...
「LA Auto Show's」は、未来の都市と新しい移動手段のデザイン発表の場として、毎年開催されているイベント。2017年のファイナリストのひとつが、...
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、STORMZYの『VOSSI BOP』です。
「Autonomous Travel Suite」は、まだアイデアベースですが、イノベーションアワードを授賞するほど秀逸な移動式ホテル。ドアツードアで移動...
外国に行って複数の都市を豪華客船で巡る「海外クルーズ」をオーストラリアでしてきたんですが、思い出としては「ロイヤルな英国旅!?」をしてきたって感じ。
いったいどこに座るのが正解なのか?座席指定がどんどん有料化されていく昨今。それくらい狙える場所を知っておくだけで、フライトの天国と地獄が分かれます。
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
旅行は楽しみだけど、飛行機の待ち時間は、少し憂鬱。そんなときはハイセンスなバーで一杯いかがでしょうか?今回は「oyster.com」にまとめられていた、世...
空の旅も乗り継ぎ時間をどう過ごすかは永遠の課題。そんなとき空港内のグルメな情報があれば、きっとただの待ち時間から、美味しい時間になるはず。
今や、東南アジアの移動手段で主流になっているのは『Grab』という、マレーシア人の起業家が開発した、ライドシェアサービスのアプリ。存在自体は知っていたけれ...
お客様の中に、「飛行機の窓フェチ」はいらっしゃいますか?
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
「音楽を通して国境を超えた元気な世界を作る」をテーマに掲げて活動する「一般社団法人 日本DJ協会」は12月1日、新たなDJ文化を生み出すべく「DJ検定」を...
南オーストラリアの小さな島「カンガルー島」生まれのスピリッツブランドがワイルドローズマリーを使用した「O GIN」とスパイシーなフレーバーの「WILD G...
8月中旬、「British Airways(ブリティッシュ・エアウェイズ)」は、新たな機内エンターテイメントサービスを開始。乗客がVRヘッドセットを装着し...
機内食は苦手とか、ドリンクサービスだけの国内線、ってことから単純にお腹が減ったというときまで小腹が助かる空旅に適した携帯フード。ジャンキーなスナックより...
2015年に設立した「Wingly」は、パイロットと飛行機に乗りたいと考えている人をつなげるサービスを展開中だ。
「En L'An 2000」は1899年の作品。もともとは様々なアーティストの手によってタバコの箱に描かれた絵だった。日本で言えば明治時代の始め。1900...
空飛ぶクルマの開発を進めるベンチャー企業「スカイリンクテクノロジーズ」が無人航空機(PPD-150)および航空機(PPD-500)の製造について、経済産業...
長い飛行機での移動時間、少しでも眠りたいと思うのは当然のこと。ですが、高度9,000メートルの高さでぐっすりと眠るのはなかなか難しいもの。でも、ご安心。以...