【明日13日~】漫画『ドラえもん』の1コマをアートとしてたのしむ鑑賞展

漫画『ドラえもん』の1コマを選び、拡大し、額装をしてアートとして鑑賞する展覧会「ドラえもん1コマ拡大鑑賞展」が、渋谷PARCOで明日13日(土)から開催される。

展示される作品は、藤子・F・不二雄先生が登場人物たちの驚きよろこびかなしみ怒りなどを言葉ではなく、絵で伝えようとした1コマの数々。

すべて「原画」を高解像度でスキャンしたものなので、鉛筆で書かれた文字、貼り付けられた写植、修正されたホワイトの跡なども確認できる。

©ほぼ日
©ほぼ日

「これはどんなシーン?」という絵もあるかもしれないが、いつの何話のどんな話かを思い返したり、想像したりするのもこの展覧会の楽しみ方に違いない。

会場では、来月発売される『ドラえもん』美術作品集の先行販売や1コマをモチーフにしたオリジナルTシャツの受注販売、特製サコッシュオリジナルドーナツなども用意されるとのこと。

©ほぼ日
©ほぼ日

ドラえもん1コマ拡大鑑賞展
【会期】3月13日(土)~4月18日(日)
【時間】11:00~20:00
【場所】渋谷PARCO8階「ほぼ日曜日」(渋谷区宇田川町15-1)
【入場料】無料
【開催協力】藤子プロ、川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム、小学館

Top image: © ほぼ日
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事