「バンクシーの正体を特定」(英・科学者)

2016年3月3日、ロンドン大学クイーン・メアリーの科学者による衝撃の研究結果が発表されました。なんと、あの正体不明のアーティスト「バンクシー」を特定したというのです。え、ホントなの!?

「バンクシー」はこの人!

人物特定のために採用されたのは、ジオグラフィック・プロファイリングという手法。「BBC」によれば、犯罪学を元にした統計的な捜査方法で、このほか感染症の調査にも利用されているとか。

これによって、これまでに現れた140のバンクシー作品(とされるモノ)の分布図を、ロンドン、ブリストル、それぞれの市内で分析。結果、バンクシーの自宅である可能性が高いとされるホットスポットを検出しました。

そうして焦点が当てられた人物が、Robin Gunningham氏。2008年7月の「The Daily Mail」による報道を筆頭に、これまで何度となく「バンクシーだ」と疑われていた男性です。

真相はいかに!

研究に携わった生物学者のSteve Le Comber氏は、「もともと10人ほど可能性の高い候補者を挙げて精査していく予定だった」とコメント。しかし、どのホットスポットにも共通して関連していたのは彼でした。

もちろん、調査内容には「?」なところも多いため、いまだ確証はありません。しかし、「BBC」によるインタビューによれば、バンクシーの弁護チームから「Journal of Spatial Science」への干渉があり、リリースの公開日が数日遅れたことがわかっている模様。彼らも動揺したのかもしれません。

2016年3月26日から順次公開される映画『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』が話題になっているタイミングということもあり、ギョッとしてしまうニュース。それに、たまたまとは言え、科学者の分析によってまたしても指名されてしまったGunningham氏…。果たしてその真相はいかに!?

覆面アーティスト、バンクシーのデザインを採用したアートパネル型Bluetoothスピーカーが登場。高音質で音楽が楽しめるだけでなく、インテリアにもピッタリ。
「バンクシー」は、世界的に有名なストリートアーティストとして知られています。その正体は誰にもわかりませんが、公共物を扱う非合法のアートが多いなか、作品に込...
2020年8月29日から12月6日にかけて、東京・品川の寺田倉庫G1ビルで「BANKSY展(仮称)」が開催。
2014年に文京区にオープンした『WALLS TOKYO』は、アートのセレクトショップだ。日本国内には数多くのギャラリーが存在し、そのほとんどで作品購入は...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。