スタバがプラスチック製ストローの使用廃止へ!

7月9日にスターバックスが、プラスチック製ストローの使用を2020年までに全て廃止すると宣言しました。批判の声も上がっていますが、代わりに飲み口のついたプラスチック製フタを提供するようです。

また、マクドナルドも紙製ストローなどの代用品を試す方向に。使い切りタイプのプラスチック製品に対する風当たりが強まっていますね。

企業だけでなく都市も環境に気をつかい始めています。例えば、シアトルではプラスチック製ストローやフォーク、ナイフの提供が禁止されたばかり。バンクーバーも、です。

台湾やオーストラリアは国を挙げて、同じような取り組みをしています。

日本でもプラスチック製品が見直されそうですね。

©Starbucks
Top image: © Starbucks
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
2018年7月1日を境に、シアトルのレストランでは、プラスチック製ストローなどの提供が禁じられるそう。これに先駆け、「Strawless in Seatt...
サンフランシスコ市は、市内にある全ての飲食店で「プラスチック製ストロー」の提供を禁じる。プラごみの海洋流出をはじめとした環境問題対策として、すでに7月1日...
カリフォルニア州で、9月20日にストローの提供を禁じる法案が可決されました。
イギリスとアイルランドのマクドナルド全1361店で使用されている紙製ストロー、リサイクルされずに廃棄処理されていた。
2019年1月1日より、アメリカ・ワシントンD.C.で使い捨てプラスチックストローの提供を禁止する条例が施行されました。
大統領選の選挙活動の一環として、リサイクル可能なプラスチック製ストローを販売開始したトランプ陣営。数日でなんと14万本以上も購入されたという。22日、キャ...
環境への負担を減らし、衛生面を向上させた、リユーザブルな「ジッパーストロー」。
先日ニュージーランド政府は、使い捨てのレジ袋の使用を禁止する方針を発表しました。ドミニカ国も似たような方針を発表しました。プラスチック禁止の波は、今世界で...
飲み終わったら、カップはゴミ箱へ。でもストローは……食べる!
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
紙製のストローや容器を採用するなど、脱プラスチックに向けた動きを展開しているイギリスのマクドナルド。それに対して、「ハッピーセット」のおもちゃも廃止すべき...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
マクドナルドは、イギリス国内にある全店舗で「廃プラスチック」に対する新しい取り組みを発表。9月から、マックフルーリーのふたの提供停止とサラダの容器を「紙製...
日本トランスオーシャン航空は、10月1日から「那覇・福岡間」の一部便でプラスチック製ストローの代替品として「木のストロー」の提供を始めた。
英・バーガーキングが「プラスチック製おもちゃ」の廃止を発表した。
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。
カナダの「Rice Straw Technologies」という企業が製造するのは、米からできたストローだ。
生活用品大手の「P&Gジャパン」は、日本で初めて海洋プラスチックを使用した製品ボトルを採用。台所用洗剤「JOY」シリーズより、そのボトルを使った「JOY ...
2014年に設立された「eXXpedition」。クルーは女性のみで編成され、海洋プラスチック問題の注意喚起とその解決策を模索している。
2018年6月に、アメリカン・エキスプレスが海に漂流しているゴミを材料としたクレジットカードを製造し、1年以内に実用化させると発表しました。