「無印良品」の新商品「自分で詰める水のボトル」。店内には「給水機」も設置

本日7月1日、「無印良品」は「自分で詰める水のボトル」を販売するとともに店内に給水機を設置し、店舗での給水サービスをスタートする。

このたびの取り組みは、「給水」という行為を日々の習慣にすることで、プラスチックごみを削減することが狙い。ペットボトル入りの飲料を新しく買う代わりにボトルを持参すれば、無料で飲料水を詰めることができる。

持ち歩きやすく、バッグのなかでかさばらない飲みきりサイズの330ml。繰り返しの使用を考慮してデザインされた、飲みやすく洗浄しやすい広口設計になっている。価格は190円(税込)

また、不要になった「自分で詰める水のボトル」の店頭での回収もスタート。回収した商品はポリエステル原料にリサイクルされ、石油由来原料の有効活用へとつなげられるという。

まずは「無印良品 銀座」「無印良品 グランフロント大阪」のほか、各地域の拠点となる大型店舗や新店を中心に113店舗へ給水機を設置。その後は順次拡大し、2020年度内には国内約400店舗への設置を予定している。

© 株式会社良品計画
© 株式会社良品計画
Top image: © 株式会社良品計画
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事