まるで海老!?「無印良品」の「コオロギせんべい」がいよいよ発売!

ついに、この日がやってきた。

昨年の秋、詳細は未定ながら第一報を報じた「無印良品のコオロギせんべい」が、本日5月20日に発売する。なお、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、ネットストアでの先行販売のみとなる。

無印良品のコオロギせんべいは、徳島大学の研究をベースに飼育された「フタホシコオロギ」という熱帯性のコオロギを使用している。衛生的で安全な環境で飼育されており、「パウダー状にしてせんべいに練りこむ」「コオロギの味を活かすために余計な原料を使わずシンプルな配合にする」など、おいしく食べられる工夫も施されているという。

無印良品では、世界の急激な人口増による、今後の食糧確保環境問題などの課題を考えるきっかけになればという思いから、昆虫食先進国のフィンランドを訪問するなど情報収集をおこない、その結果、昆虫食研究の最先端を走っている徳島大学と協業し、本商品を開発した。

コオロギは栄養価が高く、環境への負荷も少ない。さらに生産性も高いため、今、国内外で大注目の食材。どんな味か?それは……

「エビに近い香ばしい風味」!?

©2020 株式会社良品計画

コオロギせんべい

【特集ページ】https://www.muji.com/jp/ja/feature/food/485181

Top image: © 2020 株式会社良品計画
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事