飛行機からオーロラを見る方法

オーロラを見ると人生が変わるなんて聞いたことがありますが、一度はオーロラって見てみたいですよね。フィンランドはオーロラが見られることで知られている国ですが、行けば見られるってもんじゃないんです。オーロラは自然のものなのでコントロールは利かないし、予想もできません。オーロラが見られるか否かは、とにかく運。フィンランドでオーロラツアーに参加しても見えなかったり、雲みたいなイマイチなオーロラでがっくししながら、日本に帰るわけですが……。

ちょっと待った!そこにオーロラチャンスが!

実はヘルシンキから日本へ帰る夕方便で、オーロラが見られるラストチャンスが待っています。オーロラが見られる条件は、①太陽活動が活発で、②雲がない空で、③暗闇であること。飛行機の上であれば、②と③はクリアしているのです。なのでオーロラが見られる可能性があります。

アドバイス①

オーロラは北極圏側に出るので、飛行機の座席は進行方向「左側」の窓際を確保。翼の上の席はよく見えないので後方の座席が◎。

©岩田リョウコ

アドバイス②

最初の機内食を食べ終わったあとくらいがオーロラタイム。ごはんを食べ終わると機内が暗くなり、寝る準備に入りますが、寝るのはもう少し我慢しましょう。

©岩田リョウコ

アドバイス③

ちょっとあやしげですが、毛布を頭からかぶって窓を覆いながら外を見ましょう。機内の光が窓に映ると見えにくいからです。

©岩田リョウコ

わたしもフィンランド国内では見られなかったオーロラをこの方法で見たことがあります。ゆらゆらと夜空にひらめくオーロラを横から見られるのは飛行機ならではの経験でした。そんなわたしのフィンランド旅の経験がいっぱい詰まった『週末フィンランド』はオーロラ旅、サウナ旅、そして失敗談から感動話まで楽しめる本になっています。

Top image: © 岩田リョウコ