「無印良品」全店、6月末までにプラスチック製ショッピングバッグを「廃止」

「無印良品」「MUJI」ブランドを展開する「良品計画」は、今年6月末までに、すべての店舗にてプラスチック製のショッピングバッグの使用をやめ、紙製のものに変更すると発表。

ブランドの立ち上げ以来、「素材の選択」「工程の見直し」「包装の簡略化」の3つの視点で物作りを続けてきた同ブランド。地球資源の循環化および廃棄物削減のためのさまざまな取り組みを進めてきたが、その一環として、プラスチック製のショッピングバッグを3月以降順次廃止する。

今後は、紙製ショッピングバッグを2サイズから4サイズに拡大して無料配布を継続。また、3サイズ用意した「再生ポリプロピレンバッグ」を150円(税込み)で販売し、不要となった場合は無印良品全店で返品可能にする。

今年7月からは、政府決定により全国一律でプラスチック製買物袋の有料化がスタート。その試行をまえに、自然とのよりよい関係を目指す無印良品は、対応を完了する格好となる。

【実施店舗】
全国の無印良品(MUJIcom、MUJI to GO含む)店舗、およびCafé&Meal MUJI店舗

Top image: © 良品計画
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事