光と音を楽しむキャンドルみたいなスピーカー

4万円台。ソニーが発表した新しいグラスサウンドスピーカー「LSPX-S2」の価格です。ワイヤレススピーカーを比較する際に検討しやすい価格帯になった印象がありました。ただ、ほかのスピーカーとはやっぱり比べられませんでした。

前機種の「LSPX-S1」よりデザインがスッキリ。ワインボトル1本分くらいのスペースがあれば置けるコンパクトさはほとんど変わりませんが、ガラス製の先端部分が大幅にサイズダウン。周囲のインテリアを圧迫することもなく、本体も倒れにくくなりました。キャンドルライトを再現した光の揺らめきを設定できるため、32段階の強弱を選ぶ以上に落ち着いた空間を演出できます。

360°聞く場所を選ばないスピーカーであることはもちろん、ガラス管を物理的に叩いて出す、生演奏に近い透明感のあるサウンドが魅力。ドラムやウッドベースが目の前で鳴っているかのような躍動感、トランペットや歌声の伸び、それらが気持ちよく伝わってきます。

光と音を同時に楽しめる体験はグラスサウンドスピーカーならでは。棚の上に置いてアンビエントを流すだけでもグッド。さりげない存在感ですが、これひとつでずいぶんと部屋の雰囲気は変わるはずです。詳しくはソニーストアでチェックを。

Top image: © 小川真吾
他の記事を見る
一見オシャレなインテリアアイテムのように思えますが、実はこれ、ソニーから発売された「グラスサウンドスピーカー」なんです。しかも、デザインもさることながら、...
この時代には珍しい「スピーカーなのにテクノロジーフリー」ってところに愛着が湧きます。
「FLUX SPEAKER」は、ワイヤレスでありながら、面倒なBluetooth接続を必要としません。
普通のヘッドホンにも見える「AXY audio」は、耳に当たる部分が独立するようなデザイン。スピーカーとしても使えるようになっています。だから、ひとりで音...
屋外で音楽を楽しむのに大事なのはスピーカーの音量です。「UE Boom 2」は最大サウンドレベル90dBAとかなりパワフル。しかも、防水機能付き!
肩にのせることで手軽に映画やライブ映像、ゲームを臨場感あふれるサウンドで楽しめるウェアラブルネックスピーカー『SRS-WS1』がソニーから登場。スピーカー...
ギャラリーや展示会、イベント会場、音楽とアートを同時に体感できる場は幾つかありますが、そのふたつを融合させた「壁掛けスピーカー」が登場しました。クラウドフ...
「SUOONO(スオーーノ)」は、360°スピーカーが2台セットになっています。同じ空間に左右2台置いて、ステレオサウンドを楽しむことができるんです。もち...
冷蔵庫を開けると、音楽が流れてくる...!?
同じカテゴリーの新作がどんどん登場しているけれど、防水で音が大きいっていうこのスピーカーの強みは揺るぎない。
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
「DUOECHO(デュオエコー)」。スピーカーが左右に分かれる仕様は、ポータブルタイプとしては珍しい作り。鴻海グループに属するFIT鴻騰の開発チームによる...
「ROOS」は照明とスピーカーが一体化したインテリア。Bluetoothでスマホともリンクでき、ミュージックライブラリの曲も簡単に流せる。「ライトとしても...
4月に開催される世界最大規模のデザインの祭典「ミラノデザインウィーク」に、音の風景が展示される。
インテリアとしてのデザイン性はもちろん、機能面でも差をつけているんです!
まるでヘッドホンをつけているかのように、「あなただけに聞こえる」スピーカーが、「INDIEGOGO」で紹介されています。これさえあれば耳へのストレスなく、...
アウトドアユースを想定したスポーティーなモデルが多いなか、完全にインドア派。
「Life Size SPEAKER」をコンセプトに開発されたBASS EGGを知っていますか?暮らしの中にある、あらゆるものをスピーカーに変えてしまう革...
「相性のいいスピーカー」。それは人生を通して探し続けるものなのかもしれません。…と思ったら、さっそくありました。ドイツ人デザイナーが手がけたワイヤレスの3...
去年から日本で展開をはじめた「BASE EGG(ベースエッグ)」というポータブルなスピーカー。平面振動というタイプで、置いたその場所を振動をさせて音を出す...