【絶景】映画『インディ・ジョーンズ』のアノ遺跡を写真で!

ペトラ遺跡 ペトラ遺跡

 その遺跡は突如として現れる。

イスラエルの隣国、ヨルダンにあるペトラ遺跡。ペトラとは、ギリシャ語で崖を意味する。この遺跡は、映画『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』に登場したことで一躍有名となった。

通商の中継地として栄えたとされる地にあり、世界遺産にも登録されている遺跡だが、これを作ったとされるナバタイ人とは何者なのか? そして、何の目的でこのような岩を削ったのか? まだ解明されていないことも多い。そもそも現在発掘されているのは全体のせいぜい一割程度とされており、「新・世界七不思議」のひとつとされている。

なんにせよ、その圧倒的なスケールと迫力は写真だけではもったいない。一度は直接見てみたい!と思わせる遺跡だ。

ペトラ遺跡はこちら

ヨルダン ペトラ遺跡

アメリカの世界的バンド、ビースティ・ボーイズ。彼らの軌跡を辿ったドキュメンタリー映画『ビースティ・ボーイズ・ストーリー』が、Apple TV+にて独占配信...
見始めたら最後、写真を探す手が止まらなくなる!
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
ほんのわずか数年前まで、世界をまわるバックパッカーにとって、シリアは中東で欠くことのできない国でした。レバノン→シリア→ヨルダン→イスラエルという定番ルー...
応援購入サービス「Makuake」で販売中のバックパック「UPIXEL」は、専用のチップをバッグ背面にはめることで、自作のドット絵を簡単にデザインできるユ...
「北米でもっとも写真を撮られた風景」として世界中の絶景マニアの心を掴んで離さない場所「マルーンベルズ」。圧倒的な美しさを誇る景色だけでなく、古き良きアメリ...
今この瞬間、カメラを持っていれば……って思うこと、ありません? この4枚は、そんな風景を撮影した写真が集まるサイト「FIND/47」にアップされたもの。
国際的な風景写真コンテスト「International Landscape Photographer of the Year」は2019年度の受賞者を発表...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
プーケットにある「Baba Nest」。ラグジュアリーホテルの最上階にあるこのカフェからは、パノラマの絶景を堪能できます。しかも、視界を遮る障害物はなく3...
5月14日、オーストラリア発のウェルネスブランド「Swisse Me」が「FOODPORN(フードポルノ)」というタイトルのCMを公開した。
2016年の秋頃からInstagramで密かに話題になっている絶景があるという。それが、ペルーの「レインボーマウンテン」。その名の如く、虹色に彩られた不思...
アイスランド、アメリカ、ペルーなど、これまで24ヶ国の絶景を撮り続けたTerrenceは、世界を旅するフォトグラファー。どこへ行くにも彼女であるVicto...
気候変動に伴う異常気象の影響で、古代遺跡や古代碑、歴史的建造物が新たに発見され、注目を集めている。考古学者のなかには、過去の経験から学ぶことで、気候変動へ...
世界中に隠れた美しさを求めScarlett Hooft Graaflandは、旅をしながら絶景を撮影し続けている。彼女の写真は一切加工はしていないのだけど...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
ウール専門ブランド「Woolly」が、ランニング用として徹底的にこだわり抜いたソックスを開発。
「Apple」が6月のプライドマンスに向けて二種類のアップルウォッチバンドを発表。一つはNikeとのコラボ商品だとか。
“廃虚の女王”として名高い『摩耶観光ホテル』、通称:マヤカンに合法で近づけると話題の「摩耶山・マヤ遺跡ガイドウォーク」。摩耶山の歴史と信仰の跡、そしてかつ...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
絶景を見るぞ!と思ったら海外に注目しがちだけど、思い立ったら行けるところもあるようです。
「Surprise Trip Letter(サプライズ・トリップ・レター)」は、まるで海外のような写真が撮れるうえに、その場でプリントアウトして手紙を送る...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
『Sigalit Landau SALT YEARS』の本で紹介される写真がおもしろい。死海でこれでもかというほど“塩漬け”された物が写っています。死海の...