「自分好みの音」が作れる、デンマーク発のヘッドフォンって?

音にこだわるミュージックラバーにとって、自分好みのサウンドを聴かせてくれるツールはとっても大切。それゆえ、聴く音楽によってヘッドフォンを使い分けている人もいるのでは。でも、このAIAIAIなら、そんな必要がなくなるかもしれません。

パーツの組み合わせは、
なんと500通り以上!

2e3f37e28e95767c6f9b787f10eb466e18af2692

ヘッドバンドやスピーカー、イヤーパッド、ケーブルなど、それぞれのパーツをカスタマイズし、自分好みに作れるのが最大の魅力!500通り以上の組み合わせができちゃいます。これって、仕事でがっつり使うプロから日常使用まで対応可能ということ。

582031016b56dc140d320577697dca2a1ab56e2e

美しくシンプルなデザインは、世界最大規模の広告祭「カンヌ・クリエイティビティ・フェスティバル」プロダクトデザイン賞や、デンマークデザイン賞など、受賞歴も多数。

24ce2527e1baa1b2e0478b3a5c054838088f4c27Ca81178b2d716efd805b656d2ec5115004602a7e39f32e53d252e17f3667d5626a12922205194062

イギリスのDJ雑誌「DJ MAG」でベストヘッドフォンに選ばれるなど、音質も高く評価されていて、ミニマルテクノのパイオニア、リッチー・ホゥティンや、ドラムンベースシーンで活躍するMIYUなど、有名DJたちも愛用。AIAIAI側で公式に把握しているだけでも約500人のアーティストがこのヘッドフォンを使用しているそう。

Ed437996b1fb8677c18e8076d31685dd7e7b7132

DJ用、スタジオ用、オールジャンルの3種類と、プロデューサーYoung Guru、エレクトロシーンの人気レーベルBoysnoize Recordsがプロデュースした限定版、計5種類の展開。価格は145ドル(約15,700円)から。サイトにはこのプロダクトを愛用しているアーティストの紹介と、どの組み合わせをチョイスしているかのページもあります。彼らの好みを参考にしたい人はこちらをチェック!

Licensed material used with permission by AIAIAI
"1984年発売の超ロングセラー〈KOSS(コス)〉の「PORTAPRO(ポータプロ)」。現在でも根強い人気を誇るこちらは、装着感がオンリーワンです。"
雪の上だろうと、フィールドだろうと、たとえそれが街中だったとしても、今やヘルメットだって立派な自己主張アイテムだ。けれど、そのヘルメットとヘッドフォンだけ...
「AUMEO AUDIO(オウメオ オーディオ)」は、自分が聴きやすい周波数の音を流してくれるアイテム。よりいい音で音楽で楽しみたい人へ。
肩にのせることで手軽に映画やライブ映像、ゲームを臨場感あふれるサウンドで楽しめるウェアラブルネックスピーカー『SRS-WS1』がソニーから登場。スピーカー...
「大丈夫。明日の朝、ちゃんと起こしてあげる」。
屋外で音楽を楽しむのに大事なのはスピーカーの音量です。「UE Boom 2」は最大サウンドレベル90dBAとかなりパワフル。しかも、防水機能付き!
「SILENTMODE」は、アイマスクの役割を担いつつ、クッションが付いているのでネックピローのように使うことができます。また、耳の部分にはスピーカーが搭...
禿げ上がった頭は権力やリーダーシップの象徴?それを実証する研究がさかんに行われているアメリカでは、おおよそ13%の男性がシェイブドヘッド(日本でいうスキン...
フルーツや野菜を水につけて楽しむデトックスウォーターの進化系とも言える「フォンダンウォーター」人気の韓国。生ではなくドライフルーツを使うのが特徴ですが、こ...
マクドナルドで注文すると、トレイの上に紙のシートが敷かれていますよね。食べ終わったらいつもは捨てちゃうあのシートですが、オランダのとある店舗でとてもユニー...
もしも、音を描くことができたなら…。音を生み出すのに必要なのは、指先だけ。だれもが直感的に「音楽をつくる楽しみ」に出会える音楽アプリが誕生しました。専門的...
一見オシャレなインテリアアイテムのように思えますが、実はこれ、ソニーから発売された「グラスサウンドスピーカー」なんです。しかも、デザインもさることながら、...
デスク作業用にモバイルしている〈PELTOR(ペルター)〉の防音イヤーマフ。耳栓代わりに使えますが、完全にオーバースペック。でもカッコイイんです、コレ。
コスメはもちろん、あかすりやハンジュンマクなど独自の美容文化が発達している国、韓国。多くの女性が食事にも気を使って、健康的な美を目指しているイメージがあり...
旅の間は、旅先でしか味わえない固有の音に溢れています。耳にするだけで非日常の境地へと誘ってくれるような。その都市ならではの音もあります。もちろん、日本にも...
子どものころ、バナナを耳にあてて「もしもし?」と遊んだことはありませんか?その遊び心を、もう一度味わえるバナナフォンが実現しました。もちろん、ちゃんと“使...
確かに、ボディの一部に木を用いたヘッドホンはこれまでにもありました。が、ここで紹介する「Konohazuk H3」は、ボディ全体が国産ブナ材で形作られたも...
カスタマイズする醍醐味は、自分の思い通りのスタイルですべてを作れることにある。当然のごとく、1台1台はカタチが違ってくる。世界でたった1台のものを所有する...
「AquaSonic」は、デンマークのパフォーマンス団体「Between Music」によるプロジェクト。何といっても、最大の特徴は水中演奏です。
「ambie sound earcuffs(アンビー サウンド イヤーカフ)」は、そもそも耳穴をふさがない。耳たぶにクリップするように装着します。ゆえに、...