フィヨルドに浮く「家でオーロラ鑑賞」気分なトロムソのロッジ

神秘的な輝きを放つオーロラ。人生で一度は見てみたいという人も多いのではないでしょうか?そんな人におすすめしたいのが、ノルウェーのトロムソにあるロッジ「Volda Floating Home」。

1960年代のフェリーを改装したこのロッジ、中はまるで広々とした家のよう。リビングやシャワー、ベッドなどが完備されているのはもちろん、船内の至るところに大きな窓が設置されているので、どこにいてもオーロラ鑑賞ができます。

オーロラを見るとなると、遠くへ足を運び、極寒の地で空を見上げるというイメージが拭えませんが、ここなら快適な鑑賞が保証されていますね。ノルウェーは、真夏でも夜は冷えるからありがたい。

ちなみに、トロムソは地産地消のシーフードレストランや洒落たカフェもある、のんびりとした雰囲気が漂う町。オーロラと観光の両方を求める旅人に人気です。必ずしも毎日オーロラを見ることができるわけではないのですが、この町のこのロッジでなら、楽しい滞在ができそう。

©2018Volda Floating Home
©2018Volda Floating Home
©2018Volda Floating Home
Reference: Off the Map
Top image: © 2018Volda Floating Home
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

1月の気温がマイナス20度くらいになるフィンランド・ロヴァニエミで体験できる「オーロラ鑑賞アクティビティ」です。
北欧諸国の共同観光協会が、オーロラの名付け親になれるキャンペーンをおこなっている。特設ウェブサイトで公募しており、誰でも名前とその由来を手軽に記入できる。
スペイン人のアクロバティックパラグライダー、オラシオ・ジョレンスは、その光景を目の当たりにして、こう思ったそうです。「今まで世界中の空を飛んできた。けど、...
ニューヨークからレイキャビクに向かうフライトの途中、窓から外を眺めると、そこに現れたのは光り輝くオーロラの姿。そんな貴重な場面に居合わせたアリエ・ニーレン...
オーストラリア発、いま世界が注目する紫色したワイン「パープル・レイン(Purple Reign)」
2015年12月21日未明、北海道の一部の地域でオーロラが観測されました。日本でオーロラ?いまいち、しっくりこないかもしれません。ところが、道内では今年に...
クラフトビールのサブスク「オトモニ」がヨーロッパ中のクラフトビールを楽しみながら海外旅行気分が味わえる「ビアトリップセット~ヨーロッパ編~」を発売。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
キノコは干すことで栄養価が格段にUPします。そして香りも!
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...