「難民危機」をテーマにしたバンクシー作品が2億5000万円で落札!

Bansky(バンクシー)は、イギリスのオークション「Sotheby's」に本人自らアート作品「MEDITERRANEAN SEA VIEW 2017」を出品。先日、約2億5000万円で落札された。

収益はパレスチナのベツレヘムにある病院に全額寄付され、脳卒中患者向けの施設の建設や子ども用のリハビリ器具の購入に充てられるという。

この作品、元々はベツレヘムにあるバンクシー自身がプロデュースしたホテル「Walled Off Hotel」のロビーに飾られていた、1975年に描かれた3枚の風景画にバンクシーが手を加えたもの。描き足されたのは、地中海の浜辺や岸辺に打ち上げられた救命胴衣の数々で、2010年代のヨーロッパ難民危機をテーマに、地中海を渡ろうとして亡くなった数万の難民を表している。

バンクシーはこれまでも、「Black Lives Matter」「マスク」をテーマにした作品など、“メッセージ性の高いアート”を世に送り出してきた。

今後も彼の行動から目が離せない。

© sothebys/Instagram
Top image: © iStock.com/Naeblys
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
覆面アーティスト、バンクシー本人をとらえた作品集の日本での発売が決定。
覆面アーティスト、バンクシーのデザインを採用したアートパネル型Bluetoothスピーカーが登場。高音質で音楽が楽しめるだけでなく、インテリアにもピッタリ。
2020年8月29日から12月6日にかけて、東京・品川の寺田倉庫G1ビルで「BANKSY展(仮称)」が開催。
15日、覆面アーティストのバンクシーが新たな制作動画をInstagramにて公開。舞台はロンドンの地下鉄。清掃員に扮したバンクシーはさっそうと電車内に乗り...
米テニーノでは、コロナ渦の影響での経済的困窮を証明できる住民に対して、地域内の多くの店で使用可能な月額300ドル分の木製の貨幣を支給している。
「バンクシー」は、世界的に有名なストリートアーティストとして知られています。その正体は誰にもわかりませんが、公共物を扱う非合法のアートが多いなか、作品に込...
横浜の「アソビル」で開催されている「バンクシー展 天才か反逆者か」の会期が10月4日(日)まで延長となった。
Twitterのツイートを額に入れてアート作品として販売する会社がある。売れ筋の作品は、Donaldo Trump氏やKanye West氏のウィットに富...
2016年3月3日、ロンドン大学クイーン・メアリーの科学者による衝撃の研究結果が発表されました。なんと、あの正体不明のアーティスト「バンクシー」を特定した...
フランス近代絵画に魅せられ、画商として約30年間で2万枚もの絵画を売買してきたという、高橋芳郎さん。自身の著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』...
本日10月1日、「リーボック」がブランド初の植物由来素材を原料とする高機能性ランニングシューズ「FOREVER FLOATRIDE GROW」を発売する。
芸術作品に没入できる日本初のミュージアム「immersive Museum」が登場。映像と音響効果で空間全体を彩り、鑑賞者を作品世界に誘う、新体験のアート施設。
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
6月7日、覆面アーティストのバンクシーが自身のInstagram上で新作を公開。「Black Lives Matter」への想いをアートと自身の言葉で綴っ...
1月21日、「国際連合人権理事会」が気候変動の危機から逃れた難民(通称:気候難民)を送還するのは、人権侵害にあたる可能性があると発表した。
40年ほど前に発売されたAppleのパソコン「Apple I」がオークションにかけられ落札。実際に動いている様子を動画で見ることができます。マニアにはたま...
レトロなデザインと革新的な技術を持ち合わせたワイヤレスキーボード「PENNA」。タイプライターからインスピレーションを得てデザインされたというレトロクロー...
「海ではしゃぐマッチョ」や「告白してフラれるマッチョ」など、「マッチョだけのフリー素材」を集めたサイトが登場。
安全な地を求めて歩く難民たちの状況を知ってもらうという目的がある、国連UNHCR協会が手がけるプロジェクトです。
バッキンガム宮殿近くに位置するホテル「The Rubens at The Palace(ルーベンス アット ザ パレス)」。ここではなんと、1ポット500...
「Kent Fire and Rescue Service」というイギリスの救助隊が公開した事故現場が、インスタレーションみたい!
2014年に文京区にオープンした『WALLS TOKYO』は、アートのセレクトショップだ。日本国内には数多くのギャラリーが存在し、そのほとんどで作品購入は...
裕福なイギリスの家族が、自分たちの専用フォトグラファーを募集中。仕事内容は、旅行に付き添いひたすら彼らの「思い出写真」を撮るというもの!旅費はすべて負担さ...
近年、アメリカ国内外から注目を浴びる都市・デンバー。近年、とくに話題となっているデンバーのアートカルチャーにスポットを当て、美術館&博物館からストリートア...