これが、世界に通用する「天体写真」だ。

プロ・アマチュア関係なく、世界中から約4,000もの応募があった「INSIGHT ASTRONOMY PHOTOGRAPHER OF THE YEAR」は、世界最大級の天体写真コンテスト。

2017年のエントリー作品の中から、銀河や月と並んで「人と宇宙」というカテゴリーがあったので、そのなかからいくつか紹介したいと思います。僻地だけでなく、日常からさほど離れていない場で撮影された、宇宙の様子が楽しめます。

角度を変えて、覗いてみる

207c02b19bbb69322c7783ad955aa8304bdf601e

「Auroral Crown」/ Yulia Zhulikova
ロシア,ムルマンスク

14c696d9930d2c858ddefa8e18daef8b76cc5bbe

「Hustle and Peaceful」/ Prisca Law 
香港,ビクトリア・ピーク

3312230bc6bfebe790c087482e10c05dfd9fe4de

「A Battle We Are Losing」/ Haitong Yu
北京,中国

1b7e881c27f0cdaeb89ba8f937b24283c1efc1e0

「The Blue Hour」/ Tommy Eliassen
ノルウェー,ヌールラン

4a82b9013e869506c5869131c1c9fb62a26219c1

「Crescent Moon over the Needles」/ Ainsley Bennett
イギリス,ワイト島

Ff8467f90d6172255363a39d80bb05501a7472c8

「The Road Back Home」/ Ruslan Merzlyakov
スウェーデン

73ebd2e3aa86d0aa4a0b3996686b1e06d3dfe3f8

「Ignite the Lights」/ Nicolas Alexander Otto

ノルウェー,ヌールラン

9月14日に優秀作品が発表されるので、気になる人は「ROYAL MUSEUM REENWICH」のHPをチェックしてみてください。

Licensed material used with permission by Royal Museums Greenwich
「オーロラを見るたびに、魔法のチカラを感じるんだ」。その美しさに魂を奪われたJuusoHDは、“オーロラの姿”を追い求め多くの幻想的な写真を生み出している...
2015年12月21日未明、北海道の一部の地域でオーロラが観測されました。日本でオーロラ?いまいち、しっくりこないかもしれません。ところが、道内では今年に...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
北海道から沖縄まで47都道府県を写真で繋ぐ日本地図。全国津々浦々にある風景や情緒を海外の人に感じてもらい、よく知ってもらおう。経産省によって公開されたwe...
2年前に仕事を辞めて、世界へ旅立ったカップルは、40ヶ国に訪問して14,000枚以上の写真を撮影したそうだ。帰国後、写真をチェックしていたところ、異なる国...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
25年間、ずっとモノクロ写真を撮り続けてきたJason M. Petersonさん。5年前から写真を公開し始めて、今やインスタのフォロワー数は100万人越...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
ブリュッセル在住のEric Lafforgueが撮影したのは、何かと謎の多い“北朝鮮の日常”。彼が捉えるのは、日々の何気ない光景のように思います。しかし、...
この宇宙には、いったいどれだけの銀河が存在しているのか。その答えを解明すべく、銀河の“国勢調査”ならぬ大規模な調査研究が定期的に行われているようです。その...
被写体にしたのはきっと、"日本の春色"。モスクワの写真家、Kristina Makeevaさんの作品に目を奪われてしまうのは、一度見たら忘れられなくなるく...
疲れがピークになった週末こそ、こういう写真に心癒される──。
一般の人がなかなか目にすることができない科学研究施設や産業、インフラの現場ーー。そんな“立入禁止の向こう側”を切り取った写真展が開催されていることを...
ロンドン自然史博物館が主催する自然写真コンテストの世界最高峰「Wildlife Photographer of the Year」が、2015年の受賞作品...
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...