フライト直前に汗を流す「空港フィットネス」にハマりそう

空港での時間のつぶし方を人にたずねると、その選択肢は意外と少ない。カフェやバーで飲んだり食事をするか、免税店を見て回る、もしくは早々に搭乗口へ向かい、タブレットあるいはスマホの画面をただひたすらに眺めるばかり。とくだんアクティビティがあるようでないのが空港という場所。

そこへきて近年、欧米で増えつつあるのが空港内のフィットネスジムだ。

窮屈なシートに収まる前に
ジムで体を動かそう

フライト時間まで、ないしはトランジットで次の便までかるく1時間。こんなときさっとウェアに着替えてランニングマシーンの上から離陸していく飛行機を眺める…。考えてみればあっても良さそうなものだが、ちゃんとしたジムが併設されている空港は日本では聞いたことがない。

が、フィットネス大国アメリカやカナダでは、2012年ごろより徐々に増え続け、両国で現在200近い空港にジムが設置されているらしく、ご丁寧にどの空港にジムがあるかを調べるサイトまで存在する。

単なる暇つぶし目的や、普段からジム通いの人のためだけでは決してない。これから始まる長旅(しかも自由に体を動かせない窮屈ななかで)に備え、少しでも体を動かしておくことが、きちんと理にかなっているのは言わずもがな。体格の大きな欧米人からしてみれば、狭いシートはぼくら以上にストレスのはずだ。

コンパクトでも
充実のアクティビティ

では実際、空港施設内のジムがどんなものか、今月オープン予定のボルチモア・ワシントン国際航空内のフィットネスジムを見てみよう。運営する米Roam Fitness社によると、およそ110平方メートルほど確保されるスペースでは、ストレッチやヨガを行うフィットネスゾーンと、エアロバイクやランニングマシーンといった機器を扱うワークアウトゾーンに分かれ、旅行者のニーズに合わせて体を動かすことができるようだ。

写真の通りコンパクトではあるものの、基本的には30分から長くても1時間くらいが利用の目安と思えば、ひと汗かくのには十分かもしれない。

汗をかいた後は
シャワーでさっぱり

汗をかいたあとは15分間利用可能な個室シャワーも完備。もちろんバスタオルの貸し出しもあるようなので、ジムを利用するためにわざわざ手荷物にタオルを用意する必要もない。

ちなみにここのジムの場合、年会費600ドル(約6万8,000円)ないしは、月額会員175ドル(約2万円)で使い放題。もしくは1日40ドル(約4,500円)とちょっと高めの設定。数年後には全国26空港に増設を目指しているという。

フライト直前までいい汗をかいておけば、空の長旅のあいだ体を動かすことのできないストレスも少なくなるし、夜のフライト中ずっとぐっすり眠って過ごすことや、時差ぼけが緩和することだって考えられる。世界的にも増えつつある空港内のフィットネスジム、そろそろ日本の空港にお目見えしてもいい時期だと思うんだけど。

Reference:Airport gyms
Licensed material used with permission by Jasmine Hampton

※本記事では、一部加筆訂正を加えております(2017/01/24 11:00)

空の旅も乗り継ぎ時間をどう過ごすかは永遠の課題。そんなとき空港内のグルメな情報があれば、きっとただの待ち時間から、美味しい時間になるはず。
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
ドイツ・ミュンヘン空港内にある醸造所兼レンストラン「Airbräu(エアブロイ)」。都市の玄関口である空港に醸造所があるのは、世界でもミュンヘンだけのようです。
航空業界調査・格付け会社「SKYTRAX」が、世界の空港ランキング「世界ベスト空港2020(World’s Best Airport in 2020)」を発表。
東京・豊洲の「三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲」に本物の氷を使用した屋外アイススケートリンク「Sea Side アイススケートリンク...
「App in the Air」は、空港で同じ空港内や同じフライトを利用する人同士で繋がれるアプリ。プロフィールを読んで気になった相手には、ダイレクトメッ...
「ワークアウト」とは、体の強さや見た目を向上させるために運動することを意味します。この記事では、トレーニング・エクササイズとの違いやおすすめのワークアウト...
Virgin Holidaysのパッケージツアーを申し込んでいれば、誰でも無料で遊び放題です。
先日、香港国際空港にできた「The Sanctuary by Pure Yoga」。キャセイパシフィック・ラウンジのひとつ「ザ・ピア」のビジネスクラスラウ...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
「niko and ...」から初のコスメラインが登場。服に合わせてメイクも変えられるミニマルサイズなら、毎日のオシャレがもっと楽しくなりそう!
世界第3位に輝くメキシカンサンドウィッチ=トルタをだすお店『TORTAS Frontera(トルタスフロンテア)』。シカゴのオヘア国際空港でオススメです。
カナダに暮らすJahmaul Allenさんは、働いているトロント・ピアソン国際空港でちょっとした有名人なんです。そのワケは飛行機を先導するときにダンスを...
「ワールドエアポートアワード」で、7年連続1位に選ばれているシンガポール・チャンギ国際空港。東南アジアを結ぶハブ空港でのオススメは『Collin's (コ...
アメリカ・ワシントン州のシアトル・タコマ国際空港で試験的に導入されている「ビジターパス」。1日50名までの限定ですが、世界的に広がりそうなシステムです。
運動に対するモチベーションって、少しの工夫で、アップするから不思議なんだよな。と考えていたら、「Elite Daily」のライター Georgina Be...
ニューヨーク市ブルックリンに拠点を置く「CLIP.BIKE Inc」が開発した「CLIP」は、どんな自転車にも電動アシスト機能を加えられるガジェット。20...
「プリングルズ」と「スーパーカップ」がコラボしたカップ焼きそばが登場。一度手を伸ばしたら止められないあの感覚が味わえるとか……。
旅行は楽しみだけど、飛行機の待ち時間は、少し憂鬱。そんなときはハイセンスなバーで一杯いかがでしょうか?今回は「oyster.com」にまとめられていた、世...
「ナイキ」がスタートした自宅でできるワークアウトプログラム「The Living Room Cup」。課されるフィットネスを通じて、ナイキが契約するプロア...
7月30日、TSA(米運輸保安庁)が新型のX線スキャン装置をアメリカの40ヶ所の空港に試験導入すると発表しました。
とにかく人が多いアジア最大クラスサイズの香港国際空港。ちょっと歩けばゆったり過ごせる「鏞記酒家」にて、名物「ローストグース(ガチョウのロースト)」を食します。
海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
通常のウェイトではなく電磁力を応用して負荷を生み出します。