「自室の壁にアートを・・・」まずは、代官山で鑑賞&作品集をGETするのは、どう?

2014年に文京区にオープンした『WALLS TOKYO』は、アートのセレクトショップだ。

日本国内には数多くのギャラリーが存在し、そのほとんどで作品購入は可能だが、一方でギャラリー=展示スペース(貸スペース)というケースも多い。そんな中にあって、ショップと全面に打ち出し、鑑賞するだけでなく、購入することを前提にした『WALLS TOKYO』は、ちょっぴり新しいお店と言えそうだ。コレクターのみならず、初めてアートを購入しようという人まで、同店のファンは幅広い。

slide11

『WALLS TOKYO』
住所:東京都文京区白山2-14-18
WEB:www.walls-tokyo.com

取り扱っているのは、バンクシーやバリー・マッギー、カウズにインベーダー、草間彌生に奈良美智、ラリー・クラークやティルマンス、リヒターといったアーティストの作品。個々の紹介は省略するが、このメンツに食指が動く人は多いはず。いわゆる現代アートやストリートアートという括りのなかでも、非常に人気が高く、そして現在進行形の作家群だ。

さて、そんな『WALLS TOKYO』をこのタイミングで紹介するのは、理由がある。今、代官山でその作品が展示中なのだ。

ビビッときたら、
作品集から入ってみる

代官山T-SITE 蔦屋書店 2号館1階のギャラリースペースでは、5月23日(月)まで『WALLS TOKYO』のコレクションの一部が展示されている。

wt541_m-2

Banksy バンクシー
『Toxic Mary』(2003)
Artwork:69.0×49.2cm
Frame:72.0×52.2cm
Silkscreen print

wt62_m-1

Barry McGee バリー・マッギー
『Untitled』(不明)
Artwork:39.0×25.0cm
Frame:56.6×43.0cm
Acrylic on paper

wt81_m

Barry McGee バリー・マッギー
『Untitled(Face bottle)』(2001)
17.8×11.0cm
Paint on bottle

meguruのコピー

Meguru Yamaguchi 山口歴
『OFF THE WALL』(2015)
Artwork:32.0×35.0cm
Mixed media

wt568_m

KAWS カウズ
『KUBRIK』(2003)
25.0×18.0×9.0cm
Soft vinyl

wt718_m

Invader インベーダー
『Camel』(2015)
Artwork:86.5×61.0cm
Frame:93.0×67.5cm
Silkscreen print

映画『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』が公開中のバンクシーを中心に、ストリートアートのなんたるかを体験できる機会……なのは、いわずもがな。上記の作品を鑑賞して、感じるところがある人は、同スペースで展開されている関連書籍から、作品集を購入するというのも手だ。

ライフスタイルにアートを取り入れると言っても、いきなり購入というのはハードルが高い。だけど、作品集なら手が届く。蔦屋書店でアートを鑑賞するメリットは、その手軽さに加えて、作品集という媒体をその場で立ち読みしたり、購入できることにある。

そして、これを機に『WALLS TOKYO』へ足を運んでもいいし、「いつかは自室の壁にアートを」と考えるのもいい。もちろん、その場で購入することだって!

『WALLS TOKYO COLLECTION』
会期:2016年5月23日(月)まで
時間:7:00〜翌2:00(営業時間)
主催:代官山 蔦屋書店
場所:蔦屋書店2号館 1階 ギャラリースペース


Licensed material used with permission by _WALLS TOKYO

美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
NYで流行中! 代官山でワインを飲みながらアートを絵画を楽しめるバーArtbar Daikanyama〒150-0034 東京都渋谷区代官山町7-2htt...
世界最古のシャンパーニュ メゾン「ルイナール」とブラジル出身の現代アーティストVik Muniz(ヴィック ムニーズ)とのコラボレーション作品が代官山「K...
アートを買うきっかけってどんなとき?購入する背景は様々だし、金額もピンキリ。富裕層とそうでない人で感覚の違いもある。中目黒高架下の並びにあるギャラリーで、...
ヒジャブとは、イスラム教徒(ムスリム)女性が「髪の毛を覆い隠す」ためのスカーフ。なぜ着ける必要があるのか? どのような想いで着けているのか? ムスリムのラ...
抹茶、紫芋、かぼちゃなど味は全部で6種類代官山で6色のカラフルなラテが楽しめるカフェink. by CANVAS TOKYO〒150-0034 東京都渋谷...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
「バンクシー」は、世界的に有名なストリートアーティストとして知られています。その正体は誰にもわかりませんが、公共物を扱う非合法のアートが多いなか、作品に込...
芸術作品に没入できる日本初のミュージアム「immersive Museum」が登場。映像と音響効果で空間全体を彩り、鑑賞者を作品世界に誘う、新体験のアート施設。
「SNS」の愛称で知られるストックホルム発のスニーカーショップ「Sneakersnstuff(スニーカーズエンスタッフ) 」が12月14日に日本初上陸。世...
アウトドアブランド「パタゴニア」の食品事業を担う「パタゴニア プロビジョンズ」から3月26日にスペインの伝統的な漁法で捕獲されたサバを使用した缶詰「サント...
覆面アーティスト、バンクシーのデザインを採用したアートパネル型Bluetoothスピーカーが登場。高音質で音楽が楽しめるだけでなく、インテリアにもピッタリ。
1日ではまわりきれないほど大規模な、街全体を活用した展示の概要が発表された。
ボゴタにアートギャラリーのようなベーカリーカフェがオープンしました。デザインを手がけたのは、ニューヨークを拠点に活動するデザインスタジオ「Studio C...
瀬戸内国際芸術祭2016で発表された作品「檸檬ホテル」。 古民家が1軒まるごとアート作品であり、1日1組限定だが泊まることもできる宿泊施設でもある。そんな...
北欧スウェーデンの首都ストックホルム市内には、赤、青、緑の3本の地下鉄路線がある。3路線の全長は100km以上にもなり、じつに100駅が存在する。その中で...
農作物の新たな価値を届ける企業「Link to Farmland」は、先月10日より、北海道・美瑛町で生産された規格外の野菜を再利用するプロジェクトをクラ...
300年以上の歴史をもつ老舗「中川政七商店」が、2020年秋、初となる複合商業施設を奈良市元林院町、通称「ならまちエリア」に開業する。
モデルの鈴木えみさんのほか、「幸也飯」で話題になった料理研究家・寺井幸也さんのケータリングや、生演奏も。
オランダで9月16日まで開催されているアートイベント「Into Nature」。そこには、ただ見るだけではなく泊まって楽しめるインスタレーション「Esca...
Denver Art Museum(デンバー美術館)で現在展示されているJonathan Saizさんのアート作品が話題。1万もの小さな絵から成るこの作品...
代官山・中目黒で働くファッション業界人にファンが多いこともあり、発売間も無くSNSで拡散されていました。問い合わせの電話も殺到したとか(スタッフ談)。
ニューヨークに新たにオープンしたレストラン「Frevo」が“隠れ家”みたいだと話題になっている。ロケーションは、マンハッタンのグリニチ・ビレッジ。住所が示...
近年、アメリカ国内外から注目を浴びる都市・デンバー。近年、とくに話題となっているデンバーのアートカルチャーにスポットを当て、美術館&博物館からストリートア...