飛行機の窓から偶然見えた「オーロラの輝き」。

ニューヨークからレイキャビクに向かうフライトの途中、窓から外を眺めると、そこに現れたのは光り輝くオーロラの姿。そんな貴重な場面に居合わせたアリエ・ニーレンバーグさんは、三脚をたてて動画の撮影に望みました。

オーロラは、冬に緯度の高い地域を通る場合、比較的見えやすくなると言われています。とはいえ、うっとりするような色合いのオーロラを見られるのは貴重なことでしょう。

「Jukin Media」で紹介されたこの動画は、2016年12月31日のデルタ航空446便で撮影されたもの。そのほかに、ノルウェー・エアシャトルのオスロ発トロムソ行きの便からオーロラが見えたというニュースもありました。こうした地域を通りかかる際には、いつもより少しだけ窓に注意してみましょう。思いがけない景色に出合うことがあるかもしれません。

Licensed material used with permission by Jukin Media
2019年1月31日からニューヨーク発ボストン、ダラス行きで運行が開始される、デルタ航空のエアバスA220-100型機。トイレに窓があり、快適な空の旅が楽...
お客様の中に、「飛行機の窓フェチ」はいらっしゃいますか?
1月の気温がマイナス20度くらいになるフィンランド・ロヴァニエミで体験できる「オーロラ鑑賞アクティビティ」です。
シンガポールのNanyang Technological Universityが開発したデバイスは、アクティブノイズキャンセリング機能があり、窓に取り付け...
「Airbnb」はバレンタインデーに向けて、イタリアのヴェローナにあるジュリエットの家「カーサジュリエット」に宿泊できる特別なプランを発表した。滞在中は専...