マネージャーが激写。「バンクシー」本人をとらえた超貴重な作品集が予約受付中!

今年10月まで、横浜の「アソビル」で開催されていた展覧会が大盛況のうちに終了したバンクシー。そんな彼本人をとらえた超貴重な作品集の第二弾『BANKSY CAPTURED Vol.2』が、12月13日(日)まで先行予約販売を受付中だ。

©KKベストセラーズ
©KKベストセラーズ
©KKベストセラーズ

手がけたのは、ロンドン発のファッション&ライフスタイル誌『Sleaze Nation』でカメラマン兼フォトエディターとして活躍し、その後、1997年から約11年間にわたりバンクシーのマネージャーを務めてきたスティーブ・ラザリデス

イギリスでストリートアートの普及に貢献した人物の一人であり、アンダーグラウンドアートの最新トレンドの権威ともいわれる著名な人物だ。

2019年12月に『Banksy Captured 1st  edition』を出版した際は、数多くの国際的なメディアで取り上げられて大きな話題に。初版の限定5000部はまたたく間に完売。第二版の一部販売権を日本の出版社「株式会社ベストセラーズ」が獲得したことで、国内でも発売され、人気を集めていた。

©KKベストセラーズ

本人写真に加え、ロサンゼルスでのベアリーリーガル展をはじめとした未発表作品などの非公開写真も盛りだくさんに掲載された第二弾は、ソフトカバー(税込1万3200円)とハードカバー(税込2万6400円)の2種類を展開。

謎に包まれたバンクシーの素顔が垣間見える超貴重な書籍、購入はコチラから。

©KKベストセラーズ

なお、発売にちなんだプレゼントキャンペーンも実施中。購入した商品の写真をSNSへ投稿すると、抽選で2名に、「大英博物館」にも寄贈された10ポンド紙幣がモチーフの作品「Di-faced Tenner」がプレゼントされる。

『BANKSY CAPTURED by STEVE LAZARIDES Vol.2 キャンペーン』

【参加方法】『BANKSY CAPTURED by STEVE LAZARIDES Vol.2』を購入のうえ、購入商品とともにSNSに画像を投稿。Instagramの場合は、投稿の際に公式アカウントフォローし、画像に「banksycaptured.japan」のアカウントをタグ付けして投稿してください。Twitterの場合は、投稿の際に公式アカウントをフォローし、指定のツイート(固定されたツイート)をリツイートしてください。
【応募期限】2021年1月31日(日)23時59分まで

Top image: © KKベストセラーズ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

覆面アーティスト、バンクシー本人をとらえた作品集の日本での発売が決定。
イギリス・ノッティンガムに昨年10月に現れたバンクシーの作品「フラフープの少女」が、アートギャラリーのオーナーによって購入され、壁ごと切り取られた。
覆面アーティスト、バンクシーのデザインを採用したアートパネル型Bluetoothスピーカーが登場。高音質で音楽が楽しめるだけでなく、インテリアにもピッタリ。
Bansky(バンクシー)は、イギリスのオークション「Sotheby's」に本人自らアート作品「MEDITERRANEAN SEA VIEW 2017」を...
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようというサステイナブル迷子のためのゆ...
覆面アーティスト・バンクシーのアーカイブ作品がグッズに!2月4日(木)まで伊勢丹新宿5階のイベントスペースにてポップアップストアが開催中。
15日、覆面アーティストのバンクシーが新たな制作動画をInstagramにて公開。舞台はロンドンの地下鉄。清掃員に扮したバンクシーはさっそうと電車内に乗り...
Banksy(バンクシー)がかねてより力を入れていた人道支援を強化するべく、ボートを購入したことを明らかにした。
覆面アーティストのバンクシーが新作を発表。頭にスカーフを巻いたおばあさんが大きなくしゃみをする姿を描いたグラフィティが、公式Instagramに投稿された。
「GANksy」の特徴は、バンクシーの手がけるような雰囲気がある作品をつくれること。その正体は、ふたつのニューラルネットワークを競わせてデータ学習を深めて...
「コクヨデザインアワード」を受賞した、幾何学の定義でいうところの線(太さがない線)でメモリを表現した「本当の定規」が商品化。
2006年、バンクシーが手を加えてイギリス中の音楽ショップにばらまいたパリス・ヒルトンのデビューCD500枚。そのうちの1枚が、10月14日までオークショ...
6月7日、覆面アーティストのバンクシーが自身のInstagram上で新作を公開。「Black Lives Matter」への想いをアートと自身の言葉で綴っ...
「バンクシー」は、世界的に有名なストリートアーティストとして知られています。その正体は誰にもわかりませんが、公共物を扱う非合法のアートが多いなか、作品に込...
ライフスタイルブランド「COLONY 2139」が、覆面アーティスト「BANKSY」のアートフォトを手掛ける英国「Full Color Black」社によ...
2016年3月3日、ロンドン大学クイーン・メアリーの科学者による衝撃の研究結果が発表されました。なんと、あの正体不明のアーティスト「バンクシー」を特定した...
2014年に文京区にオープンした『WALLS TOKYO』は、アートのセレクトショップだ。日本国内には数多くのギャラリーが存在し、そのほとんどで作品購入は...
2020年8月29日から12月6日にかけて、東京・品川の寺田倉庫G1ビルで「BANKSY展(仮称)」が開催。
首を捻ることなく360度の視界をライダーにもたらす「クロスヘルメットX1」はバイクの近未来的な乗車体験を提供するヘルメット。「Makuake」で先行予約受付中。
10月24日、25日の2日間、パリの美術館「グラン・パレ」を舞台にした宝探し「WANTED!(ウォンテッド!)」が開催される。入場料も参加費も無料なのに、...

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
新鮮なアボカドを外で食べたいというイギリス人学生の強い思いから生まれたのがアボカドを剥くためだけの道具「Avogo」。鋼製のコンパクトなこのツールは、アボ...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...