「無印良品」の新商品「自分で詰める水のボトル」。店内には「給水機」も設置

本日7月1日、「無印良品」は「自分で詰める水のボトル」を販売するとともに店内に給水機を設置し、店舗での給水サービスをスタートする。

このたびの取り組みは、「給水」という行為を日々の習慣にすることで、プラスチックごみを削減することが狙い。ペットボトル入りの飲料を新しく買う代わりにボトルを持参すれば、無料で飲料水を詰めることができる。

持ち歩きやすく、バッグのなかでかさばらない飲みきりサイズの330ml。繰り返しの使用を考慮してデザインされた、飲みやすく洗浄しやすい広口設計になっている。価格は190円(税込)

また、不要になった「自分で詰める水のボトル」の店頭での回収もスタート。回収した商品はポリエステル原料にリサイクルされ、石油由来原料の有効活用へとつなげられるという。

まずは「無印良品 銀座」「無印良品 グランフロント大阪」のほか、各地域の拠点となる大型店舗や新店を中心に113店舗へ給水機を設置。その後は順次拡大し、2020年度内には国内約400店舗への設置を予定している。

© 株式会社良品計画
© 株式会社良品計画
Top image: © 株式会社良品計画
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
さすが無印良品!な画期的な新サービスを5つ紹介。
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
「無印良品」の「繰り返し使えるマスク」に新作が登場。オーガニックコットンを使用し、通気性のよさや、防菌防臭加工を施した夏仕様の新製品だ。
約350万枚が売れた「無印良品」の大人気マスクに、秋向け素材3種が登場。10月中旬より全国の無印良品の店舗にて販売が開始される。
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
「感じ良いくらし」をテーマに生活に密着したさまざなプロダクトを提案する「株式会社良品計画」が「コオロギせんべい」を商品化!?
無印良品のS字フックは、アルミやステンレスなどいくつかの種類があります。そのなかで異彩を放っているのが「トラベルフック」。
「無印良品」は、大豆ミートを使用した商品を店舗およびネットストアで先月28日(水)から発売中。
無印良品の「タグツール」シリーズがおもしろい。10種のラインナップの中でオススメなのが「アラームクロック」です。
無印良品の「フィルム石けん」は、想像以上に薄いです。シートじゃなく、フィルムと名がついている点にも納得できます。
オウムアムアは「高度な地球外文明によって太陽系に送り込まれたエイリアンの探査機」。米ハーバード大学教授が新著を発表。
「無印良品」と「IDÉE」の家具・インテリアが、「寝る」「学ぶ/働く」「くつろぐ」という3種の基本セットになり、お手頃な月額定額料金で利用できるサービス。
無機質で男性っぽくてちゃんと清潔感があって、いい感じ。それだけなんだけど、この“それだけ”っていうのが、案外探してみるとなかったりする。
2021年1月16日より、新潟県上越市にある無印良品 直江津にて開催される「MINGEI 生活美のかたち展」は、特設の空間で、人々のくらしから生まれてきた...
今話題を呼んでいる「無印良品」の「コオロギせんべい」が5月20日に発売。徳島大学の研究をベースに飼育された「フタホシコオロギ」という熱帯性のコオロギをパウ...
「無印良品」が開発したという注目の住戸「陽の家」が今月中旬から、宿泊施設として栃木県の「那須高原TOWAピュアコテージ」にオープン。
バレンタインデーやホワイトデー、友人の誕生日、引っ越し祝い、飲み会でご馳走してもらったお礼——。ちょっとしたプレゼントを贈りたいシーンって結構ある。
1月13日、Netflixが同社の取り組んできた多様性と包括性の推進に関するレポートを公開した。
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
「良品計画」が、新店舗「無印良品 直江津」のオープンに伴って、未稼働の観光バスを使って商品の移動販売を今秋より開始する。
無印良品の「インテリアフレグランスセット」は、250mlと60mlの2サイズ展開。ラタンスティックとセット(後者には磁器ホルダーも!)でそれぞれ2990円...
「無印良品」や「MUJIブランド」を展開する「無印良品」は、今年6月末までに、すべての店舗でプラスチック製のショッピングバッグの使用をやめ、紙製のものに変...
〈無印良品〉の「パラグライダークロスたためるシューズケース」はセパレートタイプになっていて、小さいデイバックの中でも整理しやすいです。
〈無印良品〉にはいくつか腕時計がラインナップされていて、どれもシンプルな時計に当てはまると思うんですが、なかでも食指が動いたのがこの「Wall Clock...