「UFOみたいなスピーカー」がドイツからやってきた

ドイツ生まれのワイヤレススピーカー「ARiNA」が販売開始。

なんといっても、このUFOみたいなフォルムが特徴的。上部はアクセサリーや鍵、スマホなどを収納できる便利な小物入れになる。

当然、音質にもこだわっており、部屋全体に広がる豊かな低音が特徴の無指向性サウンドが楽しめる。サウンドエンジニアが試作を繰り返して音響をチューニングした力作だ。

底面がフックに固定できる構造になっているので、壁に掛ければよりスッキリとしたインテリアと360°サウンドを実現できるだろう。内部ケーブルは、スピーカー自体を充電したり、ほかのモバイルデバイスに電力を供給したりと“充電ステーション”としても機能する。

さまざまな質感とカラーのカバーが用意されており、気分や部屋の雰囲気によって交換できるのも嬉しいポイントだろう。

価格は1万4400円(税別)で、購入はこちらのページから。

ワイヤレススピーカー「ARiNA」
© 株式会社Gloture
ワイヤレススピーカー「ARiNA」
© 株式会社Gloture
ワイヤレススピーカー「ARiNA」
© 株式会社Gloture
Top image: © 株式会社Gloture
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ワイヤレススピーカーを比較する際に検討しやすい価格帯になった印象がありました。ただ、ほかのスピーカーとはやっぱり比べられませんでした。
スウェーデン「TRANSPARENT SOUND」から斬新な透明デザインのスピーカーが登場。インテリアとしても成立するデザインで、快適な音楽ライフを実現する。
この時代には珍しい「スピーカーなのにテクノロジーフリー」ってところに愛着が湧きます。
普通のヘッドホンにも見える「AXY audio」は、耳に当たる部分が独立するようなデザイン。スピーカーとしても使えるようになっています。だから、ひとりで音...
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
冷蔵庫を開けると、音楽が流れてくる...!?
スイッチ操作も充電も必要ない、電源をまったく使わない無電源スピーカー「minke」が、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて販売中。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
遺伝子検査によって肌傾向を分析できる次世代スキンケアサービスが登場。簡単な検査キットで肌タイプを知り、さまざまな種類の化粧水を試して、自分に合ったスキンケ...
映画のなかで猟奇殺人犯のバッファロー・ビルが拠点にしていた家が、現在、宿泊施設に改装されているらしい。4つのベッドルーム、1つのバスルームが備えられており...
「ピップエレキバン」でお馴染みの「ピップ株式会社」が手がけた、たった15分で肩こりを和らげてくれるという磁気治療器「ピップ ジースピナー」が「Makuak...
「Makuake」にて販売中のシリコーンほうき「Tyroler」は、掃き掃除から水掃除まで一本でこなしてくれるバツグンの掃除効率を実現。