プラスチックフリーで環境に優しい「コルク製ヘッドフォン」

人々の日常に深く浸透しているプラスチック製品が問題となっているなかで、環境に優しい素材として“コルク”が注目を集めている。

そこでフランスのデザイナーPauline Ariaux氏は、コルクを使用した環境に優しいヘッドフォンを製作。重量わずか64gだというこのヘッドフォンは、必要最低限の電子部品スチールで構成され、接着剤ネジなどは一切使われていないそうだ。

© necessaryproject/Instagram

コルクは持続可能な素材であるだけでなく、非アレルギー性弾力性遮音性防湿性に優れ、ヘッドフォンの原材料にとても適しているという。通常、毎日使用するヘッドフォンは修理や破棄が必要となるが、コルクだと簡単に修理が可能で長く地球に優しく使っていけるのだ。

同ヘッドフォンは、フランス南西部にある「Boisbuchet」というデザインスタジオのワークショップを通して製作されているとのこと。

軽くて地球に優しいだけでなく、洗練されたデザインもかわいらしいコルク製ヘッドフォンなら、いつもの音楽も違って聴こえる......かも?

Top image: © iStock.com/Jane_Kelly, iStock.com/arsenisspyros
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

明後日18日(金)に発売となる「Apple」初のワイヤレスヘッドフォン「AirPods Max」はオーバーイヤー型デザインを採用。
スイスの高級文房具ブランド「Montblanc(モンブラン)」がワイヤレスヘッドフォンを発表。シンプルでありながら高級感溢れる見た目で、細部までこだわりが...
音にこだわるミュージックラバーにとって、自分好みのサウンドを聴かせてくれるツールはとっても大切。それゆえ、聴く音楽によってヘッドフォンを使い分けている人も...
応援購入サービス「Makuake」にて、ヘッドフォンのように首にかけてハンズフリーで使用できるウェアラブルクールデバイス「FLEX 羽根なし首掛け扇風機」...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
"1984年発売の超ロングセラー〈KOSS(コス)〉の「PORTAPRO(ポータプロ)」。現在でも根強い人気を誇るこちらは、装着感がオンリーワンです。"
雪の上だろうと、フィールドだろうと、たとえそれが街中だったとしても、今やヘルメットだって立派な自己主張アイテムだ。けれど、そのヘルメットとヘッドフォンだけ...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
すでに接種が始まった新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン。しかし、配給されているのは一部の富裕国のみ。こうした状況に、ノルウェーの「ユニ...
東京・西大井の人気店「超蜜やきいもpukupuku」の焼きいもを、ボタンひとつで作れる究極の焼き芋トースター。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...