フライト直前に汗を流す「空港フィットネス」にハマりそう

空港での時間のつぶし方を人にたずねると、その選択肢は意外と少ない。カフェやバーで飲んだり食事をするか、免税店を見て回る、もしくは早々に搭乗口へ向かい、タブレットあるいはスマホの画面をただひたすらに眺めるばかり。とくだんアクティビティがあるようでないのが空港という場所。

そこへきて近年、欧米で増えつつあるのが空港内のフィットネスジムだ。

窮屈なシートに収まる前に
ジムで体を動かそう

507a98bb057bf0f957e0fecb18d6883d30a7cd72

フライト時間まで、ないしはトランジットで次の便までかるく1時間。こんなときさっとウェアに着替えてランニングマシーンの上から離陸していく飛行機を眺める…。考えてみればあっても良さそうなものだが、ちゃんとしたジムが併設されている空港は日本では聞いたことがない。

が、フィットネス大国アメリカやカナダでは、2012年ごろより徐々に増え続け、両国で現在200近い空港にジムが設置されているらしく、ご丁寧にどの空港にジムがあるかを調べるサイトまで存在する。

単なる暇つぶし目的や、普段からジム通いの人のためだけでは決してない。これから始まる長旅(しかも自由に体を動かせない窮屈ななかで)に備え、少しでも体を動かしておくことが、きちんと理にかなっているのは言わずもがな。体格の大きな欧米人からしてみれば、狭いシートはぼくら以上にストレスのはずだ。

コンパクトでも
充実のアクティビティ

Ae66ff10f2c1ef7ee83cfc93c18c4d846f68d7c1

では実際、空港施設内のジムがどんなものか、今月オープン予定のボルチモア・ワシントン国際航空内のフィットネスジムを見てみよう。運営する米Roam Fitness社によると、およそ110平方メートルほど確保されるスペースでは、ストレッチやヨガを行うフィットネスゾーンと、エアロバイクやランニングマシーンといった機器を扱うワークアウトゾーンに分かれ、旅行者のニーズに合わせて体を動かすことができるようだ。

写真の通りコンパクトではあるものの、基本的には30分から長くても1時間くらいが利用の目安と思えば、ひと汗かくのには十分かもしれない。

汗をかいた後は
シャワーでさっぱり

599b1706e660238cda678e4a97134bee96b88b89

汗をかいたあとは15分間利用可能な個室シャワーも完備。もちろんバスタオルの貸し出しもあるようなので、ジムを利用するためにわざわざ手荷物にタオルを用意する必要もない。

ちなみにここのジムの場合、年会費600ドル(約6万8,000円)ないしは、月額会員175ドル(約2万円)で使い放題。もしくは1日40ドル(約4,500円)とちょっと高めの設定。数年後には全国26空港に増設を目指しているという。

フライト直前までいい汗をかいておけば、空の長旅のあいだ体を動かすことのできないストレスも少なくなるし、夜のフライト中ずっとぐっすり眠って過ごすことや、時差ぼけが緩和することだって考えられる。世界的にも増えつつある空港内のフィットネスジム、そろそろ日本の空港にお目見えしてもいい時期だと思うんだけど。

Reference:Airport gyms
Licensed material used with permission by Jasmine Hampton

※本記事では、一部加筆訂正を加えております(2017/01/24 11:00)

ドイツ・ミュンヘン空港内にある醸造所兼レンストラン「Airbräu(エアブロイ)」。都市の玄関口である空港に醸造所があるのは、世界でもミュンヘンだけのようです。
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
運動に対するモチベーションって、少しの工夫で、アップするから不思議なんだよな。と考えていたら、「Elite Daily」のライター Georgina Be...
世界第3位に輝くメキシカンサンドウィッチ=トルタをだすお店『TORTAS Frontera(トルタスフロンテア)』。シカゴのオヘア国際空港でオススメです。
ミッドソールには「転売用じゃないよ」、シュータンには「ちゃんと履いてね」などのメッセージが入っています。
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
旅行は楽しみだけど、飛行機の待ち時間は、少し憂鬱。そんなときはハイセンスなバーで一杯いかがでしょうか?今回は「oyster.com」にまとめられていた、世...
マレーシアにあるアジア最大のハブ空港、クアラルンプール国際空港で食べるのは、南ア生まれのチキン料理、辛いけど絶品な「Nando’s(ナンドーズ)」のペリペ...
とにかく人が多いアジア最大クラスサイズの香港国際空港。ちょっと歩けばゆったり過ごせる「鏞記酒家」にて、名物「ローストグース(ガチョウのロースト)」を食します。
年末年始、飛行機に乗り遅れそうになって焦ったりしませんでしたか?たとえば、まだチェックインの最中なのに「フライトまであと5分」という最終の搭乗アナウンスが...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
世界でも3番目に忙しい空港と言われるダラス・フォートワース国際空港。「テキサスきたー!」のイメージ通りな『Cousin's BBQ(カズンズ バーベキュー...
Wi-Fi、飛んでる?いつしか、そんな言葉が海外旅行へ行ったときの決まり文句になりました。とくに、現地に到着してすぐ、空港でインターネットを使いたい人も多...
チェックインカウンターで手荷物を預けたアナタ。身軽になって、いよいよ旅行気分も最高潮。だから、こんなこと考えないかもしれない。預けたカバンがどうやってアナ...
海外から帰ってくると、多かれ少なかれ手元に外貨が残るはず。それを、毎度律儀に両替し直すのは、思いの外ハードルが高い。そもそも硬貨に関しては、両替所でも銀行...
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
大阪の空の玄関口、伊丹空港―。その滑走路から飛び立とうとする飛行機の写真が、ロマンチックすぎる!と大きな話題に。Twitterでは、絵やCGだと思ったとい...
台湾の桃園国際空港を利用するとき、安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのがオススメ! 台湾らしさも感じられます。
クロスフィットは、アメリカで人気のある、日常生活の動きをワークアウトに応用したトレーニングです。ここでは、スポーツライターChelena Goldmanさ...
7月30日、TSA(米運輸保安庁)が新型のX線スキャン装置をアメリカの40ヶ所の空港に試験導入すると発表しました。