ブルーラグーンとオーロラ以外の「アイスランド」を知りたい人へ

アイスランドに行ったら、昼間はブルーラグーン、夜はオーロラ観測へ出かけましょう!……なんて優等生すぎる観光情報は、もうお腹いっぱい。そう感じている人は、決して自分だけではないはずです。

しかし、ここで紹介する「Elite Daily」の記事には、多くの媒体で語られ尽くした感のある、それら以外の魅力もたくさん。まずは、何を食べるべきかから見ていきましょう。正直言って、この食べ物にアイスランドのイメージはなかったかも(でも、確かに寒い中で食べると美味しいだろうな……)。

01.
元米大統領が愛した
「ホットドッグ」

C1b11d0a1a3262eb339611e7113867fa390516a5
Photo by istoc.com/Sarah Bossert

首都・レイキャヴィークにある「Bæjarins Beztu Pylsur」は、同国でもっとも有名なホットドッグスタンドと言っても過言ではありません。その美味しさはビル・クリントン元アメリカ合衆国大統領が何度も足を運んだほど。

02.
アイスランドセーターを着て
現地に溶け込む

ウールのセーターは、多くのアイスランド人が着用しているもの。購入して着こなせば、現地の人たちに溶け込むことができるでしょう。レイキャビークのKolaportið flea marketでお気に入りの一着を探してみては?

03.
「地球の割れ目」で
シュノーケリング!

44356b4cec6ad534f632b661f21d113008611e20

シンクヴェトリル国立公園内の「シルフラ」。実はここ、ユーラシアプレートと北米プレートのちょうど狭間にあたる部分にある「地球の割れ目」なんです!

04.
はしご酒勝負

お酒が大好きなアイスランド人。若者の週末の楽しみは、「rúntur」と呼ばれるパブ巡り。そんな彼らに気合で対抗してみて。

05.
滝と虹のコラボレーション

288faffdb9b4a36e1c60cd42919b94213344b6f6

スコガフォスの滝」は、晴れたときには綺麗な虹がかかる絶景スポット。

06.
キュートすぎる
「ツノメドリ」

アイスランド最南端の村、ヴィークの海岸に行って探してみましょう。もし、見つからなければ、お土産屋さんでぬいぐるみを買うのです……。

07.
日本でいう納豆!?
発酵したサメ肉に挑戦

6a3144ff531be4ac297a3dde35b710d123ae0749

「ハカール」と呼ばれるサメ肉を発酵させたアイスランドの国民食。とんでもない臭いを放つこの料理にトライ!

08.
現地の音楽祭に参加

ビョークやシガー・ロス、オブ・モンスターズ・アンド・メンなど、クールなアーティストを輩出してきたアイスランド。そんな同国では、11月上旬に開催される「Iceland Airwaves」という音楽フェスが大人気。

09.
この世でもっとも
スタイリッシュな馬

723170f3238ba5c4f16d643b1714fa188bf1e60c

世界でもっとも優雅な馬、アイスランド・ホース。もし見かけたら、ぜひとも撫でてみて。

10.
映画のロケ地で
登場人物になりきる

『007 ダイ・アナザー・デイ』や『プロメテウス』などの作品が、アイスランドで撮影されました。ロケ地を訪れる独自のプランを考えて、映画のキャラクターになりきるのも面白い?

11.
「暗黒の死」という名の酒

ブレニヴィンとは、アルコール度数40%の、穀類を蒸留して造られる酒。またの名を「Black Death」といいます。前述のハカールとセットで出されることが多い。

Licensed material used with permission by Elite Daily
アイスランド語は、発音や活用が複雑なことから「世界で一番難しい言語」と言われることも。もっとアイスランドの言葉に慣れ親しんでほしいと考えた観光局が作ったの...
氷と炎の国と形容される「アイスランド」は、火山活動や地熱活動が活発な国。ゆえにホットスパ(つまりは温泉)が国のいたるところにあるんです。ブルーラグーンやレ...
8年以上もタイムラプスを撮影しているMartin Heckさん。「100 Hours in Iceland」と題された彼のビデオには、たくさんのアイスラン...
BBQやキャンプ料理といった“アウトドアごはん”についてまわる、面倒な「食器洗い問題」。そんな憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれる、アウトドア視点の素敵なアイ...
すりおろしたチーズ、スプーンいっぱいのサワークリーム、そしてピリッとしたシャープさを加えてくれる玉ねぎのピクルスを添えて。
夜になれば、多くの星が輝く空を眺められる。運が良ければ、オーロラを観測できる可能性もあるらしい。神秘的な景色を望めるホテル「Arctic Bath」は、ス...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
2015年12月21日未明、北海道の一部の地域でオーロラが観測されました。日本でオーロラ?いまいち、しっくりこないかもしれません。ところが、道内では今年に...
人生のうちで一度はオーロラを生で見てみたい。そんな人も多いのではないでしょうか。でも「行くまでに過酷なんでしょ?」「ずっと外で待っててもオーロラが出なかっ...
「オーロラを見るたびに、魔法のチカラを感じるんだ」。その美しさに魂を奪われたJuusoHDは、“オーロラの姿”を追い求め多くの幻想的な写真を生み出している...
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
まるで吸い込まれそうなほど美しい、オーロラ。でもじつはこれ「Borealis(ボレアリス)」と呼ばれる、人工で作られたものなんです。本物のオーロラは、アラ...
ニューヨークからレイキャビクに向かうフライトの途中、窓から外を眺めると、そこに現れたのは光り輝くオーロラの姿。そんな貴重な場面に居合わせたアリエ・ニーレン...
近年はサウナやオーガニック料理に気を取られがちですが、いえいえやっぱりフィンランドではオーロラを忘れてはいけません。
アイスランドの森深くにユニークなホテルがある。それが、全面透けるビニールのような膜で覆われた『The 5 Million Star Hotel』だ。5百万...
2016年6月30日にNASAが公開した、とある映像。映し出されているのは、木星と揺らめく青い光──、そうオーロラです。実はいま、わずか13秒のこの動画が...
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
カレとの距離を縮める一番のコツは非日常的な環境に身を置くこと。つまり一緒に旅に出ることです。「Elite Daily」ライターのRachel Shatto...
アイスランド、アメリカ、ペルーなど、これまで24ヶ国の絶景を撮り続けたTerrenceは、世界を旅するフォトグラファー。どこへ行くにも彼女であるVicto...
今から紹介するホテルを誰よりも一番オススメしたいのは、現実逃避したい人。現実からの逃亡先にぴったりなんです。それは、ノルウェーの北極圏の島Fleinvae...
スペイン人のアクロバティックパラグライダー、オラシオ・ジョレンスは、その光景を目の当たりにして、こう思ったそうです。「今まで世界中の空を飛んできた。けど、...
フォトグラファーのMikko Lagerstedtさんが捉えるのは、地元フィンランドとアイスランドの自然。実際の景色とは思えないほどの美しさ、とくとご覧あ...
地上から約400kmの上空に建設された国際宇宙ステーション(ISS)。この巨大な有人実験施設から、地球の表面に漂うオーロラを捉えた映像をNASAが公開した...