これが、世界に通用する「天体写真」だ。

プロ・アマチュア関係なく、世界中から約4,000もの応募があった「INSIGHT ASTRONOMY PHOTOGRAPHER OF THE YEAR」は、世界最大級の天体写真コンテスト。

2017年のエントリー作品の中から、銀河や月と並んで「人と宇宙」というカテゴリーがあったので、そのなかからいくつか紹介したいと思います。僻地だけでなく、日常からさほど離れていない場で撮影された、宇宙の様子が楽しめます。

角度を変えて、覗いてみる

「Auroral Crown」/ Yulia Zhulikova
ロシア,ムルマンスク

「Hustle and Peaceful」/ Prisca Law 
香港,ビクトリア・ピーク

「A Battle We Are Losing」/ Haitong Yu
北京,中国

「The Blue Hour」/ Tommy Eliassen
ノルウェー,ヌールラン

「Crescent Moon over the Needles」/ Ainsley Bennett
イギリス,ワイト島

「The Road Back Home」/ Ruslan Merzlyakov
スウェーデン

「Ignite the Lights」/ Nicolas Alexander Otto

ノルウェー,ヌールラン

9月14日に優秀作品が発表されるので、気になる人は「ROYAL MUSEUM REENWICH」のHPをチェックしてみてください。

Licensed material used with permission by Royal Museums Greenwich
Appleが、iPhoneで撮影された写真から10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
見始めたら最後、写真を探す手が止まらなくなる!
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!