無印良品で買える10,000点の商品で「TOKYOの街」を再現してみた

造形物はすべて販売商品。「無印良品(MUJI)」が10,000点の商品を積み上げて東京の街を再現しました。東京都、東京観光財団、そしてMUJIによるコラボレーション企画で製作した動画は、“MUJIラー”でなくても興奮しちゃいます!

その数10,000点!
MUJIの商品が「東京」を再現

始まりは1個の洗濯バサミから。
MUJIの販売商品を使って東京の街並みを再現したこのプロジェクトに使用されたのは、その数じつに10,000点にも及ぶグッズたち。

これは、訪都外国人旅行者の拡大を狙い、東京都とMUJIが共同で実施している東京ブランドPR「MUJI 10,000 shapes of TOKYO」のもの。旅行客に人気の観光地や、東京を象徴するエリア(たとえば、渋谷スクランブル交差点や、お台場、東京タワーなど)を、文房具や日用雑貨を用いて忠実に再現しているんですが、そのクオリティが圧巻でした。

よーく見れば、
「あ〜、あれね」が楽しい

ちょっと未来間ある渋谷の街なみ。

こちらはお台場。

観覧車に使われている素材をよく見れば…ほら、ボールペン。

こんな感じに、どれも店舗で一度は目にしているであろう品々ばかり。キャンペーンサイトでは、実際の組み立てに使用された商品の一覧を見ることもできます。

東京を再現したパーツを細分化

たとえば、こちらは東京タワー。赤白のコントラストを見事に表現しています。で、ここに使用されているのが、おなじみ「ゲルインキボールペン 赤・0.5mm」、塔の主軸を成すのが「ポリプロピレンメイクボックス」です。タワー先端のアンテナを表現しているのは、「水性六角ツインペン アカ」といった具合。どうです、普段から使っているものだったりしませんか?

木製素材やダンボール紙の包装を活かしたお寺。屋根部は「ハードカバーアルバム」を開いて使うというナイスなアイデア!

シンプルさや自然志向、アノニマスなイメージの強いMUJIの商品。そもそもカラーに強い主張がなく、半透明なものがほとんど。限られたカラー素材でアクセントをつけながら、単純に積み上げたり、くっつけるだけの作業でこれだけジオラマ感を出すって、すごい!実物は圧巻のスケールなんでしょうね。

同プロジェクトの展示イベントは、台北(3月19日で終了)とニューヨーク(3月19日〜4月24日まで)の旗艦店舗内で開催されているようです。全容は、以下の動画から。

Licensed material used with permission by 株式会社 良品計画
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
〈無印良品〉の「パラグライダークロスたためるシューズケース」はセパレートタイプになっていて、小さいデイバックの中でも整理しやすいです。
無機質で男性っぽくてちゃんと清潔感があって、いい感じ。それだけなんだけど、この“それだけ”っていうのが、案外探してみるとなかったりする。
〈無印良品〉にはいくつか腕時計がラインナップされていて、どれもシンプルな時計に当てはまると思うんですが、なかでも食指が動いたのがこの「Wall Clock...
男性同士の愛を貫いた2人の人間ドラマ『ブロークバック・マウンテン』が、2018年度の「アメリカ国立フィルム登録簿」に追加される作品の1つとして選定。アメリ...
「Fish on Wheels」は、魚の水槽の土台となるタイヤが、魚の動きに合わせて動くというもの。つまり動く水槽。犬や猫みたいに魚が自分の後を追いかけて...
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
飲んで、食べて、腕を磨く。渋谷にある「卓球タウン」T4 TOKYO〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目12−16 ASIA BUILDINGhttp...
気に入った場所でくらすという、あこがれをカタチにする道具。そんなイメージから無印良品がつくりあげた「小屋」が、千葉県南房総市に位置する多目的施設「シラハマ...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
オハイオ州立大学に登場したベーコンの自動販売機。一時的な設置でしたが話題となりました。薄切りやみじん切りにされたベーコンが、たったの1ドルで売られていたと...
世界中のビールファンを熱狂させるデンマークのクラフトビアバーが渋谷に復活Mikkeller Tokyo〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目19-1...
ブリティッシュパブで味わうチップスとシェイク表参道の裏通りにひっそり佇む隠れ家カフェThe Shake & Chips Tokyo〒150-0001 東京...
ニュージーランドで話題のラテが飲めるのはここだけ! 奥渋谷にある日本初上陸のコーヒーショップ Coffee Supreme Tokyo〒150-0047 ...
食べられるインクや、懐かしのペンまで自由に使える表参道で人気を集める「文房具カフェ」 文房具カフェ〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目8-1htt...
世界でここだけ!日本発のクラフトビール「KAGUA」が樽生で楽しめるビアバーFar Yeast Tokyo Craft Beer & Bao〒150-00...
2018年、過去最高の入館者数(1020万人)を記録したルーブル美術館。国内の観光客数の回復や動画「APES**T」の影響などを挙げています。2019年は...
39階からの夜景×ワイン×本格タイ料理 オーストラリア発のモダン・タイ・レストランLongrain TOKYO〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目...
「一つひとつが持っている字の意味が合わさって、新たな言葉が作られるところが魅力です。例えば、寺で日の光を見ていると『時』になったり、女性が家(屋根の下)に...
NY店は2016年のミシュラン1つ星を獲得 代々木に日本初上陸したスパイシーな本格タイレストランSomtum Der TOKYO〒151-0053 東京都...
天井まで届く棚に1300本以上のウィスキー 特別な空間を満喫できる表参道のバーラウンジTOKYO Whisky Library〒107-0062 東京都港...
1日ではまわりきれないほど大規模な、街全体を活用した展示の概要が発表された。
抹茶、紫芋、かぼちゃなど味は全部で6種類代官山で6色のカラフルなラテが楽しめるカフェink. by CANVAS TOKYO〒150-0034 東京都渋谷...
普段何気なく暮らしている東京の街を、外国人が見るとどう感じるのか?こうしたコンテンツは、文化の違いが見てとれるのでかなり好物。「そんなものに興味を示すの?...