壁飾りと見せかけてスピーカー!?「バンクシー」作品をモチーフにしたデザインが超おしゃれ

ロンドンを中心に活動する覆面グラフィティアーティスト、バンクシーのデザインを採用したアートパネル型bluetoothスピーカー「Visual Sonic - Banksy Edition」が先月から発売されている。

スピーカーらしさのない見た目で音楽が流せてしまうこのアイテム。接続に専用アプリなどは必要なく、スマホやタブレット、ノートパソコンなどのBluetooth接続機能のある機器と簡単に繫げられるのがいいところ。

3時間ほどの充電で25時間の連続再生が可能。ケーブルをつないだままにしなくて済むので、まさにインテリアから音が流れているような佇まい。さらに、特許許諾済みの共振音システムを用いたクオリティの高い音質と、迫力ある音響効果で部屋に彩りを与えてくれる。ちなみにアートのバリエーションは全10種。

アートパネルのようでいて、じつは機能性スピーカー。そんな実態が謎なところもバンクシーっぽいといえるかもしれない。

バンクシー
©FOX

『Visual Sonic - Banksy Edition』
【サイズ】500mm x 500mm x 30mm
【重量】2kg
【フロントカバー】キャンバス地
【フレーム】高密度MDF木材ボード
【販売価格】3万7800円(税込)

Top image: © FOX
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

この時代には珍しい「スピーカーなのにテクノロジーフリー」ってところに愛着が湧きます。
イギリス・ノッティンガムに昨年10月に現れたバンクシーの作品「フラフープの少女」が、アートギャラリーのオーナーによって購入され、壁ごと切り取られた。
バンクシー本人をとらえた超貴重な作品集の第二弾「BANKSY CAPTURED Vol.2」が、今月13日(日)まで先行予約販売を受付中。作品がゲットでき...
「ELECOM」より発売された「TETORAPOD SPEAKER」は、その名の通り、テトラポッドをモチーフにしたBluetoothスピーカー。見た目に反...
超高性能で、かつカッコよくキマるアウトドアグローブ「TAKI BE GLOVE」が「Makuake」に登場。
スウェーデン「TRANSPARENT SOUND」から斬新な透明デザインのスピーカーが登場。インテリアとしても成立するデザインで、快適な音楽ライフを実現する。
おうち時間が増えたなら、「サウンド環境」も見直してみては?バルミューダ、イケア、バンクシーデザインなど、機能だけじゃなく「インテリア」としてもオシャレでか...
ギャラリーや展示会、イベント会場、音楽とアートを同時に体感できる場は幾つかありますが、そのふたつを融合させた「壁掛けスピーカー」が登場しました。クラウドフ...
15日、覆面アーティストのバンクシーが新たな制作動画をInstagramにて公開。舞台はロンドンの地下鉄。清掃員に扮したバンクシーはさっそうと電車内に乗り...
覆面アーティスト、バンクシー本人をとらえた作品集の日本での発売が決定。
昨年10月のコンテストで建築スタジオ「ABIBOO」が発表した火星都市の構想は、長年の人類の夢を大きく前進させそうだ。
Bluetoothスピーカーとワイヤレス充電器をひとつにまとめたガジェットが「Makuake」で販売中。360度全方位に音を届けるスピーカーに、置くだけカ...
「FLUX SPEAKER」は、ワイヤレスでありながら、面倒なBluetooth接続を必要としません。
覆面アーティスト・バンクシーのアーカイブ作品がグッズに!2月4日(木)まで伊勢丹新宿5階のイベントスペースにてポップアップストアが開催中。
覆面アーティストのバンクシーが新作を発表。頭にスカーフを巻いたおばあさんが大きなくしゃみをする姿を描いたグラフィティが、公式Instagramに投稿された。
スイッチ操作も充電も必要ない、電源をまったく使わない無電源スピーカー「minke」が、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて販売中。
イタリアのデザイン事務所「ecopixel」が「ghetto blaster」というスピーカーを発表。カラフルなボディが印象的で、プラスチックのリサイクル...
普通のヘッドホンにも見える「AXY audio」は、耳に当たる部分が独立するようなデザイン。スピーカーとしても使えるようになっています。だから、ひとりで音...
「GANksy」の特徴は、バンクシーの手がけるような雰囲気がある作品をつくれること。その正体は、ふたつのニューラルネットワークを競わせてデータ学習を深めて...
Banksy(バンクシー)がかねてより力を入れていた人道支援を強化するべく、ボートを購入したことを明らかにした。
横浜の「アソビル」で開催されている「バンクシー展 天才か反逆者か」の会期が10月4日(日)まで延長となった。
アウトドアユースを想定したスポーティーなモデルが多いなか、完全にインドア派。
「相性のいいスピーカー」。それは人生を通して探し続けるものなのかもしれません。…と思ったら、さっそくありました。ドイツ人デザイナーが手がけたワイヤレスの3...
インテリアとしてのデザイン性はもちろん、機能面でも差をつけているんです!
レトロなPCのようなコロンとした見た目のワイヤレススピーカー「DITOO」がかなり万能。ピクセルアートの作成やリマインダーなどの機能を搭載している。
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
4月に開催される世界最大規模のデザインの祭典「ミラノデザインウィーク」に、音の風景が展示される。
クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」で資金調達をしていた「GoPorTable」。これ、スピーカーとしてもワイヤレス充電器としても使えるテー...
ドイツ生まれのワイヤレススピーカー「ARiNA」が販売開始。
「ROOS」は照明とスピーカーが一体化したインテリア。Bluetoothでスマホともリンクでき、ミュージックライブラリの曲も簡単に流せる。「ライトとしても...