「ウナギが黒い理由」を知れる「ざんねんないきもの展2」開催

あの大人気の展覧会がパワーアップして帰ってきた!

累計420万部を突破した人気書籍『ざんねんないきもの事典』と池袋「サンシャイン水族館」のコラボ企画「ざんねんないきもの展2」が、10月30日より開催される。

前回の内容を一新した約20種類を集めて「ざんねんな体」「すごいけどざんねん」など残念尽くしな6つのコーナーを用意。

「アマゾンツノガエル」のカッコいい角はじつはまぶただったり、「ウナギ」が黒いのはただの日焼けだったりと、少し落胆するけどなんだか愛らしくもある生き物たちに出会えるという。

さらに今回は、初ジャンルとなる植物の残念な仲間たちとして、世界最大の種子なのに見た目はおしりそっくりな「オオミヤシの種」なども登場。体験コーナーでは調香師によって再現された「カメムシのにおい」も試せるので、勇気のある人はぜひその強烈なクサさを体感してみてほしい。

今度はどんな“一生けんめいなのに、どこかざんねんないきものたち”に出会えるのか楽しみだ。

©株式会社サンシャインシティ
©株式会社サンシャインシティ
©株式会社サンシャインシティ

ざんねんないきもの展2
【開催日時】

第1弾/2020年10月30日(金)~2021年3月16日(火)10:00~18:00
第2弾/2021年3月20日(祝)~5月9日(日)10:00~20:00
※3月17日(水)~3月19日(金)は展示入れ替えのため、休止。
※最終入場は終了30分前。
【開催場所】サンシャイン水族館 特別展会場

Top image: © 株式会社サンシャインシティ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事