過酷な環境でも農作物が実る魔法の「グリーンハウス」

エチオピア北部の町ゴンダルは、年間降雨量が極端に少ない地域。激しい干ばつに見舞われ、土壌もやせ細り、この地で農業を営む人々は町を捨て、他の地域に移っていく人が多いそうです。そんなゴンダルの農家を救い、過酷な気象条件を逆手にとった温室が、いまこの地を救おうとしています。

露を集めて散水
雨量の少ない土地でも
植物が育つ温室

スクリーンショット 2015-10-21 12.24.49

多機能型温室Roots Upで、不毛の地の再生プロジェクトに取り組むのは、エチオピアで活動するNPO団体「Roots Up」。彼らがデザインした温室のイメージ図が上の写真です。
この温室、ただ食物を育てるだけでなく、農作業に必要な灌漑用水、さらには安全な飲み水の確保もできてしまう。乾燥した大地に合わせてデザインされた、まさに多機能なグリーンハウスなのです。

スクリーンショット 2015-10-21 12.29.02

日中、温室内の温度は上昇し続け、ハウス内部には暑い空気が閉じ込められます。この熱が、植物の成長を促す湿度を内部に充満させるばかりか、Roots Upにおいて最も重要となる機能である、露を溜めることができるんだそう。

スクリーンショット 2015-10-21 12.28.19

日中の寒暖差が激しいゴンダル。太陽が沈んでから翌朝を迎えるまで、テントの表面温度は急激に低下していきます。この温度変化を利用することで、水滴となった露を無駄なく収集できるという訳。
化学の実験を思い出してください。水蒸気を含む空気を冷却したとき、蒸気の一部が気体から液体へと変化する「凝結」を利用して、植物の成長に欠かせない水をつくり出すシステム。それが、Roots Up最大の特徴なのです。

仕組はじつに簡単。三角錐の屋根を解放し、内部に冷たい空気を送り込むためのロープを引くだけ。これで、テント中央に設置されているタンクに水滴を集めることができるんだそう。このシステムを利用することで、安全な飲料水も手に入れることができるのは、この地域に暮らす人々にとっても大きなメリットでしょう。

環境に逆らわず
適応するシステムに着目

スクリーンショット 2015-10-21 12.29.30

植物育成には厳しい環境下に暮らす人々にとって、降雨量の少なさや寒暖差などの気候状況が、つねにボトルネックにありました。環境に逆らうのではなく、環境に適応するシステム構築こそがRoots Up開発者たちの狙いだったのです。
現在、ハウスは農作物の安定的供給に向けて、設置の準備を進めているそう。「自給自足を軌道に乗せる」次なる目標はまさにそこと、Roots Up代表者のMathilde Richelet氏は、公式ブログに意欲を示しています。

Licensed material used with permission by Roots Up

地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
2030年の火星移住プロジェクトにむけ、NASAが「火星での植物栽培」を本格的に考えている、というニュースは何度か見かけたことがあるかもしれません。地球以...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
世界中の人たちが急にベジタリアンになったら、どのような変化が起こるなどを科学的な考察も含め解説する動画を紹介します。今は、世界中の人口がベジタリアンなった...
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
上司からの侮辱、同僚からのプレッシャー。これらが過度になると「有害な職場環境」が生まれます。ライターMarcel Shwantesの記事を読むと、どれだけ...
ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で働きたいと考えている人が注目しているカナダでも、移民・難民の権利に関する問題は未だに根絶できていません。
サンディエゴの冒険家で環境活動家の、ロブ・グリーンフィールド。食糧問題や環境問題を主題に置いた独自の旅を続けてきた人物です。現在、バックパックひとつで無期...
質問:トイレに入って手を洗った後あなたの選択はどっち?①ハンドドライヤーで乾かす②ペーパータオルで拭く正直、好みの問題と言われればそれまで。でも、真面目に...
20世紀の「使い捨て社会」から循環型の社会へ。いま世界の多くの人々が、そのための努力を続けています。大量生産、大量消費、大量破棄。それらが食品業界にもたら...
深刻な干ばつが続く、カリフォルニア州。ロサンゼルスで8月10日、苦肉の策とも思える大胆な施策が実行された。まずは、以下の動画を見て頂きたい。いったい、何が...
次にいきたい旅行先はどこですか?もし決めかねているならば、エチオピアがオススメです。「Quartz」によると、エチオピアが世界で最もいきたい場所に選ばれた...
ブランドロゴは、企業にとって重要な役割を担っている。一目で人々に認識させるだけではなく、企業理念や社会的な存在意義を伝えるための象徴だから。けど、膨大なイ...
アメリカ・カリフォルニアを拠点にする2人のサーファーが作ったモノは、タバコを材料にしたサーフボードでした。背景には、自然に対する想いが影響しているようです。
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...