スピーカーは「肩にのせる」が正解。

できるだけ音が良くて、できるだけ手軽であることーー。

僕らがスピーカーに求めることは、今も昔も変わらず、ほとんどこの2点に集約されるのではないでしょうか?

ウェアラブルネックスピーカー 『SRS-WS1』は、そんな要望へのソニーからの(今のところの)最適解といえるアイテム。“ウェアラブルネックスピーカー”という名称と形状から想起されるとおり、肩にのせて使用するスピーカーなのです。

肩にかけるメリットは?

最大の特徴は、スピーカー自体を肩にのせることで耳のそばで包み込まれるように音が広がり、小音量でも臨場感あふれるサウンドが堪能できること。

 

これはソニー独自の音が放射状に広がるボディー構造とデジタル音声処理、そして左右のスリット構造と音の方向性を整えるディフューザーの組み合わせにより、立体的な音響を実現しているとのこと。

さらに低音を増強する振動板(パッシブラジエーター)が搭載されていて、重低音にあわせて本体が振動。音とバイブが一体となることで、よりダイナミックで臨場感のあるユーザー体験をもたらしてくれるそう。技術的なことはよくわからないけど、とにかくすげぇ…。

でも、肩こらないの…?

かなり良さげなこのネックスピーカー。でもひとつ気になってしまうのは、「肩、こらない?」ということ。

ソニーによれば、本体は人間工学に基づいた設計で缶ジュース程度の重さ(約335g)であり、内側にあるファブリック素材のクッションが快適な装着感を実現。長時間、肩にのせても負担を感じにくいとのこと。

本体に汚れにくい加工が施されていることも、うれしいポイントですね。

肩にのせてみました。

実際のところ、使用感はどうなのか?ソニーのショールームで体感してみました。

驚いたのは、手に持つと少しズッシリ感じるものの、肩にのせてみると意外にもほとんど重さが感じられなかったところ。内側の滑らかなテクスチャーも好感触です。

また、そこではあるバンドのライブ映像が流れていてたのですが、ボーカルとバンドの演奏が音の位相の中心に、オーディエンスの歓声がそれを取り囲むように響いてきてスゴい臨場感!バスドラムのキックに合わせてスピーカー本体が振動するので、さらにライブ感を盛り立ててくれます。うん、これは音楽映像の視聴にはもってこいだし、アクション映画なんかも迫力あるサウンドで堪能させてくれそうです。

ひとり没頭するもよし、
高音質をわかちあうもよし

2台まで同時接続できるので、パートナーや友人と一緒に楽しむことも可能。

簡単かつ省スペースで楽しめ、ヘッドフォンのように耳を圧迫することもない『SRS-WS1』は、あなたの視聴体験を数段豊かなものにしてくれるでしょう。

発売は10月14日(土)から。価格はオープンプライス(店頭では税抜き2万5,000円前後になる見込み)。全国のソニーショールームで先行展示されているので、気になった人は立ち寄ってみては?詳細はこちらで確認を。

Licensed material used with permission by SONY
一見オシャレなインテリアアイテムのように思えますが、実はこれ、ソニーから発売された「グラスサウンドスピーカー」なんです。しかも、デザインもさることながら、...
「ROOS」は照明とスピーカーが一体化したインテリア。Bluetoothでスマホともリンクでき、ミュージックライブラリの曲も簡単に流せる。「ライトとしても...
屋外で音楽を楽しむのに大事なのはスピーカーの音量です。「UE Boom 2」は最大サウンドレベル90dBAとかなりパワフル。しかも、防水機能付き!
この時代には珍しい「スピーカーなのにテクノロジーフリー」ってところに愛着が湧きます。
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
普通のヘッドホンにも見える「AXY audio」は、耳に当たる部分が独立するようなデザイン。スピーカーとしても使えるようになっています。だから、ひとりで音...
冷蔵庫を開けると、音楽が流れてくる...!?
「Rockit Logs」と呼ばれるスピーカーの原材料は、カナダの森の中で放置されていた丸太です。材木の製造過程において、大量に出ると言われている丸太の切...
ギャラリーや展示会、イベント会場、音楽とアートを同時に体感できる場は幾つかありますが、そのふたつを融合させた「壁掛けスピーカー」が登場しました。クラウドフ...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
「相性のいいスピーカー」。それは人生を通して探し続けるものなのかもしれません。…と思ったら、さっそくありました。ドイツ人デザイナーが手がけたワイヤレスの3...
インテリアとしてのデザイン性はもちろん、機能面でも差をつけているんです!
「Life Size SPEAKER」をコンセプトに開発されたBASS EGGを知っていますか?暮らしの中にある、あらゆるものをスピーカーに変えてしまう革...
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
「SUOONO(スオーーノ)」は、360°スピーカーが2台セットになっています。同じ空間に左右2台置いて、ステレオサウンドを楽しむことができるんです。もち...
「DUOECHO(デュオエコー)」。スピーカーが左右に分かれる仕様は、ポータブルタイプとしては珍しい作り。鴻海グループに属するFIT鴻騰の開発チームによる...
まるでヘッドホンをつけているかのように、「あなただけに聞こえる」スピーカーが、「INDIEGOGO」で紹介されています。これさえあれば耳へのストレスなく、...
去年から日本で展開をはじめた「BASE EGG(ベースエッグ)」というポータブルなスピーカー。平面振動というタイプで、置いたその場所を振動をさせて音を出す...
本を読みながら寝落ちするという幸せな体験がコンセプトになったのは、ご存知「BOOK AND BED TOKYO」。で、その「読書」を「音楽鑑賞」に置き換え...
アウトドアユースを想定したスポーティーなモデルが多いなか、完全にインドア派。
確かに、ボディの一部に木を用いたヘッドホンはこれまでにもありました。が、ここで紹介する「Konohazuk H3」は、ボディ全体が国産ブナ材で形作られたも...
音にこだわるミュージックラバーにとって、自分好みのサウンドを聴かせてくれるツールはとっても大切。それゆえ、聴く音楽によってヘッドフォンを使い分けている人も...