「ルイ・ヴィトン」が入場無料の展覧会を原宿で開催。日本のアーティストとの歴代コラボ作品が集合

「ルイ・ヴィトン」が、アーティストとの創業以来のコラボレーションを振り返る展覧会「LOUIS VUITTON &」を、3月19日〜5月16日、東京・原宿にて開催する。

本展は日本のアーティストとの間に育まれてきた敬意とインスピレーションの歴史にフォーカスを当て、山本寛斎藤原ヒロシ(FRAGMENT DESIGN)、草間彌生NIGO®をはじめとした歴代のコラボ作品を一堂に紹介。

会場では、10の没入型スペース展示で同ブランドの匠の技とイノベーションを体感できる。

「コムデギャルソン」のデザイナーである川久保玲など現代を代表するクリエイター陣によるブランドのアイコニックな「モノグラム」を再解釈したバッグや、村上隆による「スーパーフラット」のアート作品からルイ・ヴィトンの孫がデザインした美しいウィンドウ・ディスプレイまで、時代を超えた才能が集結。

さらに、厳選されたブランドアイテムを扱うスペシャルストアも併設されるのだとか。

入場は無料だが事前予約制なので要注意。予約サイトは3月初旬にオープン予定とのことなので、新情報のチェックを忘れずに!

©ルイ・ヴィトン ジャパン株式会社

LOUIS VUITTON &
【開催期間】3月19日(金)〜5月16日(日)
【開催場所】東京都渋谷区神宮前6-35-6 jing
【入場料】無料 ※要事前予約制(オンライン予約サイト3月初旬オープン予定)

Top image: © ルイ・ヴィトン ジャパン株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事