壁飾りと見せかけてスピーカー!?「バンクシー」作品をモチーフにしたデザインが超おしゃれ

ロンドンを中心に活動する覆面グラフィティアーティスト、バンクシーのデザインを採用したアートパネル型bluetoothスピーカー「Visual Sonic - Banksy Edition」が先月から発売されている。

スピーカーらしさのない見た目で音楽が流せてしまうこのアイテム。接続に専用アプリなどは必要なく、スマホやタブレット、ノートパソコンなどのBluetooth接続機能のある機器と簡単に繫げられるのがいいところ。

3時間ほどの充電で25時間の連続再生が可能。ケーブルをつないだままにしなくて済むので、まさにインテリアから音が流れているような佇まい。さらに、特許許諾済みの共振音システムを用いたクオリティの高い音質と、迫力ある音響効果で部屋に彩りを与えてくれる。ちなみにアートのバリエーションは全10種。

アートパネルのようでいて、じつは機能性スピーカー。そんな実態が謎なところもバンクシーっぽいといえるかもしれない。

©FOX

『Visual Sonic - Banksy Edition』
【サイズ】500mm x 500mm x 30mm
【重量】2kg
【フロントカバー】キャンバス地
【フレーム】高密度MDF木材ボード
【販売価格】3万7800円(税込)

Top image: © FOX
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
この時代には珍しい「スピーカーなのにテクノロジーフリー」ってところに愛着が湧きます。
スウェーデン「TRANSPARENT SOUND」から斬新な透明デザインのスピーカーが登場。インテリアとしても成立するデザインで、快適な音楽ライフを実現する。
ギャラリーや展示会、イベント会場、音楽とアートを同時に体感できる場は幾つかありますが、そのふたつを融合させた「壁掛けスピーカー」が登場しました。クラウドフ...
ワイヤレススピーカーを比較する際に検討しやすい価格帯になった印象がありました。ただ、ほかのスピーカーとはやっぱり比べられませんでした。
プラスチックストローの代わりに注目するNEXTストローは「WARA STRAW」。東京都で本土唯一の村となる檜原村の畑で育てられた「麦わら」で、一本ずつ職...
「FLUX SPEAKER」は、ワイヤレスでありながら、面倒なBluetooth接続を必要としません。
「相性のいいスピーカー」。それは人生を通して探し続けるものなのかもしれません。…と思ったら、さっそくありました。ドイツ人デザイナーが手がけたワイヤレスの3...
普通のヘッドホンにも見える「AXY audio」は、耳に当たる部分が独立するようなデザイン。スピーカーとしても使えるようになっています。だから、ひとりで音...
インテリアとしてのデザイン性はもちろん、機能面でも差をつけているんです!
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
ハンガリー政府は、出生率の低下が深刻化したことを受け、不妊治療を無償化していく方針を発表した。
アウトドアユースを想定したスポーティーなモデルが多いなか、完全にインドア派。
クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」で資金調達をしていた「GoPorTable」。これ、スピーカーとしてもワイヤレス充電器としても使えるテー...
4月に開催される世界最大規模のデザインの祭典「ミラノデザインウィーク」に、音の風景が展示される。
「DUOECHO(デュオエコー)」。スピーカーが左右に分かれる仕様は、ポータブルタイプとしては珍しい作り。鴻海グループに属するFIT鴻騰の開発チームによる...
「ROOS」は照明とスピーカーが一体化したインテリア。Bluetoothでスマホともリンクでき、ミュージックライブラリの曲も簡単に流せる。「ライトとしても...
世界初のクラフトコーラ専門店・専門メーカー「伊良コーラ(いよしコーラ)」の総本店が、2月28日(金)、東京・下落合にある工房の隣にオープン。
「彼氏やパートナー、会社の上司や同僚など周囲の人にイライラしてしまう」そんなミレニアルズの悩みにおすすめの漢方を、神奈川県鎌倉市大船の薬局三代目・杉本格朗...
2016年3月3日、ロンドン大学クイーン・メアリーの科学者による衝撃の研究結果が発表されました。なんと、あの正体不明のアーティスト「バンクシー」を特定した...
クラウドファンディング「Makuake」で先行販売が開始されているキャンバス型スピーカー「MUVAS」。どこからか聴こえてくる不思議な音に包まれる空間を演...
「バンクシー」は、世界的に有名なストリートアーティストとして知られています。その正体は誰にもわかりませんが、公共物を扱う非合法のアートが多いなか、作品に込...
球体型の楽器「Oddball」は衝撃を感知するドラムマシン。Bluetoothを使って、イヤホンやスピーカーから音を出せます。
空間の邪魔をするどころか、むしろ存在するだけでオシャレに見える。そんなクールすぎる「BeoPlay A6」は、立てて使っても壁に掛けてもOKのスピーカー。...
2020年8月29日から12月6日にかけて、東京・品川の寺田倉庫G1ビルで「BANKSY展(仮称)」が開催。