オーロラを眺めながらサウナなんてズルい

夜になれば、たくさんの星が輝く空を部屋から眺められる。運が良ければ、オーロラを観測できる可能性もあるらしい。

一生記憶にとどめておきたい神秘的な景色を望めるホテル「Arctic Bath」は、スウェーデンならではの文化も体感できる。

最先端の建築で
ローカル文化を体感する

Image byJohan Kauppi

スウェーデン北部のハラッズにオープン予定の「Arctic Bath」は、鳥の巣のようなカタチをした施設になる。

発祥はフィンランドだけど、隣国のスウェーデンでも広く普及しているサウナも設置されるようだ。そして、水風呂の代わりになるのが、施設の真ん中にある川の水を利用した大きなプール。

体を冷ましたあとは、スウェーデンの自然を感じる外気浴でリラックスもできるだろう。

Image byJohan Kauppi

ホテルの外観にも、土着文化が取り入れられている。

ハラッズでは、かつて切り倒した木を川に流して運送していたそう。大きな材木を運ぶ先人の知恵なのだが、ときに川の流れにより木々が重なってしまい、鳥の巣のようになることがあったのだとか。

「Arctic Bath」のデザインは、この状況を思い起こさせるようになっている。

昨今、旅に求めるのはローカル体験という流れがあり、民泊が注目されている。最先端の建築にも土着文化に馴染めるような工夫がほどこされている。

スウェーデンの文化を体に感じながら眺めるオーロラや輝く星は、また異なる体験をもたらしてくれそうだ。

Licensed material used with permission by Arctic Bath
エストニアで生まれた「SaunAudi」。名前から想像できると思いますが、アウディをサウナみたく改造しているんです。
一口にサウナと言っても施設ごとに個性があります。
近年はサウナやオーガニック料理に気を取られがちですが、いえいえやっぱりフィンランドではオーロラを忘れてはいけません。
「マインドフルネス」の最前線。川原や海辺、プールサイドやフェス会場などに持ち込むことのできる「テントサウナ」。近年のサウナブームのなかにありながら、独自の...
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...