2015年、世界で最もいきたい場所は「エチオピア」に決定!知られざる魅力とは?

次にいきたい旅行先はどこですか?もし決めかねているならば、エチオピアがオススメです。
Quartz」によると、エチオピアが世界で最もいきたい場所に選ばれたそうです! 経済成長で知られる同国ですが、自然や遺跡など観光資源にも恵まれています。

r


エチオピアは、ヨーロッパ観光貿易評議会(ECTT)および、欧州連合(EU)の観光業界に携わる非営利団体によって、世界で最もいきたい場所に選ばれました!

アフリカで2番目に人口の多い同国は、歴史的建造物が優れた状態で保存されている国として有名。古代エチオピアの中心として知られるアクスムの都市遺跡や、16世紀〜17世紀にエチオピア皇帝の住居であったファジル・ゲビがあります。

また、82堂のモスクに102社の神社にユニークなデザインのテラスハウスからなる、イスラムの中で第4番目の聖地ハラールも有名。またラリベラは、13世紀に建設された石彫りの教会がある神聖な場所です。

She orchestrates her mornings to the tune of coffee

さらにコンソの文化的景観や(55キロにもわたる石壁の住宅に、要塞集落)、一番初めに二足歩行をした人類の骨格化石「ルーシー」が発見されたというアワッシュ川の下流渓谷も興味深いです。これらの場所は、ユネスコ世界遺産にも登録されています。
世界遺産以外にも、シミエン国立公園などの自然公園も広く知られています。
エチオピア大使館は、国の人気観光スポットの写真とともに、受賞の喜びをツイートしました。


エチオピア政府は観光産業を、貧困を撲滅するための重要な開発分野の1つとして考えています。世界銀行のデータによると、観光産業は成長しており、2010年には46万8,000人だった観光客数は、2013年には68万1,000人になっています。

同国では、社会よりも先に経済が発展してきました。2003年から2013年の間の、同国の平均成長率は10.8%以上でした。これは、アフリカ地域の平均成長率である5.3%の倍の値です。その成長は第一次産業だけでなく、第二次産業によっても支えられています。経済の多角化は、サハラ以南のアフリカ経済では珍しいケース。エチオピア政府は、中国の投資家からの出資を受けていれて、成長が見込める産業へ積極的に投資しているのです。

She orchestrates her mornings to the tune of coffee

IMF(国際通貨基金)は、エチオピアを世界で最も急成長している5つの国の1つとしました。首都アディスアベバは、アフリカのドバイと形容されているほどで、その建設ブームはとどまることを知りません。2015年7月の後半にバラク・オバマ大統領はアフリカ訪問の際、エチオピアにも訪れました。彼は、同国を訪問した最初の現役アメリカ大統領になります。

Licensed material used with permission by Yinka Adegoke

「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
ミシュランガイドに載るほど外国人人気が高いという島根の世界遺産・石見銀山。今年で世界遺産登録10周年を迎え、日本の産業を支えた重要な世界遺産でありながら、...
ほんのわずか数年前まで、世界をまわるバックパッカーにとって、シリアは中東で欠くことのできない国でした。レバノン→シリア→ヨルダン→イスラエルという定番ルー...
米旅行情報誌『Condé Nast Traveler』が主催する「世界最高の島」。およそ77,000人の読者から選ばれた、2015年最も美しい島が決定した...
チャームポイントはパッケージだけかと思いきや、意外と中身もいいんです。
持ち運び専用の剃刀「Sphynx」は、手の平ほどのコンパクトサイズで、ショルダーバッグにも入ります。ムダ毛処理をしたはずなのに、デート前や旅行中に剃り残し...
福岡県・宗像市にある上陸できない世界遺産「沖ノ島」を最も実感できるものに出会いました。その名も「沖ノ島朱(おきのしまあか)」。沖ノ島朱は、偶然と偶然が重な...
2014年に世界遺産に登録された「富岡製糸場と絹産業遺跡群」をわかりやすくご紹介。
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
新潟県の佐渡島は「史跡 佐渡金銀山」で知られていますが、実は産業遺産も充実しています。しかも歩いて行ける範囲内に集中しているので、巡りやすいことも大きな魅...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
フランスのラスコー洞窟の絵画のように、人類は太古から、自分たちの願望や精神世界を壁画として描き出してきた。現代でも、自分たちの家の壁にそれを行う集落がある...
少しずつ暖かくなってきた3月は、卒業旅行シーズン。5月にはお待ちかねのゴールデンウィークもあって、春は海外旅行を計画する人も多い季節。かくいう私もその一人...
編集部の女性にも人気が高かった「SKANDINAVISK(スカンジナビスク)」のハンドクリームの紹介です。
2015年8月2日。京都市内で、和と洋の“極上のコラボレーション”が行われていたことを、あなたは知っているだろうか?舞台は世界遺産・清水寺。1,200年以...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
島に引き続き、闇スポット第2弾。今回は危険な「湖」をまとめました。全部足を運ぶことはできるけれど、命に関わるので近づかないで、エンタメに楽しんで見てくださ...
 その遺跡は突如として現れる。イスラエルの隣国、ヨルダンにあるペトラ遺跡。ペトラとは、ギリシャ語で崖を意味する。この遺跡は、映画『インディ・ジョーンズ ...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
2015年9月1日、広島県が「世界初」の手法で地域PRを始めました。何が初めてって、その“視点”。にゃんと、ヒトではなく、ネコの目線で街の魅力が紹介されて...
車イスで旅行をするための情報を集めた『Have wheelchair will travel』を運営している、Julie Jonesさん。それはハンデでは...