プラスチックフリーで環境に優しい「コルク製ヘッドフォン」

人々の日常に深く浸透しているプラスチック製品が問題となっているなかで、環境に優しい素材として“コルク”が注目を集めている。

そこでフランスのデザイナーPauline Ariaux氏は、コルクを使用した環境に優しいヘッドフォンを製作。重量わずか64gだというこのヘッドフォンは、必要最低限の電子部品スチールで構成され、接着剤ネジなどは一切使われていないそうだ。

© necessaryproject/Instagram

コルクは持続可能な素材であるだけでなく、非アレルギー性弾力性遮音性防湿性に優れ、ヘッドフォンの原材料にとても適しているという。通常、毎日使用するヘッドフォンは修理や破棄が必要となるが、コルクだと簡単に修理が可能で長く地球に優しく使っていけるのだ。

同ヘッドフォンは、フランス南西部にある「Boisbuchet」というデザインスタジオのワークショップを通して製作されているとのこと。

軽くて地球に優しいだけでなく、洗練されたデザインもかわいらしいコルク製ヘッドフォンなら、いつもの音楽も違って聴こえる......かも?

Top image: © iStock.com/Jane_Kelly, iStock.com/arsenisspyros
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

明後日18日(金)に発売となる「Apple」初のワイヤレスヘッドフォン「AirPods Max」はオーバーイヤー型デザインを採用。
スイスの高級文房具ブランド「Montblanc(モンブラン)」がワイヤレスヘッドフォンを発表。シンプルでありながら高級感溢れる見た目で、細部までこだわりが...
音にこだわるミュージックラバーにとって、自分好みのサウンドを聴かせてくれるツールはとっても大切。それゆえ、聴く音楽によってヘッドフォンを使い分けている人も...
応援購入サービス「Makuake」にて、ヘッドフォンのように首にかけてハンズフリーで使用できるウェアラブルクールデバイス「FLEX 羽根なし首掛け扇風機」...
フロントタイヤを二輪にした「ゴールドトライアングル構造」によってバツグンの安定感を誇るニュータイプの電動キックボード型モーターサイクル「ilark」が「M...
"1984年発売の超ロングセラー〈KOSS(コス)〉の「PORTAPRO(ポータプロ)」。現在でも根強い人気を誇るこちらは、装着感がオンリーワンです。"
一回見ただけで、そのインパクトの強さからしっかりと記憶に刻まれるジャガイモ頭の「ミスター・ポテトヘッド」。それを手掛ける「ハズブロ」は、2月25日、ブラン...
雪の上だろうと、フィールドだろうと、たとえそれが街中だったとしても、今やヘルメットだって立派な自己主張アイテムだ。けれど、そのヘルメットとヘッドフォンだけ...
7月9日にスターバックスが、プラスチック製ストローの使用を2020年までに全て廃止すると宣言しました。
この木に吊るされた15個のヘッドフォンからは様々な音楽が流れます。大人も無邪気に笑顔になってしまうアートには製作者の「音楽に出会う喜びを感じてほしい」とい...
充電せずにマスクを除菌してくれるマスクケースとマスクのセット「iLe INSTマスク」が「Makuake」に登場。
環境意識改革をコンセプトに掲げる〈GREEN MOTION〉の天然のコルクを使用したバスマット。乾きが早く、天然の抗菌成分のため、濡れた後は立てかけておく...
風変わりなデザインをしたマット。説明もなく見ただけでは、正直使いみちがわかる人はあまりいないのでは?実はこれ、環境を配慮して作られた礼拝用マットなんです。
エコ推進が盛んな台湾から、折りたたみ式タンブラー「ペコエコ(pecoeco)」が日本上陸。
今年3月28日から日本で公開予定となっている映画『グリーン・ライ〜エコの嘘〜』は、環境に優しいと表記された食品生産の真実に迫る“ダークツーリズム”作品。
スウェーデンの自動車会社「ボルボ」から高級電気自動車ブランドとして独立した「ポールスター」が“サステナブル”をテーマにしたコンセプトカーを発表した。
ケニア・ナイロビ在住のNzambi Mateeさんがプラスチックゴミと砂を混ぜ合わせて製造するレンガを開発。コンクリートのレンガよりも耐久性があり、カラフ...
日本のパソコン周辺機器メーカー「I-O DATA」から発売が予定されているスマートフォン用CDレコーダー「CDレコ5」シリーズ。このプレイヤーは、Wi-F...
最近、環境情報誌「Environment International」に掲載された研究で、バイオプラスチックには有害物質が含まれている可能性があると明らか...
「大丈夫。明日の朝、ちゃんと起こしてあげる」。
必要最低限の生地で作られたミニマムデザインのショッピングバッグは、接着剤なども一切不使用で、生地には100%リサイクルできるものを採用しているという。
容器の繰り返しの使用における衛生面での課題、プラスチック容器の廃棄で生じる環境面での課題。その両方を解決する革新的な「ディスペンサー」を「nendo」がデ...
「BMW」と「MINI」が車両とスマートフォンを繋げるリニューアルした車両用アプリを導入。
「サイマティクス(Cymatics)」という学問をもとにつくられたそう。
「有楽町マルイ」に「Sustainable Think.(サスティナブルシンク)」が3月12日よりオープン!
54ヵ国中30ヵ国がなんらかのプラスチック袋の規制を設けている、エコ大陸「アフリカ」。6月1日より、タンザニア政府は国内へのプラスチック袋の持ち込みを禁止...
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
フランスの大手化粧品メーカー「ロレアル」が紙製の化粧品チューブを開発。ロレアルは10年前からライフサイクルアセスメントを実施しており、紙製のほうが環境影響...
「ローソン」は、デザインオフィス「nendo」が手掛けるコンビニで便利なエコバッグを、関東・甲信越地区の「ローソン」と「ナチュラルローソン」にて販売中。
今月から「日本環境協会」運営する認定制度「エコマーク」にて、海洋プラスチックごみを再生利用した製品を対象とする認定がスタートした。