これが、世界に通用する「天体写真」だ。

プロ・アマチュア関係なく、世界中から約4,000もの応募があった「INSIGHT ASTRONOMY PHOTOGRAPHER OF THE YEAR」は、世界最大級の天体写真コンテスト。

2017年のエントリー作品の中から、銀河や月と並んで「人と宇宙」というカテゴリーがあったので、そのなかからいくつか紹介したいと思います。僻地だけでなく、日常からさほど離れていない場で撮影された、宇宙の様子が楽しめます。

角度を変えて、覗いてみる

「Auroral Crown」/ Yulia Zhulikova
ロシア,ムルマンスク

「Hustle and Peaceful」/ Prisca Law 
香港,ビクトリア・ピーク

「A Battle We Are Losing」/ Haitong Yu
北京,中国

「The Blue Hour」/ Tommy Eliassen
ノルウェー,ヌールラン

「Crescent Moon over the Needles」/ Ainsley Bennett
イギリス,ワイト島

「The Road Back Home」/ Ruslan Merzlyakov
スウェーデン

「Ignite the Lights」/ Nicolas Alexander Otto

ノルウェー,ヌールラン

9月14日に優秀作品が発表されるので、気になる人は「ROYAL MUSEUM REENWICH」のHPをチェックしてみてください。

Licensed material used with permission by Royal Museums Greenwich
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
「オーロラを見るたびに、魔法のチカラを感じるんだ」。その美しさに魂を奪われたJuusoHDは、“オーロラの姿”を追い求め多くの幻想的な写真を生み出している...
見始めたら最後、写真を探す手が止まらなくなる!
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
2018年、過去最高の入館者数(1020万人)を記録したルーブル美術館。国内の観光客数の回復や動画「APES**T」の影響などを挙げています。2019年は...
2018年8月31日より国内90本限定で発売されていた「TID Canvas 002(ティッド キャンバス 002)」の紹介です。
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...
2015年12月21日未明、北海道の一部の地域でオーロラが観測されました。日本でオーロラ?いまいち、しっくりこないかもしれません。ところが、道内では今年に...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
日本でも話題となった「#MeToo」のムーブメント。ショッキングな事例が次々と明らかになりましたが、問題はもっと根本的なところにあると考える女性たちも多い。
画像編集ソフト×ポートレートって、見た目の美を追求するために使われることがほとんど。でも、昨年展開されたAdobeによる「The Future Is Yo...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
今この瞬間、カメラを持っていれば……って思うこと、ありません? この4枚は、そんな風景を撮影した写真が集まるサイト「FIND/47」にアップされたもの。
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
世界中の人々(特に男性)から多くの共感を集めるインスタアカウント「miserable_men」。妻や恋人のためにショッピングに付き合う男性たちが待ちぼうけ...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
ここで取り上げるのは空中写真家Tom Hegenさんの写真。彼はいかに人間が自然を破壊しているのかが分かる景色を撮影しています。
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト...
疲れがピークになった週末こそ、こういう写真に心癒される──。