これが、世界に通用する「天体写真」だ。

プロ・アマチュア関係なく、世界中から約4,000もの応募があった「INSIGHT ASTRONOMY PHOTOGRAPHER OF THE YEAR」は、世界最大級の天体写真コンテスト。

2017年のエントリー作品の中から、銀河や月と並んで「人と宇宙」というカテゴリーがあったので、そのなかからいくつか紹介したいと思います。僻地だけでなく、日常からさほど離れていない場で撮影された、宇宙の様子が楽しめます。

角度を変えて、覗いてみる

「Auroral Crown」/ Yulia Zhulikova
ロシア,ムルマンスク

「Hustle and Peaceful」/ Prisca Law 
香港,ビクトリア・ピーク

「A Battle We Are Losing」/ Haitong Yu
北京,中国

「The Blue Hour」/ Tommy Eliassen
ノルウェー,ヌールラン

「Crescent Moon over the Needles」/ Ainsley Bennett
イギリス,ワイト島

「The Road Back Home」/ Ruslan Merzlyakov
スウェーデン

「Ignite the Lights」/ Nicolas Alexander Otto

ノルウェー,ヌールラン

9月14日に優秀作品が発表されるので、気になる人は「ROYAL MUSEUM REENWICH」のHPをチェックしてみてください。

Licensed material used with permission by Royal Museums Greenwich
Appleが、iPhoneで撮影された写真から10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。
国際的な風景写真コンテスト「International Landscape Photographer of the Year」は2019年度の受賞者を発表...
観測衛星や惑星探査機、宇宙望遠鏡など「NASA」の最先端技術によってとらえた雄大な天体写真を集めた展覧会「138億光年 宇宙の旅」が「東京写真美術館」で開...
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
今年1月「ルイ・ヴィトン」からデビューした新作は、美しくラグジュアリーでありつつも、メゾンの創作物に対する姿勢が伝わってくる。
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
見始めたら最後、写真を探す手が止まらなくなる!
イギリス人写真家のLloyd Evans。彼の作品が注目される最大の理由は、劇場の照明デザイナーという専門スキルをもつフォトグラファーだからと言えるでしょう。
「オーロラを見るたびに、魔法のチカラを感じるんだ」。その美しさに魂を奪われたJuusoHDは、“オーロラの姿”を追い求め多くの幻想的な写真を生み出している...
今この瞬間、カメラを持っていれば……って思うこと、ありません? この4枚は、そんな風景を撮影した写真が集まるサイト「FIND/47」にアップされたもの。
オウムアムアは「高度な地球外文明によって太陽系に送り込まれたエイリアンの探査機」。米ハーバード大学教授が新著を発表。
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...
画像編集ソフト×ポートレートって、見た目の美を追求するために使われることがほとんど。でも、昨年展開されたAdobeによる「The Future Is Yo...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
花火の夢の意味とは?花火の夢について、登場人物、シチュエーション別に夢占いの専門家が解説します。
フレグランスカプセルが入ったマスク用のノーズパッド「Petitnina nosepad」(プチニーナ ノーズパッド)」が、2月6日(土)までクラウドファン...
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
世界的な権威を持つファッション雑誌のイタリア版『VOGUE ITALIA』は、2020年最初に刊行する1月号において「写真を使用しない」と発表。今月号では...
2015年12月21日未明、北海道の一部の地域でオーロラが観測されました。日本でオーロラ?いまいち、しっくりこないかもしれません。ところが、道内では今年に...