オーロラを眺めながらサウナなんてズルい

夜になれば、たくさんの星が輝く空を部屋から眺められる。運が良ければ、オーロラを観測できる可能性もあるらしい。

一生記憶にとどめておきたい神秘的な景色を望めるホテル「Arctic Bath」は、スウェーデンならではの文化も体感できる。

最先端の建築で
ローカル文化を体感する

Image byJohan Kauppi

スウェーデン北部のハラッズにオープン予定の「Arctic Bath」は、鳥の巣のようなカタチをした施設になる。

発祥はフィンランドだけど、隣国のスウェーデンでも広く普及しているサウナも設置されるようだ。そして、水風呂の代わりになるのが、施設の真ん中にある川の水を利用した大きなプール。

体を冷ましたあとは、スウェーデンの自然を感じる外気浴でリラックスもできるだろう。

Image byJohan Kauppi

ホテルの外観にも、土着文化が取り入れられている。

ハラッズでは、かつて切り倒した木を川に流して運送していたそう。大きな材木を運ぶ先人の知恵なのだが、ときに川の流れにより木々が重なってしまい、鳥の巣のようになることがあったのだとか。

「Arctic Bath」のデザインは、この状況を思い起こさせるようになっている。

昨今、旅に求めるのはローカル体験という流れがあり、民泊が注目されている。最先端の建築にも土着文化に馴染めるような工夫がほどこされている。

スウェーデンの文化を体に感じながら眺めるオーロラや輝く星は、また異なる体験をもたらしてくれそうだ。

Licensed material used with permission by Arctic Bath
近年はサウナやオーガニック料理に気を取られがちですが、いえいえやっぱりフィンランドではオーロラを忘れてはいけません。
エストニアで生まれた「SaunAudi」。名前から想像できると思いますが、アウディをサウナみたく改造しているんです。
1月の気温がマイナス20度くらいになるフィンランド・ロヴァニエミで体験できる「オーロラ鑑賞アクティビティ」です。
サウナに行けず、そろそろ“禁断症状”が出ているサウナーも少なくないはず。そこで、「自宅でととのう方法」をご紹介。
「ユニクロ」の柳井正財団のサポートを受け「スタンフォード国際異文化教育プログラム(SPICE)」が毎年開講している「スタンフォードe-Japan」。毎年春...
いまさら聞けないサウナの基礎知識やサウナの種類、効果やメリット、正しい入り方まで、医学的な視点を交ながら解説!サウナは痩せるの?「ととのう」とはどういう感...
一口にサウナと言っても施設ごとに個性があります。今回は都内在住のサウナーが、心からオススメする「東京都内のサウナ5選」をそれぞれの特徴や魅力を交えて紹介。...
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、パフォーマンスを最大化するための医学的に正しいサウナの入り方について教えてもらった。
「マインドフルネス」の最前線。川原や海辺、プールサイドやフェス会場などに持ち込むことのできる「テントサウナ」。近年のサウナブームのなかにありながら、独自の...
スウェーデンのラップランドにオープンした“川に浮かぶ”リゾート施設「Arctic Bath」は、北欧らしくシンプルで洗練されたエクステリア&インテリアが自...
9月25日〜10月31日、上海にておこなわれているコンピューターゲーム「リーグ・オブ・レジェンド(LoL)」の世界大会に合わせて、「Nike」がブランド初...
サウナに関する研究を進め、医学的効能をより詳しく明らかにし、人々の健康増進に役立てる。さらには、研究成果を社会にわかりやすく発信し、適切なサウナ利用に向け...
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、巷であれこれ語られるサウナの効果・効能の真偽をハッキリさせるべく疑問をぶつけた。
この夏、サウナーの話題を独占した「8HOTEL CHIGASAKI」のサウナを取材。
『週末フィンランド』の著者・岩田リョウコが女性目線でオススメする「サウナ5選」を紹介します。ちょっと疲れたら一番近いヨーロッパ・フィンランドへ「サウナ旅」...
木の上につくられていている「Treehotel」は、見た目が鳥の巣やUFOのようだったり様々。泊まっても見ていてもワクワクします。
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんに「塊根植物の正しい育て方」を聞いた。
10月8日、「Nike」が「死者の日(Dia de Muertos)」をテーマにしたコレクションを発表。日本での発売は10月27日より。一部のNike販売...
おなじみの加藤容崇医師に、withコロナ時代のサウナ利用において注意すべき点を聞いた。
ノルウェーのトロムソにあるロッジ「Volda Floating Home」。1960年代のフェリーを改装していて、中はまるで広々とした家のよう。ゆっくりオ...
奈良県奥大和地方、山添村。竹林に囲まれた自然と一体になれるサウナが「ume,sauna」だ。
2020年も多くのサウナ施設が登場し、“ととのい”を愛する者たちをざわつかせた。今年オープンした(リニューアルを含む)最旬の5つの施設を紹介。
「寺サウナ」は、“アウトドアの薪テントサウナ”と“お寺での瞑想”を掛け合わせることで、史上最高のマインドフルネス空間を実現するサウナイベント。
サウナーにおすすめしたい東京の「極上サウナ」をご紹介します。たまには時間を忘れて、のんびり、リラックス。サウナと水風呂で身体と心をさっぱり整えましょう。