「難民危機」をテーマにしたバンクシー作品が2億5000万円で落札!

Bansky(バンクシー)は、イギリスのオークション「Sotheby's」に本人自らアート作品「MEDITERRANEAN SEA VIEW 2017」を出品。先日、約2億5000万円で落札された。

収益はパレスチナのベツレヘムにある病院に全額寄付され、脳卒中患者向けの施設の建設や子ども用のリハビリ器具の購入に充てられるという。

この作品、元々はベツレヘムにあるバンクシー自身がプロデュースしたホテル「Walled Off Hotel」のロビーに飾られていた、1975年に描かれた3枚の風景画にバンクシーが手を加えたもの。描き足されたのは、地中海の浜辺や岸辺に打ち上げられた救命胴衣の数々で、2010年代のヨーロッパ難民危機をテーマに、地中海を渡ろうとして亡くなった数万の難民を表している。

バンクシーはこれまでも、「Black Lives Matter」「マスク」をテーマにした作品など、“メッセージ性の高いアート”を世に送り出してきた。

今後も彼の行動から目が離せない。

© sothebys/Instagram
Top image: © iStock.com/Naeblys
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事